<< ガツン、とみかん 笑える、というより大丈夫かと思う。 >>

ボーヌ街歩き、そしてヴォーヌ・ロマネでうちごはん

たっぷり2時間のドメーヌ見学が終わり、お部屋でごろごろ、のんびり過ごしていた
マサオとシズコも下りてきたところで、Beauneボーヌの街へ出かけることにいたしました。
「お父さんも飲み試飲したかったなぁ・・・・」とつぶやくマサオ。
ごめんね~、2本いただいてあるから夜に飲んで! と言いつつ、運転手を頼む鬼ムスメ(笑)。
だってー、だってー、マサオも飲んじゃったら運転するのわたしだもんね。 ←12年ぶりのマニュアル

ヴォーヌ・ロマネからボーヌまでは車で20分ほど。
運良く空いていた街中で縦列駐車。 マサオ、海外初運転でしたが、さすがに年の功でウマし。
この日は朝市もあり、街中は混みあっていたのでラッキーでした^^
ボーヌの朝市は水、土と開催しているそうですが、土曜日の方がにぎやかだとか。
この朝市来たさで日程を合わせたのに、ドメーヌ見学を優先させてしまったのですが、
お昼過ぎだし終わってるだろうなーと期待せずに歩いていくと、まだ朝市がやっていました!!
e0155475_15523442.jpg
シズコとわたしのテンション、右肩上がり(笑)。
すれ違うほとんどの人が持っているのがさくらんぼ。 我々ももちろんお買い上げです^^
フランスのさくらんぼは、日本でいうアメリカンチェリータイプ。
滞在中にさくらんぼの美味しさに目覚め、帰ってからもそれは続き・・・ 今年は本当によく買いました。
e0155475_15545241.jpg
トマトにナスにじゃがいも。  お宿のキッチンが使えるので、晩ごはんの材料をあれこれ購入です。
e0155475_15553869.jpg
お肉やチーズなどは、屋根付きの建物内で売られていました。
店じまい中のオジサマでしたが、こちらでは豚ロースのスライスを^^
e0155475_1557112.jpg
チーズのアラン・エスはすでに終了。 ざんねーん!
「14時半にはお店が開くわよー。」とのことなので、後ほどお邪魔することに。
e0155475_15585742.jpg
マサオとわたしはサラミのお店で寄り道。  これが、もう! もう! すっごく美味しかった!!!
サラミ1本の丸かじり、初めてです(笑)。
肉に走るわたしに対し、シズコとうり坊はドライフルーツのお店へ。
e0155475_162082.jpg
ドライフルーツらぶ♪ のうり坊が選んだのはイチジク。  これを食べながらワインを飲むうり坊は、本当に幸せそう。
わたしには1個くらいしか分けてくれませんでしたよー。 
e0155475_1644051.jpg
こちらはトリュフ屋さん。 もちろん塊もあるのですが、加工品もあれこれとありました。
e0155475_166798.jpg
持ち帰ったのは、オジサマお手製というこちらのトリュフ塩。  1個13ユーロ。
シズコによると激ウマだとか。  わたしはまだ飾っております(笑)。

買い物もひと段落したところで向かったのは、朝市の目の前にあるHotel Dieu オテル・デュー。
e0155475_1695719.jpg
ボーヌのシンボルですね。 中世から施療院として使われていたところだとか。
11月に行われるブルゴーニュ最大のお祭り、栄光の三日間のオークション会場としても有名です。
e0155475_16133012.jpg
幾何学模様の屋根がとても美しくて印象的な建物です。  
林家ペー・パー夫妻化しているマサオとシズコを反対側から眺めつつしばし休憩。
お天気に恵まれたのはありがたいのですが、ブルゴーニュ、5月なのに暑すぎです!

建物を出るとすでに14時近く。 お腹減ったーー! ということで、カフェでお昼ごはん。
e0155475_1624574.jpg
もれなくパンが付いてくるフランス。 たっぷり野菜のサラダ(前菜)とパンで十分満足だわーとマサオとシズコ。
ラミジャンでよくぞ完食した! と褒めてあげたい(笑)。
e0155475_16251763.jpg
こんなメニューだと一杯やりたくなるのですが・・・・  ここはさすがにガマンです(笑)。

お昼ごはんの後は、しばし自由行動を。
わたし達はインフォメーションに行ったり、アラン・エスでチーズを買ったり、
ボーヌに来たらこれよね、とパン・ド・エピス(スパイスやハチミツの入ったケーキ)を買う。
しかしわたしの買いものって本当に食べ物ばかり!
ぶらぶら歩くのにちょうどよい街なので、二人も楽しんでいたもよう。
この後はコート・ド・ボーヌと呼ばれる地域のブドウ畑巡りをしましたが、これはまた別記事で。




シズコが手際良く切ったり盛ったりしている横で、わたしはグリル担当を。
そして母娘合作の、ヴォーヌ・ロマネでうちごはん! がこちら。
e0155475_16502370.jpg
アンヌ・グロのワインと共に食すのはボーヌの朝市で買った食材です。
豚ロースとナスのグリルに、トマト、茹でたじゃがいも+パリで買ったBordierのゆずバター。
さくらんぼにメロン、おまけにチーズまで。
おふらんすチックな食事ですが、主食はお米。 日本から持っていきましたよー。  
鍋で炊いたお米にマサオは感動しておりました(笑)。
パリでうちごはん、も夢でしたが、HPでキッチンを見てから、
ヴォーヌ・ロマネでうちごはん、も、してみたかったのです!
次回はぜひ鴨を焼きたい! と野望を持つわたしです(笑)。 

ちなみに2泊ともお宿のキッチンで夕食を作りました。
初日はシャブリで購入した食材+素麺(めんつゆはこれを持参)
むうちゃんにいただいてから我が家の定番です^^ 海を越えましたよ(笑)!
旅の中盤で移動もありましたし、両親的にはのんびりと食事ができたのは体調にもよかったとか。
2本のワインはあっという間に空となったのは言うまでもありませんね。
[PR]
by uriurip | 2011-07-29 17:09 | 2011 フランス
<< ガツン、とみかん 笑える、というより大丈夫かと思う。 >>