カテゴリ:2010 鎌倉( 1 )

ぷらっと鎌倉

e0155475_13582398.jpg
1ヶ月ほど前ですが、母と姉と3人で鎌倉へ行ってきました。
お写真は鎌倉駅で撮った江ノ電。
たぶん30年近く前のこと。 我が家と従姉妹たちとで鎌倉の海に来たのですが、
その時、なぜか姉だけ先にひとりで江ノ電に乗ってしまい、「〇〇ちゃんが乗っちゃったー。」
という子供たちの声に母びっくり。(駅員さんにはすぐに伝えたけれど)
さらに驚いたのは、線路を姉が歩いて戻ってきたこと(笑)。
『鎌倉の思い出』といえば、線路を歩いてきた姉の姿。 当時を思い出して、3人で笑ってしまいました。

この日は某旅行会社主催で、拝島・立川・府中本町から直通で鎌倉まで行けてしまうという楽ちん電車旅行。
到着した鎌倉は今にも雨が降りそうなお天気でしたが、まず向かったのはKIBIYAベーカリーです。
e0155475_1493730.jpg
西口で降りて御成通りを進んでいくと、あれ? 通り過ぎちゃったかしら?と思った頃にお店発見。
ちょうど焼き上がったパンが並べられて、目をランランとさせてパン選びをする姉妹をよそに、
店員さんや地元のお客さんと話しだす母(笑)。
(地元の方曰く、「市場に入っているお店よりこっちの方が美味しいです!!」だとか・・)
今度は2階のレストランにも来てくださいねー、と言われて知ったのですが、
こちらのお店は2階がビストロになっているもよう。 気になります~。
e0155475_14221497.jpg
某御方が絶賛されていたスコーン。 これ。 ほんとにほんとに美味しいです!!
かみしめた時の味加減といったら!  んもー これを買いにいざ鎌倉!!したいくらい。
e0155475_14245282.jpg
あまりスコーン類の粉モノに心ひかれないタイプのうり坊が、「もう1個食べてもいい?」と言ったほど。
(あてにしていいのかわからない基準(笑))。
ちなみに姉は、お店を出たとたん良い匂いに我慢できず、「おいしー、おいしー。」と、食べ歩きをしておりました(苦笑)。
e0155475_14315317.jpg
きっちり焼きあげられたゴマたっぷりのこちらのパンも◎。 また買いに行きたいパン屋さんのひとつです。

その後は長谷寺方面へぶらぶらと。
おしゃれな鞄屋さんがあるのねー、と入ったところは『土屋鞄製造所』のショップ。
通販で2度ほど買ったという姉に力説され、いいかも・・・欲しいかも・・・・ と思ったり。(思っただけにとどまった)
骨董に目覚めつつある姉&元皿買いオタクの母、に連れられ骨董屋さんに入ったり。
興味がないわたしが見ても、素晴らしく美しい朱色の古伊万里やらにうっとり。
目の保養をさせていただきました。 

そして目的地の長谷寺に到着!
と、その前に腹ごしらえ(笑)。 (電車の中でおにぎり食べたんだけどあれは朝ごはん?)
母の記憶をたどってたどり着いた湯豆腐屋さん。
いただいたお豆腐が美味しかったので訊ねてみると、手広、という所にある『林とうふ店』のものだとか。
「ここの湯葉が美味しいのよ~~。」
とお店の方が絶賛されていたので、次回鎌倉へ来た者が買いに行くべし、という話でまとまりました(笑)。 

というわけでたどり着いた長谷寺。 このころは梅が咲いておりました。
e0155475_156558.jpg
雨の中街歩きもなんだし、写経なんていいんじゃないの? と、こちらへやって来たのであります。
長谷寺では毎日午前9時~午後2時までの受付で、入山料+1千円で写経ができます。
私たちが選んだのは『般若心境』。
(しびれ防止の器具もあるので正座でも心配なし)
むむむー。 筆で字を書くだなんて高校以来だわ(汗)。
なぞるだけ・・・ といっても、なかなか難しいものであります。
心を落ち着かせて写経せねばならないというのに、1時間もすると筆を持つ手がぶるぶる。
姉は書きやすい筆作りを怠ったため(煩悩がありすぎた・・・ とは本人談)、
あ、あんたそんな字書いてたっけ? の出来栄え。
就学前から書道は習わせてもらった姉妹なのに、母がっくし、の出来栄えだったに違いない(笑)。

e0155475_15202084.jpg
最後は長谷寺そばの干物屋さんでお買いもの。
白えんどう豆で白餡を作る和菓子屋がほとんどだけど、本物はこれなのよーと教えられて、
白小豆、というめずらしい小豆を買ったものの、まだ煮てないことを思い出したわ(汗)。
家に帰ると、袋の中から出てくる食べものたち(パンにわらび餅、遠足用のおやつ残り、などなど)に驚くうり坊。
え? 旅の楽しみといえば食! ではないの?
[PR]
by uriurip | 2010-03-16 15:32 | 2010 鎌倉