<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スッキリ。

e0155475_23585790.jpg

2年半ほど前、ある方のblogを読んで知った「リンパドレナージュ」というマッサージ。
詳しいお店の情報はふせてありましたが、なんとか探して電話をしてみました。
取れた予約は4ヵ月後。
すべてお一人でやられていて、2時間びっちりと施術をしてくれて、大変大変満足。
次の予約は4~5ヶ月先、なんていうのが続きましたが、
ここ1年はほぼ1~2ヶ月に一度のペースで通えるようになりました。

押したり揉んだり・・・ というのとは少々違うけど、うり坊曰く、
『アクが溜まってる』私の場合、たいていある部分にくると
「ひーえーーーーーーーーー。」  (あくまでも心の中で叫ぶ)
となります。
ひざの上とか、足首とか、手首とか、腕とか、胃の辺りとか。
(ほぼ全部ではないだろうか・・・)
特にね、足首と手首、「ごりごりごりごりごり」ってな感じでいじられると悶絶よ~
(あくまでも心の中で)

そして本日も行ってきたのですが、今だかつてないくらいのアク溜りだったようで・・・
実は旅行に行く日、珍しく右手中指に幅のある指輪をはめたのですが、
それ以来、一度も指輪が抜けないのです。
「旅行中の不摂生で太ったのと、ムクミなのか、指輪が抜けなくって。」
と笑いながら話していたのですが、ふくらはぎ辺りを触ったTさん。
「なんだか本当にパンパンという感じで張っていますね。むくんでます。」
驚いておられました。
んもー、今日はどこをいじられてもイタイ。
初めてTさんに、
「痛いですよね・・・ お体、弱っていると思いますよ。」
と言われてしまいました。

たいてい途中でウトウトしてしまうのですが、ウトウトしながらでも痛さは感じてた今日。
あぁぁ。 どんだけアク溜りなんだろうか。
上半身、下半身、裏、表、とアク流しは続き、首、頭まで。
そして目頭部分を『プチッ』と押された瞬間。

「キターーーーーーーーーー!」(あくまでも心の中で叫ぶ)

スッキリ。 一気にまぶたが軽くなりました(泣) 

暖められたベットと、下腹部にのせられた暖めた(おそらく)石のおかげで
本日は大量に汗をかきました。
でも、身体が汗でベトつくようなことがないのは不思議。
時差ボケもないし、疲れもないな~と思っていたのですが、
実は身体にはしっかり蓄積されていたようです。  反省。
いつも以上にスッキリ、満足した夜でありました。

でも。
指輪はまだ抜けませんわ・・・ (帰宅したうり坊から開口一番聞かれたけど)
どうしたらいいのだろうか。 ホントに。
毎回残ったオイルをいただくのですが、これで指マッサージしようかしら。
[PR]
by uriurip | 2008-11-28 00:32 | 日々の生活

帰ってきたネコ

9月ごろ、うり坊が海外からの小包を持って帰宅しました。
ゲストの方が、わざわざトランジットの香港から
お礼のお手紙と共に、5個ほど荷物タグを送ってくれたそうです。
何を気に入ってくださったのか、こういう方もいるのねー。

せっかくいただいたので、今回の旅行でさっそく使ってみました。
選んだのはネコとクマのバゲージタグ。
出発前夜に、ペンで書き書きして装着しました。


最初の目的地、フィレンツェの空港にて。
スーツケースを受け取ると、うり坊の名前が書かれていたネコがいなくなっておりました。

「あれ? あれ? ネコが付いてなーい!」

いきなりいなくなるなんて。
うり坊、少々ショックを受けておりました。
(その後、いちいち紙のタグに書くはめになったし)

ところがですね
[PR]
by uriurip | 2008-11-25 19:10 | 2008 イタリア・フランス

冷静と情熱のあいまに

e0155475_22364527.jpg

ドゥオーモから下りると、すでに11時過ぎ。
上り下りのほど良い運動で体が温まったところで、お次はジェラートのお店へ。

目指すお店は、ドゥオーモからサンタ・クローチェ教会へ行く途中にあります。

どこ~?
[PR]
by uriurip | 2008-11-22 22:46 | 2008 イタリア・フランス

頂上への道のり

e0155475_22342064.jpg

食材やら地図やらを抱えて、ドゥオーモへの上り口を探す我々。
お写真の上部にちびこく写るあそこへ行くのが、今回フィレンツェでの目的なのです、実は。
某「地球の歩き方」を参考にして入り口へ行ってみれば、なんとそこは出口。

「ぬぁに~~?」  (ガイドブックってあてにならんの?)
「ってことは、反対側なのよね・・・・・」

と、ドゥオーモほぼ一周ののち、無事に入り口発見。  入場料を支払い、早速階段のぼり開始っ。

このために?
[PR]
by uriurip | 2008-11-21 22:13 | 2008 イタリア・フランス

なにこれ~!?

e0155475_2132319.jpg

うり坊が休暇中、元同僚くんがわざわざ職場に託していってくれた彼の故郷の銘菓。

「もなか? ふ~ん、なかなか渋いおみやげだねー。」

「これおもしろいから早く食べてみなよ。」

と、うり坊に言われて、はむはむと食べてみると・・・

More
[PR]
by uriurip | 2008-11-20 21:29 |          *和菓子

お酉さま

e0155475_1631344.jpg

毎年職場の親分と行っているお酉さま。 (あ、去年は行かなかった・・・)
以前はこのあと、知り合いのシェフがいるお店でランチ、のコースだったのですが、
残念ながらお店を移動してしまったので、今年は午後から。
e0155475_1634276.jpg

神社に近づくと、靖国通りから露店が出ています。
場所柄なのか時代なのか、それとも酉の市のせいか、
子供向け、というより、大人向け、の内容ですねー。
(串に刺して焼いたお肉とか魚介とか。 飲み屋さんぽいのも何軒も)

お参りを済ませて、いつものお店で熊手を購入します。
e0155475_16382897.jpg

初めて来た時、何軒もあるお店からここを選んだのは、
お店の番号の縁起の良さから(笑)
今年はすでにありませんでしたが、毎年サブちゃんの売約済みの名札が付いた、
それはそれは大きな熊手が飾られています。

熊手を買うときって、お店の方にご祝儀を渡すものなんですね・・・
ナゼに親分が熊手にお札をはさんでいるのか、最初はわかりませんでした。
お店の人と一緒に三本締めをして、無事購入終了。
帰りは福を集めるように、熊手は手に持って帰ると良いそうです。

冬至が過ぎてから、穴八幡神社へお札をいただきに行くもの恒例になっています。
小さい事務所ですが、お仕事が続けられるのはご利益があるからでしょう!
今日も熊手に見守られて?仕事をしています。
[PR]
by uriurip | 2008-11-19 16:30 | 日々の生活

フィレンツェの朝

e0155475_2251644.jpg

自然と目が覚めた7時ちょっと前。 しばらくすると鐘の音が聞こえました。
あぁぁ・・・・・ ここはヨーロッパ。 間違いないのよね。

朝ごはんを食べに行ったホテルのレストランからは、ドゥオーモの屋根が見えました。
んもう、さっさと出かけるしかありませんっ

最初に向かったのは
[PR]
by uriurip | 2008-11-17 21:58 | 2008 イタリア・フランス

「24」

e0155475_23422298.jpg

首都高の渋滞を避ける目的もあり、8時ごろ成田に到着するように家を出ました。
うり坊が初めてデジカメで撮った写真、載せてみたりなんかして・・・

車で行くときはコチラのパーキングにお世話になっています。
希望すれば洗車もしてくれますし、帰りには冷暖房のスイッチが入っているので
快適な車内に乗り込めます。 (私的にこれはうれしい)

行きはJALとの共同運航便でJAL機材のため、第1ターミナルでチェックインです。
むかーしむかしは行き先でチェックインカウンターが分かれていたような・・・
今じゃクラスが分かれているだけで、どこでもいいんですもんね~
(ちなみに、チェックイン前の荷物検査って、いつ頃なくなったんだ??)

本屋さんで立ち読みしたり、JCBカウンターで地図をいただいたり。
あんこが食べたくって、おたべを買ってみたり(笑)
そんなこんなで出国審査へ。

More
[PR]
by uriurip | 2008-11-16 23:34 | 2008 イタリア・フランス

帰りました!

e0155475_22234838.jpg

本日帰って来ました。
休暇っていうのは、本当にあっという間に日々が過ぎてしまいます。
毎日移動で忙しかったけれど、充実した時間でした!
最後はエールフランスのストライキ、というおまけも付きましたが、
私たちのフライトは無事に飛びました。(少々問題はあったけど・・・)

写真のドゥオーモは、到着の翌日撮ったもの。
朝の空がきれいだった~
忘れないうちに、旅の思い出をアップしていきたいと思います。
[PR]
by uriurip | 2008-11-15 22:14 | 2008 イタリア・フランス

大丸ワインフェア

仕事帰りにうり坊と待ち合わせて、大丸東京店に行ってきました。
目的はコチラ

『第74回世界の酒とチーズフェステバル』
よーく見てみると、世界の酒、なんですねぇ。 ワインだけぢゃないのね。
去年の春から行くようになりましたが、春と秋の年2回開催されています。
フランスはもちろん、イタリア、ドイツ、スペイン、ニューワールド系も。
各インポーターごとに、試飲し放題。(って言っていいものか・・・・)
あちこちで飲み歩けば、あっという間にほろ酔い二人組の完成(笑)
ちょっとしたお祭りのようです。
主に家飲み用なので、我が家が手を出すのは2000円前後。
いろいろな品種や産地を飲み比べて、自分好みを探すには
とても良い催しだと思っています。
平日より週末のほうが良いワインが試飲できるようです。
会場は熱気やらお酒が入るせいだかで、暑いくらい。
人も多いし、身軽な格好で行くのをおススメします!

〆はこれ。
[PR]
by uriurip | 2008-11-05 23:33 | 催事めぐり