カテゴリ:未分類( 17 )

我が家的GWの正しい過ごし方

e0155475_15341190.jpg
昨年のリーグ戦でお世話になっていたじゃんぼさん主催による大会に参加してきました。
5時に起きてせっせとおにぎりを握り、GWの渋滞を恐れて家を出たのは6時半ですよ、はやっ。
20代前半にはよくドライブがてら鎌倉やら三浦半島に行っていて、
この道、懐かしいなぁと思いつつ、ひとりドライブです、金沢文庫まで。
それにしてもこの日は暑かった。 
朝の9時にしてもうすでに暑いって・・・・

今回はうり坊職場チーム+森下チームからの助っ人という混成メンバー。
ちなみに参加カテゴリーは、『オーバー35がピッチに常時2名』でございました。
ええ、そういう大会もあるんですよ(苦笑)
なんとなーく、ゆるゆる~っと、予選2試合が終了した時点で1敗1分け。
ううむ。 このままいくと、予選敗退だよ・・・
てな雰囲気のなか、うり坊職場チームの絶対エースYさんが到着し、
夜勤明けで直行し、電車では座れずに一睡もしていないうり坊が到着。 ←役に立つのか(苦笑)?
ところがね、この2人が加わっただけで、あっという間にチームは変貌。
Yさんを起点にボールが回り、みんなの動きも滑らかにかみ合ってくるのです。
『ゲームメーカーがいるといないとではこんなにも違うものなのね~』を実感。
あ、ちなみにうり坊はキーパーなのですが、キーパーできる人ってあまりいないのですよ、
それだけでもみんなの気が楽になるってもんなのです(笑)

わたしはといえば、今回ローカルルールによって、女性は6人目のプレーヤーとして
ピッチに入ることができたのですが、得点は1点(通常なら3点)だったので、
それならば得点力の高い男性陣にがんばっていただくことにして、ディフェンダーに徹しました(苦笑)
3試合目の相手チームの6人目は小学生の男の子だったのですが、
その子をマンマークするという大人気のなさ(笑)
だってー、だってー、子供とはいえ、ものすっごくすばしっこいのよー。
おまけに子供は基本に忠実ゆえ、わたしを振りきるためにフェイントを入れるのです。
が、しかーし!!
ふっふっふ。 わたし、フェイントには引っかからないんですよねー。





フェイントの早さについてゆけないだけですけど、なにか?


まあ要するに、相手が『ぱぱぱっ』と体を動かしても、わたしの反応が『ぱ』くらいなので、
タイミングが合っちゃうのですよ、逆に。 というだけで、わたしが上手いわけではありません(苦笑)
小学生からは肘鉄を食らうアクシデント(以外と痛い)もありましたが、3試合目は3-0で快勝。
なんとなんと、予選2位通過で準決勝進出です。
準決勝の相手は、本命主催者じゃんぼ軍団。
フリースタイルフットボーラーちゃんぴおんに、現フットサル日本女子代表、
(怪しい)占い師らぶちゃんもいるチームですよ。
いやもうこの試合はいつになく燃えました。
結果?
もちろん敗退でした(苦笑)
オウンゴールと、あれは抑えられてたのにー! という悔しい2失点。
キーパーうり坊は心底悔しがっておりましたが、
決定打を決めたらぶちゃんのシュートがものすごくきれいで、
試合後に「あのシュート、とってもきれいでした。」と手を出すと、らぶちゃん、握手してくれました(笑)
おまけに隣にいたうり坊は「反応いいっすね~。」と褒められたりなんかして。
ああホントにスポーツっていいーーー!!  と思った瞬間です。
e0155475_16284132.jpg
今回はプレゼンテッドバイ「松田直樹メモリアル」、ということでこんなバナーも。
安永さんの息子くん、ものすごーーーくお上手で、未来の日本代表間違いなしかと思われます。
もしや行けないんじゃ・・・と思っていたマルセイユ日程も確認できたし、←これ重要
39歳にしてはマズイんじゃないかという1日中紫外線をあびましたが(苦笑)、
やっぱり楽しいなあフットサル。 を実感した1日でもありました。

そして翌日。
7分ハーフ4試合のダメージは思った以上に深く、
時差ボケのように、1日中寝たり起きたり、動けなかったうり坊とわたしでありました。 
悲しいけど、歳を感じました・・・ とほー!
[PR]
by uriurip | 2012-05-01 18:38

おにゅーなのに。

e0155475_18381488.jpg

通算5足目となるわたしのフットサルシューズ。
うり坊に「僕より買ってるってどういうこと?」と言われたけど、
わたしが買うのはお手頃価格ゆえ、傷むのも早いのであーる。←いいわけ
今回はわけあって三本ラインのメーカーが欲しかったのだけど、
この色、すんごい配色です(苦笑)。
在庫を探しまくって、穴場だった職場近くのショップにて購入いたしました。
(直営店でトレーニングシューズが買えないのが悲しい...)

代表戦の夜に開幕戦、という悪条件はわかるけど、メンバーの3人(うち主要メンバー2名)が
代表戦を見に行くってどういうこと〜〜〜  わたしだって見たい(笑)。

はっきり言ってピンチです。登録人数ギリです。うり坊、半泣きです。とほほー。
旅日記は止まっておりますが、とりあえず今夜は球蹴りに行ってきます。どうなるかなー
[PR]
by uriurip | 2011-06-07 18:38

本日も晴天なり

e0155475_15213444.jpg

パリから始まったドライブは、シャンパーニュ地方のランス、シャブリを巡り、
ブルゴーニュ地方のヴォーヌロマネへ向かいました。
静かで小さなこの村の斜面に広がるブドウ畑で、のんびり朝のお散歩。
とても素晴らしく贅沢な時間でした。
お写真はロマネコンティの畑に立つ十字です。
うり坊のワインラバーっぷりを理解してくださる方々との出会いもあり、
行く先々で増えた在庫と共に(苦笑)、ブルゴーニュの旅は終わります。
残す旅程は再びのパリ。 お買いものせねば(笑)
[PR]
by uriurip | 2011-05-23 15:21

本日は晴天なり

e0155475_109153.jpg

晴天のパリ。
暑がりのわたしはすでに夏服仕様。そして白ワインが美味しい天候!
親に昼飲みをさせたら、ボリュームたっぷりの量と共に、すーっから満足させてしまい、
ホテルに戻ってシエスタとなってしまいました(苦笑)。

明日からはパリを一旦離れ、ドライブ旅に行ってきまーす。

私信
CLJ(なんじゃこれ?って感じですが・・・)、早速行きました!
お話通り、素晴らしいボリュームでした〜!!もちろんお味も大満足^^
スライスされてない鴨料理、初めてみたかも(笑)。
[PR]
by uriurip | 2011-05-19 10:09

ごちそうさまでした。

e0155475_17321145.jpg

うり坊の慰労を口実?に、親分夫妻とランチに。
昼からお腹もびっくり。前菜三皿、パスタ二皿、メインにデザートという
がっつりフルコースをいただいてきました。
「え?うりぴーちゃん飲まないの??」と親分に言われたけど(苦笑)、
わたしは夜の運転が控えているのでフレッシュオレンジジュース。
う〜ん。。。
『美味しい食事にフレッシュオレンジジュースは合わないのねー。』
と、知る結果に(笑)。(搾ったオレンジジュースは美味しいのだけど)
ランチが終わったのは、おやつの時間のころ。
「(事務所の電話)留守電にしてきたでしょ? 今日はこのままご主人と帰っていいからね。」
と親分。
なぬーー!!そんな特典日だったの今日って!!!
大変魅力溢れるお言葉でしたが、電話はわたしの携帯に転送設定がされてるし、
発送業務にメールも打たねばならず、ひと足先にうり坊だけ帰ってもらいました。

地震後、都内の外食産業は落ち込んでいるところが多いと聞きます。
店舗はもちろん、影響は食品メーカーにも。
食に携わる小さな小さな(親分申し訳ない)わたしの職場で、
いったい何ができるかといえば、まずは知り合いのところに足を運ぶことだと親分。
「たまにしか行けないところだけどさ、なくなったら困るんだよね。」
口実がないと(いつもは接待)昼から行くだなんてシェフにも気を使わせちゃうし、と、
うり坊が石巻に行ったことの慰労と称してのランチでした。
シェフは近々炊き出しに行かれるとか。うり坊がちょびっとだけど現地に行った話をしたら、
「じゃあ僕もがんばってこなきゃ。」とおっしゃっておられました。
[PR]
by uriurip | 2011-04-15 17:32

いってらっしゃい

今週始めに話が決まったかと思ったら、それからバタバタと準備が進み、
うり坊、先ほど石巻市へと出かけていきました。

神戸の震災以後、日本のみならず国外まで、災害が起こった先で支援活動を行い、
今回も地震のその日に東北へ向かって、現在石巻市に拠点を置いて活動をされている、
吉村誠司さんという方がおられるのですが、うり坊の10代の頃からの知り合いでもあります。
現地で必要な品は日々変わるようで、当初チェーンソーやら泥掃き出し用のスコップや
水切りなどを持っていくつもりだったのが、
吉村さんからのリクエストは「(お供え用の)生花、ペットフード(今の犬猫は残飯は食べないため)、
トラック、自転車、子供の遊び道具」。
準備担当の『いいのんちゃん』(あだ名です)とうり坊、想定外のリクエストに唖然としつつも、
人脈をフル回転させ、また、吉村さんを取り巻くたくさんのたくさんのお仲間さんたちにより、
二日間で今回のリクエスト品が揃えられたそうです。
聞いた時は、ト、トラック??無理だよね〜、だったのですが、
どこかの大学のボランティア団体が快く貸し出してくれたらしく、
ペットフードは動物病院からの提供、生花は頼もしい看板屋さん(うり坊のワイン師匠)が調達してくれたりと、
こんなものまで!とびっくりするくらい、皆さんからの協力が得られたとか。
物品だけでなく人手も欲しいとのことで、思い浮かんだのが地元フットサル仲間の若者たち。
「初めてなんですが役に立てるんでしょうか..」と、就活真っ最中のユースケくんが同行してくれることになり、
うり坊は荷台に自転車を載せたトラックを運転して現地に向かいました。
(ちなみに今回、うり坊はボランティア保険という津波などにも対応されている保険に加入したらしい)
どうか無事に辿り着けますように。
[PR]
by uriurip | 2011-04-01 22:33

世界を旅するはずが...

e0155475_17335072.jpg

3月2日からお伊勢の新宿店で催されている『世界を旅するワイン展』。
案内冊子も特に届かず、ホームページを見ても特に魅力溢れる感じでもなく(失礼)、
いったいどんな感じなのー?? ということで行ってみましたひな祭りの日に。

まずは催事場に着いてびっくり(17時半ごろ)。
す、空いてる。
と言ってはいけないわ(笑)。 はい、とても見やすかったです。
たしかにイタリア展やフランス展と違って、ほぼ『ワイン』のみの催事のせいか、
通路などは少々ゆったりめだったけど、それにしても人が少ない気が。

まずは恒例、イタリアワインマダムのところへ。
抜栓してあるものをすべていただきつつ、「なんだか人少なくないですか?」
と、ぼそぼそと聞いてみると、初日もびっくりするくらい少なかったらしい。
「私たちには飲みやすくて助かりますけどねー。」と言いつつ、
大○との違いなどを聞いたりなんかして。
ただの一杯飲み屋状態では?(苦笑)
イタリアワインはほぼモ○テ、の我が家なので、当然お買い上げ。
いま少しばかりランブルスコが好きなので、お手頃価格はありがたいのです。
そして探していた産地ものを見るも、品揃えが乏しく、向かった先は日本エリア。
以前から気になっていた北海道ワインのところで試飲がてら、
ぼそぼそと尋ねた某ワイン、売ってるお店情報を入手して気をよくしたのでここでも。
で、うり坊が気になっていたココファーム、ここのロゼがものすごーく好み。
桜の季節になったら飲みたいと思います。
世界を旅するワイン展のはずが、気づけば購入したのは日本産が多うございました。

試飲をたっぷりしたけど、家でもまた飲み。
12.3.4から11年(でも半年は週末婚だったからまだの気もする)経ち、
「また1年よろしくね。」と言われたけど、ウチの婚姻生活は1年契約だったのか(笑)
12年めも二人で飲んで過ごそうと思います。
そして来月20日からは大○での祭が!! もう?!って感じですわ、とほほ。
[PR]
by uriurip | 2011-03-04 17:33

わかっているの。

e0155475_1840170.jpg

先日階下に住む年下奥さんと会った時、
「今日あかあかでかわいいじゃ〜ん。」
と言われた。
その時のわたしは、赤いバッグに赤いコートという出で立ち。
この歳で年下奥さんに『かわいい』と言われ、返答に困ったわたしが、
「そーなのよ〜。見た目だけ若いのよ〜。」
と答えると、年下奥さんはわたしの腕をばしばし叩きながらウケておりました。

で、今日はお伊勢にお皿と石鹸を買いに行き、同じ階だしねー寄っとこ・・・と、
例のショップに詣で、セールを物色していると、
「あらー。かわいく着てらしてくださってありがとうございます。」
と店員さん。本日の出で立ちは黒とグレー(わたしにしては珍しい)、おしゃれ女王tさんを真似て短めスカート。
しかもインナーは、店員さんとおそろい(笑)。

そう。 そうなの。 わかっているの。
『わたし』がかわいいのではなくて、ここのおよふくがかわいいの。
でもね、この歳で『かわいい』という言葉を聞くと、
「無理してる勘違い女、ってこと???」と、被害妄想に走っちゃったりして、
なんて答えていいのか困る。(黙ってると肯定、とかとか)
辛口番長のうり坊には「勘違いな見た目になったら遠慮なく言え」、
とお願いしてあるので、たぶーん無理した格好はしてないと思うけどね、
当分、あそこのおよふくを見に行くのはやめられないのよねー。

お写真のお店、看板からしておいしそうな気がするのはわたしだけでしょうか(笑)。
[PR]
by uriurip | 2011-01-21 18:40

キャベツじゃないのよ。

e0155475_9595768.jpg

朝イチで母から送られてきた写メ。

キャベツじゃないのよー。白菜です。
ほぼ無農薬、というのか、放任主義というのか、
育つに任せているせいか、こんな感じで育っております(笑)
食べ頃はまだ少し先のよう。
「早めに入り用ならば○山のおばさんとこのを聞いてみるわよー」
と、別伯母のところでも入手可能の様子でございます。
[PR]
by uriurip | 2010-12-02 09:59

かけまちがえたあいてさき

あの方たちやあの方、この方との楽しい楽しい集まりがあった11月。
あ〜〜〜っというまに終わってしまいました。
す、すみません、、、わたし一人まだアップしておらず(汗)。
近日中には!との決意を固めた本日12月1日。
普段はメールのやりとりのみの先方へ、国際電話をかけました。
国際電話をかける際、相手先の番号の前に、010プラス国番号を押すのですが、
出た相手、誰だと思います?







「事件、事故、どちらですか?」


え? え?? えーーーっ!


わたし、110にかけていました(大汗)。
アメリカの国番号は1なのだけど、どうしてこんな間違えをおかしたのか、まったくもって不明。

「申し訳ありません、かけまちがえました。」
と電話を切ったのだけど、110にかけまちがえる人ってわたしくらいのもんでしょう。
あぁぁ。 これから病院なんだけど、血圧高い気がするー。
[PR]
by uriurip | 2010-12-01 15:44