カテゴリ:催事めぐり( 11 )

ショコラの祭典

めずらしく、うり坊が「行きたい」と言い出した、伊勢丹のショコラの祭典。
カード会員限定で、1日早く会場入りできるというので、仕事帰りにサクッと行ってきました。
『18時まで』というのを知らず、用事を済ませて会場内に入ったのは17時45分(苦笑)。
e0155475_11122018.jpg
ざざざざっと会場を回り、うり坊チョイスによるショコラたち。
だーいぶ早いですが、バレンタインデーということで(笑)。
ショコラティエ自ら店頭に立たれているお店も数多くあり、
どれもサインを入れていただきました。
上から、サダハル・アオキ、デザート・サーカス、ファブリス・ジロット。

サダハル・・・・に関しては、パリに行くと、うり坊は必ず行きたがるお店です。
今回もシェフは店頭に立たれており、「東京焼き、いりますか?」と言われて、
「いりません。」なんて言えませんよね(苦笑)。 

デザート・サーカスは、うり坊がシェフにお会いしたことがあったのでご挨拶すると、
アラすごい。  シェフ、ちゃんと覚えててくださいましたよー。
日本未発売の板チョコ、すんごく美味しかった!! と告げると喜んでくれました。
17時頃到着したばかりだというヘイバーグシェフ。
「またいつか行くからねー。」と元気いっぱいでございました。

そしてファブリス・ジロット。
通訳さんを介してお話させていただいたのですが、
ディジョンのお店に行きました。 両親がアイスクリームの美味しさに感動しておりました!」
と言うと、通訳さん(フランス人男性)も、
「あ、あれ!! 美味しいよね~~。 あれ、日本でも売ってもらいたいよねー!!」ですって(笑)。
e0155475_11304014.jpg
そしてシェフが手渡してくれたのが、このクマストラップ。
え? え? いいんですか???
「よかったら、お写真一緒に撮りますか?」
とも言ってくださいましたが、丁重にお断りいたしましたわ(苦笑)。
実はね、ファブリス・ジロットのディジョンでの店員さんのひとりが、
あの旅一番の愛想のない方でね(苦笑)、HUGO&VICTORの店員さんのように、
「お店の商品で何が好き?」なんて感じなお買い物はできず(苦笑)。
しかしながら御本人は大変素敵な御方でございましたよー。
e0155475_1136556.jpg
サダハル・アオキの東京焼き。
抹茶の生地の中には、チョコレートのマカロンが入っております。
これ、とーっても高価な今川焼きですが、素晴らしいアイディア!
美味しくいただきましたよー^^

他にも買いたかったショコラ(フランス祭りなのであえてショコラ)もあるのですが、
現地価格の2倍はしてるんじゃ・・・ というお値段につき、控えさせていただきました(苦笑)。
またフランス行くぞー!!
[PR]
by uriurip | 2012-01-25 12:15 | 催事めぐり

わたしもシスターズ??

e0155475_1628085.jpg
はるこさんに教えていただいてから、お取り寄せまでして食べた甘音屋さんのお菓子。
伊勢丹で催事アリ! の情報が回ると(笑)、のぞきに行くようになりました。
そして今回は、朝8時から受けた人間ドックが終わり、
結果に落ち込みながらもお約束の韓国市場に寄ってキムチを買い(値段が上がってた・・・)、
夜だったら横切るのを躊躇してしまう歌舞伎町の怪しいエリアを歩き(テレビで見かける愛本店とか(笑))、
いそいそ向かった伊勢丹。

が、しかーし。
この前あったところにお店がない!
「甘音屋さんはどこに?!」 思わず受付嬢に確認しちゃいましたわ。

近ごろ黒糖かりんとうは催事以外でも見かけるので、まずはこちらを。
e0155475_16294684.jpg
しょうが味のかりんとう。 甘い!だけど、しょうが味!のこちら。はまります~。
個別包装だし、何かしながらおやつにできます。←お行儀悪い
黒糖もいいけど、『限定』に弱い(笑)ので、伊勢丹でしか買えないところもまた良いの。
e0155475_16304561.jpg
そして先発隊のはるこさんオススメだった『朔』も。
これはなに?? どこを食べても栗だー!!
なんとこちらは、栗の風味をしっかり残した栗あんを、羊羹でコーティングした逸品。
うり坊、「栗だねー」。  あっさり、さっくり一口ですよ! もうあげたくない(笑)。

今回もたっぷり甘音屋さんのお菓子を楽しみました。
シスターズの熱い絆(笑)による催事情報。  今後ともよろしくお願いいたしまーす!

あ、冷やしみたらしは母の手に渡り、わたし、お味見できませんでした・・・
やわやわのみたらし、わたしも食べたかった~!
[PR]
by uriurip | 2011-10-11 19:16 | 催事めぐり

ニューワールドまでの遠い道のり

e0155475_1645477.jpg
20日~26日まで行われていた大丸のワインフェア。 懲りずに今回も行ってまいりました。
買った品は現在配送待ちなのですが、お写真は事前に予約注文したフィジャックのセカンド。
これに象徴されるように、またしてもフランスワインはボルドー中心だったような(汗)。

最初に行った頃は、まんべんなく会場内を回って飲み続けていたのに、
ここのところ回るコースが決まってきていました。
イタリア→スペイン→ドイツ→高畠→ボルドー→フランス
なので、今回うり坊が掲げた目標(というのか(苦笑))は『ニューワールド』(ざっくりいうと、
アメリカ、オーストラリア、チリ、南ア、カナダなどなど)。

まずはいつものイタリアワインマダムのところにて。
こちらではありがたいことに毎回抜栓されているワインはほぼ飲ませてもらっているのですが、
これがいーんだか悪いんだか。
だってね、ここですでにできあがっちゃうんだもん(爆)
いやーしかも今回はね、わりかし好みのお味に出合ったもんで、ついつい飲みすぎた。 ←こらこら

続いて高畠ワイナリーへ。 先日ワイナリーへおじゃました話をしつつ、
『穣Minori』がきていないことを軽く責める(笑)。
今回山形へ行き、ブドウの木にビニールがかけられて育てられているのに驚いたのですが、
あの辺りはそのようにして育てているそう。
山の斜面にビニールを張っている風景。 驚きです。 手間をかけてあのお味なのですねー。

お次はボルドー地区でなにやら購入し、ドイツのゲヴェルツも。
ゲヴェルツの香りが大好きゆえ、毎回忘れずに入れてもらうことにしているのであります。
なんとなくご想像はつくと思いますが、この時点でそれなりの本数に(苦笑)。
そしてここも外せない、我が家がプリムールでお世話になっているT岡さんへ。
グレートヴィンテージとなった09年の価格が大変で・・・ と、
プリムールの支払いについて売り場のお嬢さんと愚痴りつつ、
こちらでハマってしまったのが、97年、00年、05年もの。
むむむー。 改めて、良い年の味がこんなにもいいものかを実感。
い、いかん。
ニューワールドに行く前に予算を使い果たしてしまいましたわ・・・
という訳で、今回もいつもと同じようなラインナップ(笑)。
ニューワールドの道のりは、まだまだ遠いです。 むむむ。

飲んだあとでもウマいです。
[PR]
by uriurip | 2010-10-27 17:24 | 催事めぐり

そして今年も。

e0155475_1355036.jpg
1月27日~2月1日まで、新宿伊勢丹にておこなわれているSALON DU CHOCOLAT
26日にカード会員向けの特別案内日というのがあったので、終業と同時に事務所を飛び出して行ってみました。

先発隊(この日は休み)のうり坊に混雑具合を聞いてみると、「空いてるよー。」とのこと。
「へ? ホント? ちょっとー、ちょっとー、お伊勢のチョコ祭りなのよ?」
と、うり坊の言葉を信じないまま6Fに到着してみると、アラびっくり。
終了時間まで1時間を切ってるせいかホントに空いておりましたよー。
e0155475_14134175.jpg
わたしが欲しかったのは2つだけだったのに(笑)!  (これに+ジャムを買った・・・)
そして、欲しがらない(けど行きたがる)うり坊が、珍しく買いたがったのがFabrice Gillotte氏のチョコレート。
わたしにはイマイチ地理関係が見えないのですが、ディジョンってどこかのワイン産地に近いのかしら。
通訳担当の女性に、お店の場所を聞いていたのはな~ぜ~(笑)?

インタビュー中だったGillotte氏とはお話できませんでしたが、
彼の商品を扱っているお店はパリに一軒あるものの商品は少なく、ディジョンのお店メインなんだとか。
伊勢丹のバイヤーが彼のアトリエに訊ねて行った時は、こんなところまで日本人が来たと、
とても喜んでいたそうで、「日本から買いに来たと言ったら彼は喜ぶと思いますよ!!」
って、え? え?  いつディジョンに行くの?
e0155475_1428257.jpg
とりあえず、これから食べ始めています。
e0155475_14311355.jpg
お供はベーレンアウスレーゼ。 トロッとした甘さとチョコレートが合うんであります。くぅ~。

オフィシャル・ムックや会員向けの冊子に、ショコラティエからサインをもらっている方を見て、
「どれだけすごい人が日本に来てるのか知って来ないといけないのかも・・・・」
などと思いつつ、
「ショコラティエがおりますのでサインはいかがですか?」
と言われると、断れずにサインをしてもらっちゃうわたしって(笑)。
ともあれ、楽しい催事であることは間違いないです。 オサイフは軽くなったけどー。

親分から。
[PR]
by uriurip | 2010-01-28 14:48 | 催事めぐり

♪きょうはツリーにろくじ~ (字余り)

e0155475_16225739.jpg
いつ行こうかなー。 と思いつつ、行きためらっていたマルシェ・ド・ノエル・・・
(いえね、ウチのちょい辛コメンテーターから「このイベントってどうなの?(貧弱じゃないの・・とか)」
と言われてから二の足踏んでたのであります)
ありがたいことに、この方からのお誘いがあって無事に行ってまいりました。

「ツリーの下で18時!」 なんて、ドラマのような待ち合わせにドキドキしちゃった30ウン歳。
お互いの目印が『紙袋』っていうのもいいじゃないですか(笑)。
e0155475_16252795.jpg
そしてこの前にたたずんでおられるお姿を無事に発見。 お待たせして申し訳ありませんでした!
うぅむ。 実はこれに乗りたかったんだけど(笑)、
思ったより小ぶりな作りで、わたしには絶対ムリ! サイズでございました・・・

フードコートはどこ? と言いつつ、マルシェ内も散策しましたよー。
e0155475_16255864.jpg
クリスマス用の飾りとか、アルザスワイン、ハチミツにジャムにパン屋さんも。
が、しかーし! 
我々の行く手を阻む、ピンクの衣装を着た姫さま御一行が登場。
ちょこちょこ撮影しながら移動してるもので、さっそくフードコートに行っちゃいました。 うひひ。
e0155475_16265411.jpg
楽しみにしておったタルト・フランベは売り切れでしたが(これが一番人気なのかこんなニュースが)、
ホットワインはたんまりありましたよ♪
e0155475_16275628.jpg
こんな色をしていますが、これはハチミツ職人秘伝のスパイスによる白ワインのホットワイン。
ハチミツの甘さと、おそらくクローブとシナモンあたり・・  
私は赤ワインのものより飲みやすいかなーと思いましたが、いかがでしょうか。(って誰に聞いてるのか・・・)
e0155475_16381771.jpg
ホットワインのアテはシュークルートと、ジャガイモ。
e0155475_16464569.jpg


そして身体が冷えてきたところで。
[PR]
by uriurip | 2009-12-18 17:05 | 催事めぐり

アペリティフの日

e0155475_13281197.jpg

フランス農水省が2004年から世界各国で『毎年6月第一木曜日はアペリティフの日』と提唱して、
日本でイベントが行われるようになってから今年で6年目だそうです。

サイトによりますと、
~「アペリティフ」とは、食事の前にワインをはじめとするアルコール飲料やソフトドリンクと
 美味しいアミューズブーシュ〔一口ディッシュ〕と共に、友人たちとおしゃべりを楽しみながら
 ゆったり過ごすひと時。

今回は3年前からこのイベントに来たがっていたうり坊と参戦。
ちなみに昨年は、3000~4000円(時間帯によって値段が違う)のチケットで、
アミューズ10品、チーズ1品、ドリンク4杯、に交換でしたが、
今年はなんと!
飲み放題となっておりました!!
(チケット代は3800~4300円に変更)

e0155475_13285972.jpg

このようなチケットが送られてきて、当日は首から下げるのですが、
フードと交換ごとに首を突き出してはもぎってもらっていたわたし・・・

e0155475_13291920.jpg

開始直後はものすごーーーーーーーい人で、ちょっとしたラッシュ並み。
食べ物を求める人で殺気立っていた会場は、20~30分もすると楽に選べます。

e0155475_1329556.jpg

右下のまぐろの握り?みたいなものも、しっかりチケット1枚取られます。
こ、こんなCPの低そうなものを選んで・・・ と、食いしん坊ツマはぶつぶつ言ったりもしましたが(笑)、
その左どなりのアミューズが美味しかった!
e0155475_13312092.jpg

2種類あったのですが、どちらも◎。
人気の商品は早めになくなってしまいますが、あれこれ選んだりするのも楽しいし、
見た目とお味のギャップ(笑)も楽しい。
e0155475_13364824.jpg

ステージでは『クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ』のシェフによるイベントも行われ、
クイズの勝者にガレット・デ・ロワのプレゼントもしておりました。
e0155475_13505484.jpg

そんなイベントを横目に見つつ、ドリンクコーナー近くに陣取り、
あれやーこれやーと飲みほしておりました・・・
ワインを取りに入っただけなのに、カクテルも勧められちゃうから断れないの(笑)。
e0155475_13545396.jpg

ボルドーのデザートワインなどもあり、〆もバッチリ。
e0155475_13571321.jpg

ホテルエドモンドのマンゴープリン。 濃厚でうまうま、でございました♪
んもー これ以上飲めないし、お腹もいっぱい!
なのに、会場を去ろうとする前にシャンパンに手を出す我々・・・ (シャンパンは別途1杯500円)
e0155475_1401072.jpg

まだ陽があるうちにすでにほろ酔いって(笑)。
外で飲むのには気持ち良いお天気のせいもあってか、初アペリティフの日、大満喫です!

e0155475_1441475.jpg

徒歩圏内だったから思わず寄っちゃったフィオレンティーナ
コストコに比べると、なんて上品なお味なんでしょ(笑)。 甘さ控えめのカシスが美味しかった~♪

プロのお仕事人。
[PR]
by uriurip | 2009-06-08 14:44 | 催事めぐり

銀ぱちロール

5月19日から本日25日まで、日本橋三越で行われている『第5回 世界のホテル 逸品グルメフェア』。
内外の約28軒のホテルが、お惣菜や洋菓子の販売をしており、
今回は、『ザ・ペニンシュラ東京』と『シャングリ・ラ ホテル 東京』が初出展だそうです。

土曜日に出勤だったうり坊から、「いいもの買って帰るよ~。」との帰るコール。
e0155475_1655559.jpg

手にした袋は久しぶりの『ホテル西洋銀座』のもの。
「ん? シャングリ・ラじゃないのー?」 (シャングリ・ラではホテルでケーキ等の販売はしてないのであります)
と聞くと、知り合いに会ったのでなんとなーく買わないといけないような状況になったとのこと。←気が弱いのか・・・

箱を開けると出てきたのはロールケーキ。
e0155475_1702178.jpg

うぅむ。  ロールケーキ自体はもはや珍しくはないが・・・
と思ったら、こちらのロールケーキには、『銀座ミツバチプロジェクト』による、銀座のハチミツが使用されているとのこと。

『銀ぱち通信』なるものが同封されていたので読んでみると、
このプロジェクトは2006年から始まったそうで、蜂の行動範囲は4キロ四方、銀座の緑が少なくても、
皇居や浜離宮から蜜を運んでくるそうです。

なにーーー 皇居の蜜(も入ってるかも)なの~?!
ナドト思うと、とたんありがたさも違ってきたりする、ゲンキンなツマでありました。

ぷんと漂うハチミツの香り。 クリームと共に巻かれているのは今でも厨房で手作りされているという自慢のマーマレード。
ほんわり、ふんわりとしたロールケーキ。 マーマレードのアクセントも良く、とても美味しかったです!
 

おまけ。
[PR]
by uriurip | 2009-05-25 17:16 | 催事めぐり

お腹いっぱいワイン

e0155475_1614402.jpg

4月22日から新宿伊勢丹で始まったフランス展。
今回はフランス南西部、『フレンチバスク』を中心に紹介されているそうです。

Web会員向けに募集があった、Domaine Milanドメーヌ・ミランのワインセミナーに参加してきました。
ミラン氏の畑は、コート・デュ・ローヌとプロヴァンスの境、マルセイユから100kmほどのところにあり、
土壌は青泥土、粘土石灰質で程よい湿度を保ってくれているそうです。

こちらのワインの最大の特徴は『ビオロジック』。
酸化防止剤で頭痛のしない、オリジナリティのあるワインを目指してビオロジックに行きつき、
ノンフィルター、ノンコラージュ、無濾過、無清澄で、ケミカルなものは
ラベルの糊に至るまで使っていないそうです。
案内の小冊子に『月の満ち欠けと重力によって瓶詰される』と書いてあり、
?????、いったいどーゆうこと? なわたし。
「ワインが入っているタンクを海に例えているのです。満月に髪の毛を切ると伸びるのが早いと言われていますが、
満月は気が満ちて落ち着かず、ワインも濁る。だから試飲も瓶詰も新月に行っています。」とのことでした。
な、ナルホド。

「ワイン作りは恋のようなもの。 愛を与えて愛をもらうようなものです。 
ブドウを痛めないように、負荷をかけないように、ゆっくり呼吸させて、ゆっくり育てる。
醸造も、圧搾も、すべてゆっくりゆっくり行います。」
冗談など言わないような印象を受けたのですが、ピンクが好きなので(お召しになっていたのもピンク)、
キャップシールもピンク。  たしかにエチケットはシンプルなのにものすごーくかわいいピンクなのよねー。
e0155475_16384443.jpg


試飲は5品種を合わせて作られているという白から。
e0155475_16405627.jpg

注がれてびっくり、この白ワイン、濁っているのです。
ろ過も清澄もしないということは、こういうことなのねー! を実感。
当日買ったのはこの白ワインでした。

続いてロゼ。
e0155475_1645685.jpg

糖度が高く、通常の期間を過ぎてもアルコール発酵が終わらず、倍の10カ月でようやく落ち着いたので、
『クレイジーのロゼ』と呼んでいるそうです。
アペリティフにおススメ!とおっしゃっていましたが、たしかに!!
甘味がほどよく感じられて、ぐいぐいいけちゃいそうです。
(実は今日、これを買いに再び行ってしまいました)
ちなみに、フランス人はロゼをワインと思っていないそうですが(ほんと~?)、
ミラン氏は「美味しいロゼワインがすべて日本にあることを知りました・・・」とのこと。

最後は赤。
e0155475_16532547.jpg

南フランスのワインなのに、ブルゴーニュのピノ・ノワールのような口当たり。
うーーん。
ここのワイン、ブドウから余すことなくみっちり絞ってますよ~のせいか、
1杯飲むと、お腹がいっぱいになるんです・・・ (たぶん、気のせい)
ミラン氏ご自身が『自分が好きなワインを作ることを考えている。』と言ったように、
少々個性のあるワインのような気がします。
興味深いお話も聞けましたし、頭もお腹も一杯になれた1時間でございました。


ちなみに、フランス展。
奥沢のクピド! パッと見ただけですが、バケットサンド(バケットは売っていたかも)だけなのはつまらなーーい!!
月イチで奥沢に行っていた時は、朝にクピド!、帰りにパリセヴェイユに寄れて楽しかったな・・・
あそこのクロワッサンダマンド、また食べてみたいものです。

悪魔と契約してるから?
[PR]
by uriurip | 2009-04-24 17:11 | 催事めぐり

いざ 八重洲!

ここ数年、春秋の外せない行事となっている、こちら
初日から張り切って行って来ましたよ~。

『第75回世界の酒とチーズフェスティバル』 
会期は4月15日(水)~4月21日(火)まで。
大丸東京店11階で催されております。

毎日200種類の試飲が可能! な、この催事。
参加にあたっては、服装等々に気をつけなくてはいけません。
人が密集しているわ、飲むわで、会場は熱いし、暑い。
薄着・荷物小さめは私的には必須(笑)。

定時に上がっていそいそと八重洲に到着するも、相棒のうり坊は残業の様子。
アラ伊勢丹よりレギンスがそろってる~、ナドト買い物をしようかと思ったところで登場したので、
レギンスを忘れてすぐさま会場へ。 
エレベーターに乗るほとんどの方が11階に用があるようです(笑)。 ←あたしもよ♪

我が家が行く西の方にある伊勢丹の、イタリアワイン催事で会うマダムがいるのですが、
今回もその方のブースでご挨拶がてら最初の一杯。
うひひ。 仕事後の一杯は格段とおいしーのであります。

イタリアワインのエリアは密集度が高いようなので、
適度に楽しんだのち、次のエリアに移動することに。
と、ボルドーエリアで見つけたChateau Puygueraudシャトー・ピュイゲロー。
先日書いた、ポムロールのティエンポン家を調べた時に出てきたシャトーなので、
買いたいな~と思っていたところで遭遇。
2005年が欲しかったのですが、「去年で売り切れました。。。」とのことで、
売っていた06年を購入いたしました。
(「神の雫」でも話題になったんですよ。と言われましたが、私は読んでないのであります)

その後もうり坊に連れられるまま、あっちこっちで、ぐびぐびぐび、っと。
(あ、あくまでも買うための『催事』であって、試飲大会ではありませぬ)
夏に向けて飲みたいもの、ということで、白と発泡ものをメインに選び、
1時間強でお買物は終了。 となりました。
e0155475_11553454.jpg

577円の送料で一箱送れるのですが、ちょうど12本。
「すごいね~、ぴったり。」
と驚いたら、
「ちゃんと数えてたけど・・・・」
B型夫にしてはA型みたいなことを。

身軽になってチーズ売場をのぞき(いちおう、チーズフェスティバル、でもあるし)、
『ジッコ』というオランダ産の山羊のチーズが気になり、試食。
ブリー好きなのですが、食べやすかったので買ってみました。 これも楽しみ。 うひひ。

e0155475_1317997.jpg

最後はエノテカのワインバーで一杯。
Chateau Certan de Mayシャトー・セルタン・ド・メイ。
今回は控えめ?に、「二人で1杯でいいですから~!」を貫いたせいか、
ほどよい酔い加減で家路に着けました・・・ ふぃ~。 今回も満喫いたしました!!

余計なことだけど。
[PR]
by uriurip | 2009-04-16 13:47 | 催事めぐり

祭典に参戦!

e0155475_16481122.jpg

参戦・・・  ナドというのはおこがましいですが、
年に一度の『チョコレートの祭典』に参戦してきました!

More
[PR]
by uriurip | 2009-01-27 17:12 | 催事めぐり