<< ボルドー 駆け足 街歩き お腹いっぱいワイン >>

フランス式生牡蠣の食し方

e0155475_15282263.jpg

ボルドー最後の夜に行ったのは『FERNAND』という、ガロンヌ河沿いにあるビストロ。
ホテル近くから乗れるトラムに乗り、”Palace de la Bourse”という駅で降りて、食事前に周辺をぶらぶら。
覘こうと思ったワインショップもギリギリ店じまいのお時間。 ざんねーん。明日来ることにしましょう。
ほどよくお腹も減ったところで、お店に向かうことに。

e0155475_1634422.jpg

お店の方が、「Hotel Innから予約の電話があったよ~。」と言ってたから、
やっぱりあのホテルはHoliday Innではない(笑) ←しつこい。
ボルドー最初の夜は祝日前で満席だったこのお店、この日は空いておりました。
(休みの前の夜更かしは万国共通か・・・)


まずは生牡蠣でしょーーー!
e0155475_15533849.jpg

ボルドーから60kmほど離れたアルカションという街では、牡蠣の養殖が盛んなのであります。
よって、ボルドーで食す牡蠣はひと味違うんではないか? と思って注文。
ボルドーであることは関係なく、牡蠣の時期にフランスを訪れたなら、一度は食べたいのが
クラッシュアイスに盛られた生牡蠣。(もしくは魚介の盛り合わせ) 牡蠣好きにはたまらな~い!

で。
生牡蠣の食べ方なのですが・・・  ごく普通にレモンと赤ワインビネガー+エシャロット、の他に、
中央に盛られたバターと、添えられたパン。
「うぅむ。 牡蠣にバターをのせて食べるのがこの辺り流なのか?」
と思ったのですが、どう考えても合わない気がする。
何度かフランスで食べたことはあったけど、牡蠣しか見てないせいか、気づかなかった・・・・
結局、パンとバターには手を付けず、白ワインとともに、ぐびぐび、ちゅるん、とあっという間に完食。

e0155475_1611885.jpg

牡蠣の次は、フォアグラのテリーヌ。 あぁもう脂肪肝なんて怖くないわ・・・ と一瞬思うほど。
e0155475_1620322.jpg

うり坊メインの帆立と海老のブロシェット。 海も近いせいか、どちらもプリプリで美味しかったとのこと。
e0155475_16245493.jpg

肉食獣のわたしは、アキテーヌ牛のステーキ。 
こ、こんなに食べれないわ~♪ と思ったのは数秒(笑)。 
お肉はもちろん、なぜにおイモのフライがこんなに美味しいのか・・・・
(父の家庭菜園に、フランス産の芋を植えてくれ、と頼んだくらい)

そしてもちろんデザートも。
e0155475_16312394.jpg

アップルパイのバニラアイスクリーム添えに、
e0155475_163156100.jpg

クレープシュゼット。 

ホテルのおねーさまがおススメしてくれたこのビストロ。
サービスも雰囲気も◎、でございました!

帰りも再びトラムで。  夜でも特に危険を感じることもなく利用できました。
ところで何度か乗っているうちに、すごーく気になったことが。
このトラム、運転手さんのみのワンマン運転で、もちろんドアは各車両にあります。
改札はないので、停留所で買った切符は車内で機械に通します。また、Suicaのようなパスをタッチして乗り込む方も。
がしかーし。
そのどちらもせずに乗り込む方が多数・・・
挙句の果てには、発車間際に自転車に乗ったまま乗り込み、一駅先で降りる、なんて若者も。
あのトラム、ボルドー市民は無料なのかしら(笑)。




生牡蠣に添えられたバターとパン。

『生牡蠣を食べたあとに、歯ごたえのあるパン(ライ麦のものとか)にバターをつけたものを口に入れ、口に放り込む』
という食べ方がフランスではポピュラーとのこと。
そして余韻があるうちに、白ワインを流し込む、とも。
うぅーむ。 口の中がどんな味になるのか想像できない~!  
ナマモノに米、は合うし、フランス版のお鮨、ともいえるかしら・・・
[PR]
by uriurip | 2009-04-30 17:05 | 2008 イタリア・フランス
<< ボルドー 駆け足 街歩き お腹いっぱいワイン >>