カテゴリ:外ごはん( 30 )

ハレノヒゴハン

e0155475_14452990.jpg
反射して看板になっていませんがフロリレージュです、ここ。
ふとしたタイミングで、週末ランチの予約が取れて訪れたのは1月の終わりのこと。
供されるお料理に驚き、また、合わせるグラスワインの種類も豊富さにも驚き、
うり坊ともどもぜひまた再訪ノゾム!! ということで2回目の訪問となりました。
e0155475_14523724.jpg
お店のスペシャリテ、フォアグラの前菜。
とろとろのフォアグラを口にほおばって、さっくさくのメレンゲをひとくち。
そしてローストしてすりおろしたヘーゼルナッツで追い打ちをかけ、
さらなる余韻を楽しむかのように、喉に流し込むのはアルザスのゲヴェルツトラミネール。
んもーーー これが美味しくないわけないじゃないですか!!!
・・・・・わたし、食べてないけど(苦笑)
飲みたかったワインとフォアグラが合わないので、違うものを選んでいたのでした。 
うり坊、フォアグラとワインで目もとろとろでした。 いいなー。 

美味しすぎて、楽しすぎて、今回お写真まったく撮らず・・・
何が楽しいかというと、お料理に合わせるワイン選び。
我が家はお互いにあれこれ飲みたいので、各々グラスワインを選んだのですが、
そのラインナップがなかなか楽しいのであります。
甘口のセミヨンあたりでフォアグラを食べたいなーと思っていたのですが、
薦められたのがゲヴェルツトラミネール。
迷っていたわたしに、お店の方がさっと試飲用のグラスを用意してくださいました。
香り、色、余韻も含めて、今まで飲んだゲヴェルツと別クラス!!!
あああ。 あれでフォアグラを食べたらさぞや美味しかったことでしょう・・・

こちらのお店では、メイン食材は調理方法を変えて二皿供されます。
またしても、あれこれそれ、ワインをどれにしよう~?と迷っていたら、
4種類を半分づつ出してくださったのです。
グラスワインは赤白4種類ほど用意されているようですが、
「どんなものが飲みたいですか?」
と聞いてくださり、場合によっては新たなものも抜栓してくださいます。
このサービスにすっかりやられてしまう、我々なのでありました。 もちろんお食事にも!!
e0155475_15423796.jpg
この日、食事後にさる御方へ苺大福を届けるべく、先を急いでいた我々なのですが、
お会計を頼んだら出てきたのがこのプレート。
え?????
うり坊、お店の人に何か言った???
(ちなみにうり坊はこの手のサプライズはしません(苦笑))
ぶんぶん首を振るうり坊。
どうやら前回予約を受けてくださった際の「誕生日に来たいので」と言った一言を
聞き逃さなかったということなのでしょう。 
しかも、おそらく、うり坊が呼ぶわたしの名前を聞きとって、名前まで書いてくださったのです。
ひゃー もう、ほんとにいろいろありがとうございます!!
恐縮しつつ、お会計のサインをするわたし。 ←そう。自分の誕生日祝いを自分で支払うツマなのよ
そしてもちろん、次回の予約も忘れずに。
「飲んでみたいものがあればご用意いたしますから。」
のお言葉に恐縮しかりです。
さあ次回の為に、がんばってお仕事せねば~。
[PR]
by uriurip | 2012-04-19 22:45 | 外ごはん

年末の美味しいごはん

ここ数年職場の忘年会は仕事納めの日になっていて、
通常は親分と子分の二人職場なのに、暑気払いと忘年会は、元社員等々が増えてにぎやかになります。
当初は、銀座のクラブで!という話でしたが、なんとかそれは回避し(苦笑)、某シェフオススメの『飯家くーた』で。
e0155475_20232282.jpg

ゴマさば。乾杯ビールがうすはりで出てきたことに気分も上がりましたが、←全員、これで飲むと美味い!と絶賛。うすはりファンのわたし、鼻が高い(笑)
このサバが美味しかった!!
e0155475_2023223.jpg

お造り盛り合わせ。「お魚が美味しいよ」とシェフから言われていたそうですが、確かにどれも◎。
e0155475_20232379.jpg

コレステロールのことはこの際忘れて、ぷりっぷりの肝に浸らせてください(笑)。
トロッとしてぷりっぷり。お酒ももちろんすすみました。むふ♩
あとはフグも出てきたような気がしますが、残念ながらお写真はナシ。
飲み放題でも日本酒、焼酎の種類が豊富で、みんなそれぞれ飲み比べて楽しそうでしたよー。
わたしはローヌの白ワインで。一本分くらいは飲んだような(汗)。
(とうこさんが飲んでたカロリミットファンケルを飲んでいきました(笑))
数年前のイケイケどんどんだった開発時代からすると、皆の状況は聞いているわたしですら胃がキュッとなり・・・
それでもまだ前向きな姿勢に、それぞれの努力が報われて欲しいと思いつつ、わたし自身も刺激を受けた夜でした。
しかしこのお店。 お魚が本当に美味しくて、いろんなものを食べてきた親分やその他面々が、大満足しておりました!

そして翌日は、eサマとの滑り込み忘年会@ラミティエ。
e0155475_20232427.jpg

前回、前菜からパテを選んで肉づくしになったので(笑)、おとなしめにキッシュを。
添えられたプチトマトの先が切り取られていて、お皿の上で動かない、というワザに感心しつつ、おいしくいただき、
e0155475_20232461.jpg

メインは鴨。 ボリュームたっぷり。この二品で1200円也。
e0155475_2023244.jpg

プラス525円でデザートと飲み物が。ドリンクは、ジュース類もワインも525円です!
ラミティエ二回目体験も大満足で終わり、まだまだ話し足りない我々は、スタバへ。
女性の話は尽きないのであります(苦笑)。

eサマと別れたあと、仕事納めの日に届いた昆布(昆布屋さんからの品だけに素晴らしい昆布だけど、
銀座の街を昆布抱えて歩く訳にもいかず(笑)置いていきました)を事務所に取りに寄ったついでに、
天皇杯準決勝をテレビ観戦。信じられないことに終了間際に追いついたマリノス。ところが延長後半でまさかの2失点ですよ。とほー。
一人なのをいいことに←会社だけど。ギャーギャー言いながら見てしまいました。
国立に観戦に行っていた父マサオにメールを送りつつ(監督はクビだー!と回りのサポーターと盛り上がったらしいが、
翌日ホントに解任されてました・・・)、悔しい負け方をしたせいか、思わずいつもと違う小田急のショップで買いものをしてしまったわたし。
鬱憤を晴らすためじゃないのよ、と自分自身に言い訳したりなんかして(苦笑)。
[PR]
by uriurip | 2012-01-09 17:37 | 外ごはん

美味しい時間

去年からいろんなお勉強が続いていたmちゃん。どうやらそれも落ち着いたもよう・・・
というタイミングでラブコールしたところ、嬉しいことに会えることになりましたー!
しかもうり坊付きを承諾してくださって、ありがとうございました^^
せっかく待ち合わせ時間に間に合わせてくれたというのに、遅れて登場した我々。←こらこら
お伊勢で今年最後のイタリアワインマダムがいらしていたので、顔を出さないわけにもいかず(苦笑)。
すみません、食前酒のごとく試飲させていただいておりました(汗)。
e0155475_1340991.jpg
この日のお店は、立川南口にあるブラッスリー・アミカル
mちゃんごめんねー!!とお待たせしたところで、駆け付け一杯の泡。
テタンジェのシャンパーニュ、グラスで(たしか)1000円。 立川価格、素晴らし~い!
メニューはお任せしていただいたので、わたし好みであれこれ選ばせていただきました。
e0155475_13443169.jpg
e0155475_13445970.jpg
お芋のフライにキャロットラペ。  
こちらのお店、オーソドックスなおふらんすチックなメニューが並んでおります。
店内もそことなくおふらんすな感じ。壁際のソファや、椅子にテーブル、
ここはフランス?立川?? ←間違いなく立川です(笑) ってな雰囲気でしたよ。
e0155475_1348028.jpg
シャルキュトリー。 これは現地並みの盛りを希望(笑)!!
e0155475_13485681.jpg
シカ肉。 mちゃん、苦手じゃなかったかしら・・・ こういうの食べると、飲みが進むのです、わたし。
e0155475_13495593.jpg
タルトフランベ。 これも美味しかった♪ こんなの出てくると、ますます飲んじゃうし(苦笑)。
e0155475_1352282.jpg
美味しいお料理と合わせて飲んでいたのは、ボルドーのローザン・セグラ。
これはmちゃんへのお祝いも兼ねて持ち込んだものなのですが、
マルゴー村とお名前をかけて、うり坊が選びました(苦笑)。

1年半ぶりに、久しぶりに会えたせいか、わたし、ひとりであれこれ話しちゃいましたね^^;
イッタラ話から猫話、そうそう、忘れちゃならない健康相談も(笑)。
あれこれ飛ぶ話に付き合ってくれて、どうもありがとう!!
そして〆にデザートを頼もうと言ったのがうり坊。 ←女子か?
e0155475_13562895.jpg
アイスが食べたい、というmちゃんリクエストで、アイスがのっているものを^^
e0155475_13572618.jpg
なぜトリュフ入り??と不可思議でしたが、これが美味しかったのです、トリュフ入りクレーム・ブリュレ。
添えられたハチミツのアイスクリーム、これまた美味なのです~!!

一度行きたいなぁ、と思っていたブラッスリー・アミカル。サービスも、居心地も良いお店でした。
土日はガレットのランチをやっているそうです。 ぜひまた行かねば!!

mちゃん、遅くまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました^^
彼女は柔らかい物腰のしっかりものさんで、そして、とてもがんばりやさんです。
去年から続いていたお勉強が大きく大きく実って、
もうすぐ羽ばたいてしまうのは残念だけど、
ますます素敵女性になるだろうなー^^  わたし、良い刺激を受けました。
あと何回会えるかなぁ。 あ、もちろんお魚食べに行くつもり満々ですが(笑)。
今度は家飲みで、Lのメンバーも誘ってにぎやかにやりましょう^^
[PR]
by uriurip | 2011-12-19 18:35 | 外ごはん

泡! 泡! 泡!

e0155475_1630113.jpg
ワイン系のイベントは、わたしよりうり坊の方が積極的に参加したがる傾向にあるのですが、
伊勢丹で催されたノエル・ア・ラ・モードのプレイベントにはわたしも心ひかれました。
中華とシャンパーニュの組み合わせ。 ひゃー どんな感じなの???
ダメ元で申し込んだところ、抽選に当たったので二人で行ってきましたよー。
e0155475_16354963.jpg
会場は汐留、コンラッド東京の28Fチャイナ・ブルー。 残念ながらこの日は薄曇りでした。
e0155475_16393276.jpg
最初の一杯は、ドーツ。ブリュット・クラシックのNV。
e0155475_1640191.jpg
前菜は『鴨肉と湯葉、パイナップル、季節のライスクレープ包み』。
これと合わせて飲んだのは、テタンジェ、ノクターン・セックNV。
e0155475_16413380.jpg
スープはフカヒレ。 フカヒレとも合わせちゃうのです、シャンパーニュ。
e0155475_16422585.jpg
こんな風に、ぞくぞくとグラスは並んでゆくのであります(笑)。 
e0155475_1643697.jpg
『牛肉と百合根のシンガポール醤油炒め』。  こってりしたソースとしゃりっとした歯ごたえの百合根がよく合います^^
そして口に含むシャンパーニュ。 ああもう!! 至福の時間ですよ^^
e0155475_1645650.jpg
うり坊は「全部飲み干してたら大変なことになる!!」とセーブしつつ、楽しんでおりました。
わたし? すべて飲み干しても問題ありませんでした(苦笑)。
e0155475_16472280.jpg
手打ちっぽいような麺は『蟹肉入り卵麺の焼きそば』。
e0155475_16475543.jpg
ロゼもありました。 初めて輸出する作り手さんだとか。
e0155475_16495517.jpg
〆は『マンゴームースのプティング』。 プリンよりもふんわりしており、口どけも良くて◎。

6皿のコースで供されたシャンパーニュは全部で9種類。
「すべて飲まれると、1本以上は飲んだことになります。」とは司会者談。
あれこれ飲み比べて、あれが好みだった!、なんていう記憶は飛んでおりますが(笑)。
ルイ・ロデレール、クリスタルの泡の細かさ、秀逸でした!
おみやげにドーツのハーフボトルもいただいて、楽しかったこのイベントですっかり満足し、
肝心のノエル・ア・ラ・モードの会場には足を運びませんでした(苦笑)。
[PR]
by uriurip | 2011-12-12 17:55 | 外ごはん

ガツン系にノックアウト

毎年恒例となっているのが、酉の市後に親分と行くランチ。
「好きなところ予約してもいいよー」
と言われて、選んだのは馬場にある『L'AMITIEラミティエ』というビストロ。
以前から聞いてはいたのだけど、馬場歴ウン10年にしてお初です。
前日で、二回転目と思われる13:20から予約を取りました。(ラストオーダーは13:30)
ランチは1200円で、前菜とメインから一品づつ選びます。
こういうランチだと必ず飲ませてワインを付ける親分。 子分としては幸せです(笑)。
e0155475_16211626.jpg
いいなーと思ったキッシュが品切れで、わたしが選んだのは、田舎風パテ。
マスタードを添えていただきまーす!
e0155475_1622481.jpg
こちらは親分チョイスのサラダ。
お野菜それぞれに味付けがしてあって、とても美味しかったそうです。
e0155475_1624214.jpg
メインは、豚バラ肉とレンズ豆。
供されてびっくり。 豚肉ラバーのわたしでも、ひるんでしまう程の脂身。
出されたものは残せないので、ワインでぐびぐび押し込みました(苦笑)。
ワイン、一杯じゃ足りません(笑)!!
e0155475_16272669.jpg
親分はアッシュパルマンティエ(マッシュポテト、ひき肉とチーズのグラタン)
この日の午前中、コレステロールがどうのこうのと話していたのですが、
何でしょうか、わたしのチョイスは(苦笑)。
しかしですね、友達とあれこれ話しながらゆっくり食べるランチならともかく、
仕事モードでランチ、の場合、早めに食べるので、ものすごーく胃に負担が。
e0155475_16264553.jpg
おまけに親分は、デザートまで食べさせてくださいました。

事務所に戻ると、胃が重くて座ってなんていられず。
お使いがてら、馬場の街をウォーキングするわたしでありました。
美味しかったです、ラミティエ。 サービスも感じが良いし。親分も気に入ってくれたもよう。
馬場の街の一角が、パリに見えました(笑)。
次は、あれこれ頼んで、ゆっくり!食べて飲んでをしてみたいなー。
親分、ごちそうさまでした♪
[PR]
by uriurip | 2011-11-04 16:30 | 外ごはん

予約の取れないお店に行ってみました

e0155475_1561124.jpg
「行ってみたいなー。」と思い続けること一年。
いつかその機会はやってくるのではないかと思っていたら、ほんとにやってきましたよー。
念願かなってうかがったところは『restaurant Bacar』!
思いっきり場所を勘違いしていたので、同行者さんに遠回りをさせたあげく、
ゲストと勘違いさせたS松尾の方々に道順を聞く、というわたし(苦笑)。 
十分お腹が空いたところで、ようやくお店に到着ですよ。 とほほ。
e0155475_14175360.jpg
まずは壁につるされたメニューを見つつ、別黒板でもお料理の説明を。
e0155475_1424149.jpg
これ、すでに半分飲んでしまっているのですが、グラスの縁いっぱいまでシャンパーニュは注がれたので、
それをですね、口で迎えにいって飲むのです。 この飲み方、すごい(笑)。
余分に歩いてますので(苦笑)、しゅわしゅわが大変美味しく感じられました。
e0155475_14264754.jpg
ほどなく出されたのがアミューズのこちらのトマト。
ローズマリーが茎代わりに刺さっていて、飴でコーティングされておりました。
甘くてしょっぱくて苦くて辛くて・・・ と、味覚の要素がちりばめられている一品。
e0155475_14331892.jpg
続いてはバーニャカウダ。 彩りといい、豊富な種類といい素晴らしい!!
e0155475_14463235.jpg
ガラスの器に盛られた以外にもこんなお野菜が。 
右下ののっぺりした葉っぱは、食べると牡蠣の味がする不思議なオイスターリーフ。
わたしは牡蠣好きなので、うれしいびっくりなお味でしたが、
何度か牡蠣で当たっている同行者さんにはちょーっと何かを思い起こさせてしまったかも(苦笑)。
e0155475_14424167.jpg
日本各地から取り寄せられた有機野菜は、ズワイ蟹とカニみそでできているソースでいたたきます。
このソースがね、うっとりするくらい美味しかったです。 何種類もある野菜と合わせてもまったく飽きず・・・
e0155475_14453184.jpg
残るソースは、熱々の稚鮎のフリットで食べきるというおまけ付き。
e0155475_14515727.jpg
魚料理は浜名湖産の鰻の燻製とフォアグラ、マンゴーを合わせたもの。
鰻とフォアグラ?? しかもマンゴー??? と思っていたのですが、これが合うのです!!
フォアグラとマンゴーのまったり感が合わさると、なんともいえず、大変美味(笑)。
お写真はありませんが、この時飲んでいたのはロワールのミュスカデ。
この日の同行者さんはうり坊ではないのですが、ワイン知識が大変豊富な方ゆえ、
わたしの好みや、お料理に合いそうなものでおススメしていただきました^^
e0155475_1502721.jpg
メインはうずらのロースト。 ストウブで一羽調理された状態で見せていただき、その後このように供されます。
合わせたいただいたのはピノ・ノワール。 ←ようやく外で飲むときに選ぶようになりました
美味しい料理にワイン。 わたしの脳内、至福の時間全開ですよ(笑)。

そしてこの後、バカールの名物の一品ではないかと思われる、ストウブで炊きあげた、
「本日の『意気ごみ』鉄鍋炊きあげご飯」が出されたのですが、なぜかお写真なく(苦笑)。
いただいたのは、イワシとフォアグラの組み合わせと、ブレス鶏を使ったもの。
ほっこり炊かれたお米と味わうフォアグラ、危険な組み合わせです(笑)。
e0155475_15405138.jpg
最後はもちろん、デザート!! 
クレームブリュレとパッションフルーツのアイスクリーム。
e0155475_1545686.jpg
渋皮煮のマロンパイ。 あっつあつで供されるマロンパイに、栗のアイスクリームと合わせて食べる一品。
熱々に合わせるヒンヤリ。 美味しくないわけありません!! 
散々迷った挙句、同行者さんの「二皿食べたら?」の一言で、わたしのみデザート二皿に。
おそらく、よく食べるね・・・・と思われていたかと(苦笑)。
そして生キャラメルにコーヒー。   最後まで飽きさせず、大満足でこの日は終了。

好みはあるかと思いますが、サービス担当の金本さんのテンション、わたしには良いかも。
予約が取りずらいことがネックですが、また何かの運が巡ってきたらぜひ!! と思わせるお店でした。
e0155475_15544241.jpg
デートかと思われたのか、同行者さんのデザートがハートマークに。
うり坊の都合がつかなかったため、うり坊公認の元、お付き合いいただいたのにね(苦笑)。
我が家でするのとはまた違ったワインの話も聞けて楽しい夜となりました。
[PR]
by uriurip | 2011-10-14 18:08 | 外ごはん

昼の悪妻倶楽部+ジュニさん@新宿

お腹のなかにいる時には2回会ったけれど、実物にお目にかかるのはお初!!
今回もスーパー幹事とうこさんのセッティングにより、むうちゃん+ジュニさんと新宿でランチです。

集合時間は11時。 夜じゃないですよ、もちろん昼間、しかも平日(笑)。
ジュニさんの居心地を考えてくれて、とうこさんが予約してくれたのは、『大かまど飯 寅福 ルミネ新宿店』。
お座敷席の、奥~のところに、4人で陣取ります。 むふふ。これならたっぷり話せちゃうもんね。
e0155475_12175796.jpg
平日限定のヘルシー御膳ゆえ、出てくるお料理はほんとにヘルシー。
e0155475_12203046.jpg
ほっこりのふろふき大根。 こういうのを食べると秋が近いことを感じます。
e0155475_1363799.jpg
味付けしっかりめのお野菜ステーキ。 パプリカに玉ねぎ、ナス。

わたしのお写真には写り込んでいませんが(笑)、このメンバーですもの、飲まないわけありませーん!
『とりあえずビール』のお味がわかる大人になれてよかった!(たしか)などと言いながら、
まずはビールから。 そして白ワイン(ボトル)。 ←ランチだよね、この日
ちなみに出かける前に、「今日は何飲むの?」とうり坊に聞かれたわたしです(笑)。
むうちゃんとこうして飲めるのは、お初の時以来、1年以上ぶり!
わたしたちが食べて、飲んで、おしゃべりを楽しんでいる間、
ジュニさんはお昼寝をしたり、寝がえりをうったり。 そして時々むうちゃんの膝へ。
ブログで見たとおり! の、真っ黒の御髪はふさふさで、きらきらの黒眼に、つるつるのお肌。
赤ちゃんの皮膚、培養して移植できないかしらね・・・ などと語り合う我々(笑)。
そしてね、ジュニさんに劣らない、むうちゃんととうこさんの美肌にわたしの目は釘付けでしたわ。
おりしも先月、3人の方(Eサマと義母ととうこさん)にパックをいただいたので、
秋に向けてお肌の浄化をせねば、と思った次第です、はい。
e0155475_13255498.jpg
〆は炊き込みご飯で。 3時間、みっちりの滞在でございました。

そして2次会会場へ移動のため、新宿の街をぶらり。
e0155475_13272937.jpg
お伊勢のフロアを熟知されているとうこさんに導かれ、やってきたのは屋上。
わたし、ここまで上がってきたのは初めてです。 そして、ジュニさんの初伊勢丹にも同行しちゃったわ(笑)。
e0155475_13294975.jpg
緑が植えられた屋上は、ベビーカーとお子さまとママたちで溢れておりました^^
小さいお子たちは、赤ちゃんのジュニさんに興味津々。人気者でしたよー。
e0155475_1336823.jpg
屋上でしばし日向ぼっこをした後は、「これぞデパートの食堂」的なところでお茶タイム。
おしゃれではないけれど、これぞカキ氷、って感じがまた良いのです。 おいしかったー!

まったり過ごした平日の昼間。 こういう時間に会えたのも、ジュニさんのおかげです^^
赤ちゃんのうちにお目にかかりたいと思っていたので、よかった、よかった。
ミルクの時間になると、ちょっとだけ主張するのみ、ぐずりもしない、お母さん思いの可愛いジュニさん。
お母さんの夜の時間を、そのうちちょっとだけわけてね(笑)。
三人と過ごした、楽しい夏の時間でした。
[PR]
by uriurip | 2011-09-05 22:09 | 外ごはん

仏仏時間

e0155475_11311626.jpg
おそらく今頃はまだ、仏仏、おパリな日々を過ごしておられるこの方と、
Restaurant-I レストラン アイにてランチ。 
e0155475_11321925.jpg
ガスパチョと迷ったんですーーーー。  でも、お野菜のテリーヌに。
e0155475_1135521.jpg
メインは羊・・・ だったような(汗)。 サマートリュフとアーモンドのペーストが添えられております。
e0155475_11402617.jpg
泡から始まって、白、赤、とグラスで飲んでいたところでチーズが登場。
飲み足りないとみたのか、継ぎ足していただいちゃったりもして・・・ さらに飲みは進みます(笑)。
e0155475_11421621.jpg
原宿クレープは、月替わりで内容が変わるのですが、6月はさくらんぼ。
クレープで包まれたクリームもたっぷり。 満足のデザートでした^^
e0155475_11441599.jpg
最後はデザートワインまで!
昼間だというのに、あれこれいただきすぎでしょうか(苦笑)。
e0155475_11452740.jpg
〆のコーヒーと小菓子。
今回はふたりの飲みっぷり?がよかったせいか、いつになく、あれこれサービスしていただきました。
いつもありがとうございます^^  こちらに来るのは女性とがほとんどなのですが、
たまにはうり坊とも行かねば(笑)。
ソムリエさんが変わられてから初めて行ったのですが、
以前はなかったような、ワイングラスのリストが用意されていたり・・・
広々とした店内は居心地もよくて、外の緑も目に優しく。 つい長居をしてしまいます。
 
わたしのフランス話もあれこれ聞いていただき、これから行かれる内容を聞いてこちらはうっとり~。
実はパリで行ったレストランの2軒はこの方から聞いて行ったのでした。
どんな日々を過ごされたのか、いまから報告が楽しみですー!
それまではいただいたマッコリを飲んで過ごします(笑)。 
[PR]
by uriurip | 2011-07-15 11:58 | 外ごはん

エール交換会?@銀座

わたしの友人関係は同級生がほとんど。
社会人になって10ウン年になるけれど、仕事でできた友人というのは皆無。
ということは、学生時の友人とず~っと続いている、ということなのね。
そんなわたしがブログを初めて数年が経ち、この世界(ってどんな?)で知り合った貴重な同級生がとーこさま
毎回ツボなお店を選んでくれるのですが、今回はスペインバル マルコナ。

お店の方が選んでくれる、ワイン飲み比べセットを次々と飲み干しつつ、
e0155475_16591016.jpg
いわしの酢漬け(イワシのマリネ、ほうが銀座っぽい(笑))をつまみ、
e0155475_16564642.jpg
目の前にどどーんと置かれた塊から切りだされる手切りの生ハムをつまむ。
薄く、ふんわりカットされるのも美味しいけれど、これは少々厚切りの手切りが美味しい!
e0155475_17105830.jpg
バケットと一緒に食べるのは、エビとマッシュルームのアヒージョ。
ぐつぐつ&ニンニクの香りがたまりませ~ん!!
e0155475_17122289.jpg
このくらい、形の残るポテトサラダ作りを次回は目指そうと思いました(笑)。 わたしはマッシュ派なので。
グラスワインをあれこれ頼んで飲めるのも良いし、出てくるお料理も二人には適量。
数人でわいわいもいいけど、スペインバル、二人飲みに良いですねぇ。
e0155475_17155183.jpg
スプーンをどかさないで撮るとは。 飲みがすすんでました、わたし(苦笑)。

本や映画や気になるコスメ等々、自分で体験したことを自分の言葉で書いているとうこさんのブログ、
お好きな方も多いと思いますが、お会いしても「そうなの?そうなの?」とうなずいて聞いてしまうことばかり。
この日はわたしの旅話やらフットサル話を、ひたすら聞いてもらっていた気がいたします。
どうもありがとう!!
(イチローの試合、よく見に行ってた~! 対日ハム戦@東京ドームとか。 遠い目・・)
同じアイドルのコンサートに行ってたり、好きなおよふく屋さんが同じだったり。
そう、そして我々を結び付けるのは『伊勢丹と大丸』(笑)。
大丸フェアの配置が目に浮かぶって、どれだけ通ってるんでしょうか・・・
しかしながらお互いそれなりにお年頃ゆえ(苦笑)、
『体を大事にしてずっと楽しく飲めたらいいね』を目指しましょう!!
お仕事の山場の谷間にまた遊んでくださいませ^^
[PR]
by uriurip | 2011-06-17 17:42 | 外ごはん

ロベルト、といえば

これまで、『ロベルト』、と聞くと、ロベルト本郷!←キャプテン翼ね 
もしくは、ロベルト・カルロス!←ブラジルのサッカー選手ね (ロベルト・バッジョ、もいたなー)
が、思い浮かんでいたわたしですが、この御方のところで目にしたロベルトは、
今までとはまったくもって方向性が違うの(笑)。

美味しそうな料理のお写真を見るたびに、『いつか行きたい~~』と思っていたロベルトは、
神保町にあるトラットリアなのであります。
わたしが普段足を踏み入れるエリアではないのですが、この日は森下フットサル帰り。
おじゃました20時半過ぎ、店内はほぼ満席!
この日は控えめに(苦笑)、わたしだけグラスワインをいただきつつ(うり坊は運転手)、
張り切ってオーダーをすると、「量が多いですけど大丈夫ですか?」とのこと。
運動後で腹ヘリマックスですから大丈夫です!! と答えて待つことしばし。 
前菜一皿目のホウボウのカルパッチョが登場するとあっという間に平らげる我々。
(あっという間ゆえ、お写真ナシ)
そして前菜二皿目は、花ズッキーニのフライ。
e0155475_15244027.jpg
ぱらっとふられたお塩と共に、熱々をほおばる美味しさっていったら!!
あぁぁ。 運動後のフライの美味しいこと!
e0155475_15275718.jpg
とびっこと岩海苔のパスタ。
唐辛子もピリッと効いていて、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ的ともいうのでしょうか、
食欲を掻き立てられるお味に大満足。
e0155475_153087.jpg
(たしか)ホタルイカのリゾット。
旬のグリーンピースも歯ごたえしっかり。 サフランの香りもしっかり。
と~っても美味しいリゾットでした^^
e0155475_15315627.jpg
そしてメインの豚さん。
グリーンのソースと、ほど良くピンクに火入れされた豚肉が、んもーたまりません!!
e0155475_15344359.jpg
はい、もちろんデザートも、です。
ティラミス、エスプレッソのプリン、ピスタチオにトマトのアイスクリームの4点盛り。
とろ~っとしたプリンを奪い合う私たちって何歳だ?(苦笑)。

フットサルの反省会(主にわたしの動けなさっぷりだけど)を織り交ぜつつ、
出された料理を黙々とあっという間に食べてゆく我々。 シェフは驚かれたのでは・・・・
なんと1時間半でお店を後にしておりました(汗)。 
シェフお一人でお料理を作られておりましたが、ひと段落していた時間のせいか、
腹ヘリだという我々のせいか、お料理を出してくださるテンポもとてもよく。
そして、もちろんお味も良くて。  大満足~!で帰路に着きました。
『森下帰りにはロベルト』、を定番にしたいです、ホントに。  
[PR]
by uriurip | 2011-04-14 15:45 | 外ごはん