カテゴリ:家ごはん( 23 )

かんたん、なんですけどねぇ

e0155475_1612778.jpg
先週末コストコに行ったとき、ふと目に着いた活ムール貝。
こんなの売ってたとは知らなかったーー!!
もちろんお買い上げですよ。 むふふ。
これね、料理方法はシンプルなのですが、お掃除が少々めんどくさい手間がかかります。
わたしが習ったのは、貝同士でごりごりと表面の汚れを落として、
出ているひげのようなものをひきぬく、というやり方です。
後ろでテレビを見ながら、「うひー うひー」 ←ウソです。 こんな笑いかたではないけど。
と楽しそうにしているうり坊を恨めしく思いながら、お掃除、お掃除です。
きれいになったムール貝は、にんにくみじん切り、アンチョビー、
唐辛子をオリーブオイルで炒めたお鍋に一気に投入。 そこへ白ワインも。
はい、あとは蓋をして、貝の口が開くのを待つだけです。
かんたーん。 でも、お掃除が。。。 ←シツコイ

そしてムール貝といえば、イモのフライが付きものです。
e0155475_1625163.jpg
揚げる気力はなかったので(苦笑)、帰宅途中にマクドナルドで購入いたしました。
(どのサイズでも150えん期間中だったし!)
鍋いっぱいのムール貝をほおばりつつ、時々イモのフライもほおばり。
e0155475_1628972.jpg
ぐびぐびと飲んでいたのは、イタリアの白、ラクリマ・クリスティ。
ああもう。 至福の週末でございました。 また見たら、お掃除忘れて買っちゃうと思うー。
e0155475_1631499.jpg
貝から出た美味しいダシは、パスタにしても良いのですが、今回は後日リゾットに変身。 
これはウデはいらず、ダシの美味しさだけでいけちゃいます。
コストコ通いの楽しみがひとつ増えました^^
[PR]
by uriurip | 2012-03-01 12:08 | 家ごはん

食べ過ぎるもの

母の実家で何年か前から復活した年末のお餅つき。
薪で火を焚いて、もち米を蒸して。さすがにつくのは機械ですが、それでも美味しさは売っているのとは違うのですよ。
「お米代払うからわたしのところにもついて欲しい!」
と母経由で叔母に頼むと、翌年からもれなく「お餅つき、○日だから。」と連絡がくるようになりました(笑)。←取りにおいで、ってことです
e0155475_20505445.jpg

我が家用のお餅。一升分。
二人家族には十二分過ぎる量ですよ(苦笑)。
子供のころ、お餅つきの翌朝、母が正座してお餅を切っていたのを思い出しました。
我が家は乾燥が激しいのか、翌朝切ると固くなりすぎて切れなくなります(涙)。
今年は夜のうちに切って大正解。
小分けにして冷凍したので、しばらく楽しめます。

でもねー、美味しくって食べ過ぎちゃうのですよ、とほほ。
[PR]
by uriurip | 2012-01-09 20:26 | 家ごはん

11年目のおうちごはん

e0155475_15574288.jpg
「好きなの開けていいよー。」とうり坊に言ったところ、
選んできたのは、シャトー・フィジャックのセカンド、ラ・グランジェ・ヌーヴ・ド・フィジャック2003。 
開けたては、「ん??? こんなものなのかな~?」という感じだったのに、
翌日以降、素晴らしく変化!!  香り、お味、ともに、すっごく好みーーー!!!
新たに買ってしまおうかと思ったくらい(笑)。

仕事帰りにうり坊と待ち合わせて向かったのは車のディーラー。
うーむ。 なんとも味気ないデートだったなぁ(笑)。
しかも、食べてみたいネタがあって寄った先は『くら寿司』。
ぱぱっと食べて家に戻って飲み直し・・・・ と、出てきたのが上記のワインです。
e0155475_1695665.jpg
出勤前に仕込んでおいた牛のタタキ。 強めに塩・胡椒をして焼いたものを、
しょう油、酒、ニンニク、玉ネギで作ったタレに漬け込むだけ。
簡単!! でも、おいしー! 牛より、鶏・豚派のわたしですが、たまには牛も良いわ(笑)。
玉ねぎのみに見えますが、ルッコラ・クレソンと、苦め葉物と合わせて食べると、美味しさ倍増◎。
e0155475_16143075.jpg
〆は、ジャン=ポール・エヴァンのモンブラン。 (たしか)金・土・日だけ売られてます。 
これを買いにお伊勢に行ったら、偶然母に会ったのでおすそわけしたところ、
「エヴァンさいこー!」とメールが着ました(笑)。  わたしもそう思う(笑)。

11月18日は11年目の記念日でした。
入籍したのが3月なので、年が明けると早くも12年ですが(笑)、
結婚式を挙げたのがこの日なので、こちらが本当に記念日っぽいような。 
また1年、楽しく、仲良く過ごせますように。
[PR]
by uriurip | 2011-11-30 17:42 | 家ごはん

今日こそカレー

きました! きました!! ついにきましたよー。 年に一度、あるかないかのラッキーデーが!

といっても宝くじとかではなく、当たったのは『ボール』。
先日の敗戦に、森下、そして地元でと、フットサルが続いたのですが、
地元フットサルにて、わたしにまさかのゴール量産デーが訪れました。 うほー!
この日はアキレス腱断裂から約4ヶ月ぶりにサカモトくんが復活。
量産、といっても、彼がゴール前にほうり込むボールに足をさしだすだけ、
という、おいちいゴールなんですが(苦笑)。
んまー 続くときは続くもので、おもしろいように入るのです。
よけようとしたボールが、太ももに当たっても入っちゃうのですから。 ←おかげでアザ
うり坊曰く、わたしとサカモトくんはタイミングが合うんだとか。
おまけにキックイン(フットサルはスローインでなくて、ライン上においたボールを蹴りいれる)で、
ループで入れたボールをサカモトくんがヘッドで合わせる、という事態まで。
(あんなボール、いつから蹴れるようになったの? と言われたけど、たぶんまぐれ)
あああ。 いったいわたしに何が起こったのか(笑)?
「一年分の運使い果たしたんじゃないの?」と言われましたが、それは困るー!!
来週もどうかあの好調が続きますように。
e0155475_11334898.jpg
さすがにフットサルの後にカレー、という感じでもなく、母のカレーは昨晩食しました。
葉物がお高い今日この頃。 比較的買い求めやすかったキャベツを使って、
奥薗壽子さんのレシピによるコールスローを添えて。
千切りの玉ねぎ、人参をビニールに入れて、塩をしてモミモミ。
しんなりしたところにキャベツの千切りも加えて、オリーブオイル、ハチミツ、お酢、コショウを入れ、
10分ほど重しをしたらできあがり! というお手軽な一品。
しかしカレーって、作りり手の好みとか気分とか、各々の家庭の味わいがもろに反映される料理のような。
(最初の手料理がカレーって、この先やっていけるかとか解かれたりして・・・)
わたしは、どれもこれもみじん切りにしちゃうことが多いのだけど、
母のカレーは、具がごろん、ごろん、というタイプ。
(うり坊父作のカレーも、わたしがこれまで食べたことがないようなタイプ。 シーフードとか)
数日寝かされたカレーは美味しかったー!!  ごちそうさまでした^^
ちなみに。 
「あったから入れてみた。」と言ってたけど、母のカレーには、大根が入ってました・・・
[PR]
by uriurip | 2011-09-16 12:10 | 家ごはん

生ハム月間

9月。 桃と生ハムを合わせる美味しさを知ってしまったわたし(笑)。
禁断症状を抑えきれず、生の桃は今だけだよーーー!
と、あの翌週もハム買いをしてしまったのでした。 うはは。

さらに翌週。
とーこさんから「犯罪的においしいハムとモッツァレラが西武にある。」との情報を得、
店名を確かめる前にフライングして行ってしまったせいで、
別店舗の生ハムを入手してしまったけれど、三度ぱくり。
今月のワイン買いフェアを前にして、我が家の1軍2軍(というほどあるのか??)
入れ替え戦真っ最中の在庫から、モルドバの赤を開けてしまったのでした。
(我が家ではあまり飲まないピノ・ノワール、でも美味しかった!!)

で、先週末。
実は西武に行ったのも、リゾットに使うイタリアのお米を探していたからなのですが、
結局無く、これはイータリーに行くしかないかも・・・ と思っていたら、
「吉祥寺のアトレにイータリーができたらしいよ。」
とのうり坊情報で、駐車場難民(吉祥寺は昔から変な時間に行くと駐車場がない気が・・・)
になる前に家を出た結果、開店10分前には到着しておりました。 ←気合い入り過ぎ
そしてイータリーに直行すると、アラびっくり。
というか、当然というか。   店舗がちいちゃーい!!
そうだ、ここは駅ビル。 米なんて置くわけないわ。 とほほ。
でもね、そこで目についたのが、オープン記念とやらで100g698円という生ハム。
e0155475_16161037.jpg
買っちゃいました・・・
吉祥寺のあとに寄った、パサージュ ア ニヴォのバケットの上に生ハム、ベビーリーフとチーズのせ。
お昼だったけどね、イタリアの白を開けちゃいましたよー。 あぁしあわせ・・・ 
と思いつつ自分のブログを開くと、西武の店舗は『SENO』だったことが判明し、
がっくしするのでした。(わたしが行ったのはタンブリーニ)

そして昨日。 帰宅するとポストにはお伊勢からの誘惑が(笑)!
イタリアフェア、10月5日からなのねー。
むむむ。 なんだか気のせいか、こんなものなのか、ワインの価格がお安くなったような。
Tワイナリー行きも控えているというのに、うり坊、行く気満々です(笑)。

おまけ
[PR]
by uriurip | 2010-10-01 16:36 | 家ごはん

今季初

e0155475_14493047.jpg
今季初の牡蠣は、炊き込みご飯。
出汁やらお醤油やらでさっと煮たあと取りだしておいて、
最後の蒸らしで再度のせて、ふっくら、ぷっくり。 ショウガも効いておいしー!!
ご飯炊きはコレを使っているので、もれなくお焦げ付き(笑)。
[PR]
by uriurip | 2010-09-29 14:54 | 家ごはん

ヤムウンセン(風)

e0155475_16102151.jpg
冷蔵庫にスイートチリソースがあるのを見つけ、中途半端に残った春雨を2袋見つけ、
はて、何に使おうかなーと思って作ったのがヤムウンセン(風)。
チリソースにレモン汁を適当に入れ、辛みが足りないからと、舞妓はんひぃ~ひぃ~を加えてソースを作り、
具はこれまた手に入るものを適当に。(春雨、挽肉、海老、きゅうり、紫玉ネギに、ピーマンまで入れた)
そうそう、香菜を忘れちゃいけません。 わさっと、たっぷりと。
ナンプラーも入れてないし、あくまでも(風)です。
タイ料理は夏になると食べたくなるけれど、夏の終わりに食べてもおいしかった(笑)。
ボールにたっぷり作ったのに、2/3はうり坊のお腹に。
3食タイ料理は嫌だけど、たまにはいいらしい(笑)。

タイ料理を初めて食べたのは30歳を越えてからの職場の忘年会。
「美味しいから食べてみて~。」と渡されたトムヤムクンでしたが、
海老以外、どの具を食べていいのかわからなかった(汗)。
それから1年半後に社員旅行と称してタイに行ったころには、すっかりタイ料理好きになっておりました。
今でも伝説?となっている旅行は、親分を筆頭に男性6人と女性はわたし1人。
バンコクから日帰りでパタヤビーチ沖の小島に行ったのですが、
そもそも海で泳ぐ格好なんて誰もしてないし、木陰でだら~~んとビールを飲み、
おばちゃんが売りに来る海産物をほおばる怪しい日本人一向。
「うりぴーさん・・・ これね、ぜったい日本のそれ系の人が愛人連れで来てる風に見えてるよ・・・」
誰それさんがわかがしら、誰それは鉄砲玉だな! と盛り上がるアホな大人たち。 とほほ。
(しかも胃腸が弱い親分は夏のビーチで腹巻してたんだもん・・・)
同じホテルに滞在していた関係先の出張者は、
たまたま会って朝食会場へ向かって一緒に歩いていたわたしと親分を見て、
「O先生が愛人連れてる・・・」と挨拶したのに目をそ向けられる始末。
むむむ。 タイはそういうところなのか(笑)??
その後もう1回仕事で行って、最後はうり坊と。
3食タイ料理を食べる気満々で行ったわたしに対して、
うり坊が喜々としていたのは、ふかひれ(当時バンコクで食べると安いと言われてた)と
マンダリンで食べたハンバーガーだ(笑)。
タイ料理を食べると、色んなことがよみがえってきます。 また行きたいなー。
[PR]
by uriurip | 2010-09-22 17:02 | 家ごはん

こんなんだから。

『今年の桃は甘い』
というニュースをあちこちで見てから、ものすっごく桃食べたいモードになっていたこの夏。
先週福島の某所からお取り寄せをしたのですが(スイート光黄と清水白桃)、
あの暑さのせいで追熟がはやいはやい!!
冷やしてそのまま食べるのが好きなのですが、
たくさんあったので、一度試してみたかった二品を作ることにしました。
桃は熟れるし、今度ふたりで家ごはんをするのは月曜以降なので、
冷製パスタを作るにはちょと物足りない暑さの日だったけど、それはさておき。
e0155475_1653638.jpg
これは作ったものではなくつまみ(笑)。
ハム売り場で数種類のサラミをちまちま切ってもらっています。
e0155475_16554544.jpg
生ハムをしいた上に、マリネして焼いた桃とモッツァレラ、ドレッシングで和えたルッコラのせ。
以前テレビで見て作ってみたかったジェイミー・オリヴァー氏のレシピです。
オリーブオイルでマリネして焼いた桃ははたしてうまいのか?? と思っていましたが、
これが合う。合う。合う~~。
e0155475_16585628.jpg
スプマンテのロゼもすすんじゃうんだわ、これが。
e0155475_1704992.jpg
それに、桃の冷製パスタ。(桃のせすぎ)
これまた、トマトソースと桃???でしたが、これもまた不思議と合う。

「今日は涼しいねー。」という親分に、
「そうです。今日は涼しいんですけどね、こんな日にわたし、桃の冷製パスタを作らねばならないんです。」
と言ったら、親分お茶噴いてた(笑)。
先日恵比寿の神戸さんのところで桃の冷製パスタを食べたという親分、
「桃とね、生ハムと手打ちパスタ、あれは美味しかったよーーー。」
だそうです。 トマトソースは使っていないみたいで、わたしもそれ、食べてみたいわ・・・・

桃と生ハム祭り・・・ に加えて、お肉も少々焼いたりなんかして。
こんなんだからコレステ値が下がらないのねー。 とほほ。
[PR]
by uriurip | 2010-09-10 17:08 | 家ごはん

カレ~~~~!!

日ごろわたしが作る食事に文句は言わないうり坊ですが(自分で作らない人のため)、
カレーの時だけは予告が必要となります。
いざという時(時間がないとかおかずがないとか)に社食でカレーを食べることもあるらしく、
昼夜2食カレーは避けたいなーということらしい。

よっしぃさんのところでカレーの話題に触れまくり、
おまけに『ナンともおいしい♪』を連呼するカレーのCMまで目に付いちゃって、
「カレー、カレー、カレー」
週明けから頭の中がカレーでいっぱい(笑)。
うり坊にも予告を済ませ、カレー作る気満々で出勤した火曜日、出勤した親分からひと言。

「うりぴーちゃん、冷蔵庫にカツがあるから。」
前日の夕方、関係先の方々が持参したカツを試食がてら食べてね、とのこと。
「今夜はカレーだからカツは食べられない。」
と、のせ系カレーもアリ、ということをすっかり忘れたわたしは、
お昼にそのカツを食べることにいたしました。
ムネとモモの2種類の部位に、何かをはさんだのやら数種類。
お肉そのものにもこだわったとのことで、おいしゅうございました。
えぇそのときはたしかに美味しくいただいたのです。
ところがね、家に帰ったころから胸はムカムカ、立ちくらみまでしてきちゃって。
(立ちくらみをしたのは人間ドッグの結果を見てたときだけど結果のせいじゃないと思う(汗))
んもーカレーを作るどころか、立ってるのも辛くなってダウン。
うり坊には外でごはんを食べてくるようにお願いしました。
ムカムカは深夜まで続いたけれど、カツが原因とはなんともいえず、
翌日になって関係先に送った感想には、「大変美味しくいただきました」と書いたわたしです。
ちなみにその夜行ったフットサルで、自分の汗からカツのにおいがしているようで
気になって気になってしかたありませんでした。

で、昨晩ようやく作れたカレー(笑)。
e0155475_1739433.jpg
玉ねぎ、人参、ピーマン、カボチャにズッキーニ、ナス、ひき肉。 フープロで手抜きみじん切りをして作ったもの。
みじん切りのピクルスか、レリッシュを添えてもおいしーです。
でももうちょっと辛いのが食べたかったなー。(すでに冷凍庫で保管中)
今度はよっしぃさんのとこみたいのなのや、某御方のワイルドなカレーみたいなのにしてみようっと。
[PR]
by uriurip | 2010-08-28 17:46 | 家ごはん

夏だって。

e0155475_16525828.jpg
先月イータリーに行ったときに買ったペコリーノ・ロマーノを使ってカルボナーラ。
夏だって、暑苦しくったって、こってりとチーズたっぷりのカルボナーラが食べたかったのです、
なぜなら、たぶん、人間ドック後だったせい(笑)。
夏でも美味しかった、カルボナーラ。 あと3回分くらいチーズがあるからまた作ろうっと。
e0155475_1723134.jpg
トマトと、フレッシュな山羊のチーズを軽く焼いて、オリーブオイルとお塩で。
オイル漬けでない、フレッシュなフェタチーズがあると聞いてヒサダに行くのですが、振られること3回。 
で、薦められたこのギリシャ産のチーズ、あっさりとフレッシュで美味しかった~!
e0155475_17933.jpg
ざっと炒めた適当野菜(ナスとかいんげん、オクラとトマト)と、焼いた肩ロースを、ルクでこれまた適当に煮込んだもの。
この3つで、なんだか久しぶりにきちんと料理した気になった勘違い主婦→わたし。

この日、料理をしていると、『どーん。どーん。』と花火の音が聞こえてきて、
遠くに、でも比較的くっきりと花火が見えました。 
よっ〇ぃさん、見てるかなー?と思いつつ、涼しい部屋でワインぐびぐびしとりました(笑)。
e0155475_17194058.jpg
そして食後は、これまた夏に不向きのような、エヴァンのチョコレートケーキ。 うまし。
そっか、涼しい部屋で食べるとこってりでも美味しく食べられるのねー。(調理中は汗だくだけど)
[PR]
by uriurip | 2010-08-12 17:21 | 家ごはん