<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オトナおもちゃ

たぶん、実家にいる頃のことなので10年以上前、
「餅つき機が欲し~い。  ホームベーカリーが欲し~い。」
と母に言っていたというわたし。(本人は覚えていない・・・)
先日、実家2階の姉家に行くと、目にしたのはホームべーカリー!!
e0155475_16382540.jpg

「貸してーーー!!」
たまに2階に行くといいこともあるもんである(笑)。
うほうほ♪しながらと1階の両親宅へ降りると、
「そういえば、あんた昔っから欲しがってたわよね~。」
という母。
そ、そうだっけ? こういうものこそ、結婚祝いとかでいただけばよかったかも・・・  ←いまさら。

翌日さっそく『富澤商店』に粉を買いに行き、
原価率関係なしで選んだ材料は、「春よ恋」や「はるゆたか」の国産強力粉。
e0155475_1649383.jpg

最初に作ったのは「強力粉と全粒粉のハーフ&ハーフ、+いちじく、くるみ」。
ホームベーカリー付属のレシピ集を元に、これも参考にしたりしてアレンジ。
e0155475_16551585.jpg

そのうちレーズンなんぞも加えちゃったり。
本を見ると、「ドライフルーツは粉の××割」などと書かれておりましたが、適当に増やしております。
e0155475_16572523.jpg

これは「マフィン風」モードで作ったのですが、薄力粉にバターたっぷり使用なので、
パン、というより、ケーキに近かった。  
コストコ、のマフィンを食べた事がある方、どっしりした食べ応えといい、あんな食感です。
e0155475_1721643.jpg

そして「コーンブレッド」!
強力粉と半々でコーングリッツを使用。 (コーングリッツ、楽々消費できましたよ~=私信)
水分に生クリームを使ってみたりして、もっちりしっとり、なコーンブレットは、
トーストしてバターと食べると、さくさくさくと何枚でもいけちゃいます!!
e0155475_1752644.jpg

ドライフルーツ入りのパンは、ほぼうり坊のものですが、
コーンブレットだけはわたしが独占できます。 うほっ。 (どうやら好みではないらしい・・・)
e0155475_1782694.jpg

「フランスパン風」で作った時は、強力粉と、リスドォルというフランスパン専用粉を混ぜて。
皮のパリっと感は、レモン汁を入れると良いそうです。
軽くトーストして食べると美味しかった~♪
e0155475_17132893.jpg

でもやっぱり一番好みなのは、
「強力粉と全粒粉のハーフハーフ、水分は牛乳、バターちょい多めに、ドライいちじく、レーズン、くるみ」
の組み合わせ。
わたしは砂糖の代わりにジャムやハチミツを使っているのですが、
それがほんのり良い甘みになっていたりして。
何も塗らなくても、軽くトーストするだけで美味しく食べられます。
e0155475_17183126.jpg

銀ぱち、ではありませんが、果物栽培用に蜂を飼っているところからいただく正真正銘の国産ハチミツ。
とろ~ん、どころか、スプーンで削り取るくらいに、蜜が濃いんです!
今年の受粉を前に蜂が全滅してしまったらしく、新たに北海道から買った、とのこと。
ありがたーく食させていただきます。

さて。
借り物ゆえ、ぼちぼーち、姉家へ返さねばならないホームベーカリー。
毎朝パン食のうり坊がいる我が家では、すでに必需品になりつつあります。
手ごね、もしたことはあるけど、材料を入れてスイッチぽん! のこの手軽さ。 
餅つき機能はいらないけど、欲しいな~。 我が家でも買おうかしら・・・・ 
[PR]
by uriurip | 2009-06-29 17:32 | 日々の生活

日々のぶつぶつ。

事務所にかかってくる電話を取るのはわたしの役目でもあるのですが、
すんごーい困るのがセールスの電話。
「お金貸します。」に始まり、最近多いのが「電話代が安くなります。」系。
やんわ~りとお断りすると、「え? なんでですか? 安くならなくていいんですか?」
これに飛びつかないなんてアンタおかしいんじゃないの?
と言わんばかりな物言い。
でも最近気になるのは、「馴れ馴れしい」系。
「あ、どうも~。 お世話になっております~××なんですけどー。 社長さんいらっしゃいます~?」
いたとしてもぜったい繋がないもんね(笑)。 
ちなみに女性の方がきちんと話す確率高し。
今週新たに登場したのは、出たとたん、「そちらに男性はいらっしゃいますかぁ~?」
と言われた、馴れ馴れしい系の男性。
「こちらには男性はおりません。」と答えると、「どちらにいるんですか~?」
・・・・・・・な、なるほど。 
こちらにいない=ここの会社には男性はいない。という意味で言ったつもりだけど、言い方が悪かったのね。
言い直してみたら、「社長さんもすべて女性なんですか?」と喰い下がってきたけど、
なんというか『セールス』の電話にしてはすんごーく感じが悪いので、
週明け早々、朝からこんな電話~・・・イラッッとした心の狭きオンナは、丁重にお断りして電話を切りました。
ちなみに、たまに自分で電話を取る親分。
「社長はですね、今留守なんですよ。 いつ戻るかな~。」
と、自分で答えております。

そして今週はめずらしく外に出る仕事があり、行ってきたのがヨーグルトのセミナー。
e0155475_1495895.jpg

『ヨーグルトはこんなに体にいーんです!!』
というお話を聞き、中村孝明氏レシピによる試食付き、+おみやげまでいただきました。
e0155475_14135693.jpg

出てきてビックリ。 こんなしっかりした試食が出てくるとは!
ワサビ風味ヨーグルトドレッシングに、ヨーグルト入り茶碗蒸し、ヨーグルトと小豆のもっちりムース。
どれも美味しゅうございました♪

e0155475_14425985.jpg

その晩はまたしてもフットサル。 この日は近所の石橋さんの体育館にて。
ヘタなわたしは『アップ』という言葉が通じず、最初からほぼ体力全力つぎ込み派。
ゆえに、約7分×3試合も続けてすれば、んもーバテバテ。
1試合休んだ程度では心拍数が下がらず。 あぁ苦しい・・・ ホントに苦しい・・・ でも楽しい。←変な人。
全身へろへろ、どろどろに疲れた名残は、本日もまだ残っております。
うぅむ。 晩ごはんを食べずに『しろくま』で済ませたのが間違っていたと思う。 食生活って大事ね。
バスケもそうだけど、あと何年続けられるか。 こういうカウントダウンと考えると歳を感じる(笑)。

e0155475_14575912.jpg

6月10日に足を漬け込んだ『Baby Foot』という角質ケアグッズ。
付属品の5本足の靴下をはいて、さらにビニール製の靴下をはき、とぽとぽと液体に足を浸すこと2時間。
その後は足を洗い流して、普通に生活をしているうちに、アラ不思議。
角質がぽろぽろと取れていくというシロモノ。
2週間経ってほぼ完了いたしました。  
「赤ちゃんみたい~~。」とはいきませんが(なにせ赤ちゃん期はずいぶん昔のことだし・・・)
ほ、ホントにつるつるになった!  
3か月に一度、と書いてありましたが、その前にまたやってしまいそう・・・
[PR]
by uriurip | 2009-06-26 15:18 | 日々の生活

食べる前にケル!  恵比寿 『MASA'S KITCHEN 47』

e0155475_14131832.jpg

昨年末のこと。 箱根旅に行ったEサマと神泉にある『文琳』へ初めて行ったのですが、
なんとなーく消化不良で帰ったふたり。
久しぶりに訪れたというEサマは「シェフが変られたのかなー。なにか違う気がする・・・」
わたしが消化不良だったのは、文琳に行きたかった理由、『マンゴープリン』がメニューになかったから(笑)。

そして先日、某方のblogで『MASA'S KITCHEN47』の存在を知り、Eサマに即メール。
「この方だーーーー!!」
なぜか感謝されまくり(ってのは少々大げさ)、あっという間に予約完了メールが送られてきた(笑)。

この日選んだのは7850円のおまかせコース。
e0155475_14534465.jpg

小皿に分けられた前菜4種類。
ほぼなんでも食べられるわたしですが、ピータンは見た目からして手が出せないものなのであります。
んがしかーし!
右手前のガラスの器に入っているのは『ピータン豆腐』なのですが、
「ど、どこにピータンが???」 と思っているうちに、するするする~っと胃の中へ消えてゆきました・・・
e0155475_14553011.jpg

ミニサイズのせいろに入った小籠包。
中のスープを一滴たりとも逃すものかと、慎重に箸でつまんでレンゲに移すわたしを見て、
Eサマは「なんてA型的な行動・・・」と思ったかもしれませんが、ただの食いしん坊です(笑)。
もちろん余さず食せた小籠包、中身はとろっとすぐに消えちゃう。 美味しかったわぁ~
e0155475_1561330.jpg

春巻き。 パリッパリであっつあつの細長春巻きの中身は、あま~いコーンとぷりっとした海老。
これをですね、トリュフ塩で食べるのです。  このお塩、欲しーーーい!
e0155475_15102875.jpg

豆乳とザーサイ、干しエビのスープ。  
香菜の香りをかぐと、食欲が増すわたしなのであります。
e0155475_15195577.jpg

どど~~んと登場したのは、フカヒレステーキ XO醤ソース。
とろん、とした姿煮と比べ、歯ごたえの残るフカヒレ。 なるほど。こういう食べ方もあるのね・・・
花捲も添えられているので、最後のソースまでムダにはいたしませぬ!
e0155475_1533364.jpg

フカヒレで満足した胃に、さらにたたみかけるようにして送り込んだお肉。
ちょっとお味は濃い目ですが、適量なのでぺろりといけちゃいます。
e0155475_15521093.jpg

「え? まだ出てくるんですか。」
と二人して思ってしまったところで、あっさりめのワンタン登場。 ほっとした(笑)。
e0155475_1554246.jpg

〆のお食事は坦々麺。
普通のサイズと、半分サイズがあると言われたので、迷うことなく半分サイズに。
底なし胃袋系のわたしですが、半分で十分です! の状態・・・
温かいものと、冷たいものが選べるので、冷たい坦々麺にしてみました。 山椒の香りがいいですね~。
e0155475_15583338.jpg

そしてデザート。
もちろん『マンゴープリン』を選びましたよ!! (この日は宮崎産のマンゴー使用ということで+500円)
ナゼにわたしがマンゴープリンにこだわったかといえば、10年ほど前に発行されたコチラの本。  
文琳河田シェフによるマンゴープリンのレシピで、従来マンゴーの果肉を潰して作るタイプが多い中、
果肉をそぐように切ったものと、生クリームを加えたシロップのベースを、
ざっくりと混ぜて冷やし固める、という作り方が載せられおり、
わたしも何度か作ってみたものの、やはり一度は本物を食べてみたかった!  のでした。
(ちなみに冬場のせいか、文琳メニューにはマンゴープリンはなかった・・・)
e0155475_161296.jpg

これこれ、こんなタイプのマンゴープリンが食べたかったのよ~。 (Eサマ、満足いたしましたわ・・・)

鯰江シェフの美味しいお料理を堪能しつつ、健康的にお茶をすすりながらの弾丸トーク。
久々に終電近くまで楽しんでしまいました。 また遊んでくださいね~!

食べる前には蹴っていた・・・
[PR]
by uriurip | 2009-06-19 16:26 | 外ごはん

日本橋 『長門』  ~とろぷるふるの和菓子

e0155475_14371984.jpg

ここ数年恒例となっている職場の暑気払い。
『夏場の暑さやストレスを発散する名目としての宴会』=暑気払い
とウィキペディアに書いてあるけど、諸事情により夏場前の今月開催。  なんとも気が早い(笑)。

その時に渡すおみやげは何がいいかな~と、本屋でパラパラ立ち読みをしていて見つけたのが『長門』。
なんでも徳川八代目将軍吉宗の頃、幕府へ菓子司として仕えたという歴史のお店だそうです。
先日のタイ焼き屋さんの近くにお店があるのですが、
「ながと~、ながと~。タイ焼きよりながと~。」
とぶつぶつ言っていたわたしの念が通じたのか、うり坊が買ってきてくれました。 うほっ。

「水ようかんが食べたい。」
だけ言ったのですが、おまけを添えてくれたうり坊。
e0155475_150516.jpg

おまけその1.
「清流」という名のお菓子に、
e0155475_151192.jpg

おまけその2.
見た目そのまま、涼しげな「あじさい」。  奥に潜む白あんの存在が◎
e0155475_1533918.jpg

おまけその3.
「久寿もち」。  長門の名物とも言えるこれをリクエストし忘れたのに、きっちり買ってくるだなんて・・・ 
でかした!! ぶらぼ~うり坊!
(ちなみに「おススメは何ですか?」 と尋ねたところ、こちらでも「ぜんぶ。」と言われたそうです)
e0155475_156886.jpg

この久寿もちは本わらび粉で作られているため、弾力があって、とろん、ぷるん、な食感。
きなこがたっぷりなので、のどごしが良い・・・ という訳にはいきませんが、わらび粉久寿もち、好みだわ~。

e0155475_15263190.jpg

そしてこちらがわたし的メインの「水ようかん」。
開けてびっくり、中には水分たっぷりで薄むらさき色にも見える、ふるふるの水ようかんが入っておりました。
e0155475_15324680.jpg

水っぽい、のとも違う、あんのお味も上品に感じられて、する~んと食べられちゃいます。 
切られていない水ようかん。 お好きなだけ切ってどうぞ♪ だなんて、なんて罪作りかしら。 
いいわ、これ・・・  もっと食べたかった(笑)。
結局おみやげは別のものにしたのですが、これも良かったな~とちょっぴり後悔。


長門(ながと)
中央区日本橋3-1-3
℡ 03-3271-8662
東京駅八重洲北口より徒歩2分
地下鉄銀座線・東西線:日本橋駅B3出口より徒歩1分
[PR]
by uriurip | 2009-06-18 15:45 |          *和菓子

九段下でプチフランス気分

e0155475_14513769.jpg

今月はいつもの『森下でフットサル』が、『東陽町でフットサル』となりました。
「隅田川を渡ると空とか空気が違う気がする~!」
毎回行くたびに思ってしまうのは、わたしが東京の西育ちだからでしょう。
週末の夕方。 心地よい風が吹く中、体を動かすのは気持ち良い!! フットサル、楽しかったです。

この日はいつもより少し早く19時には練習が終わり、
せっかくだから月島でも行ってみる?
と話しているうちに、永代橋を渡ってしまったドライバーうり坊(笑)。 だ、ダメじゃん。
なにやら置きたいものがあるとのことで職場にちょい寄りした後、
最近気になるタイ焼き屋さんが、八重洲のさくら通りにあるというので行ってみるも閉店後。 ざんねーん。

そして月島とタイ焼きにフラれた我々が向かったのは九段下。
気になるお店があったので様子だけ見てみよう・・・ と前まで行ってみたのですが、
なにやら雰囲気も良さ気なので、寄ってみることにしたのは
『Le Petit Tonneau ル・プティ・トノー』というビストロ。

カウンターならOK、ということでしたが、駐車をして戻ってみるとタイミング良くテーブル席が空いたのでそちらに。
周囲を見渡すと、いくつかのお料理をシェアしつつ、ワインを飲んで楽しんでおられる方が多数。。。
「ぼんそわ~。」と挨拶する男性におススメを聞いてみると、「えぶりしんぐ!」とのこと。
運動後でハラヘリ~な我々は、
『冷たいオードブル、、温かいオードブル、お肉かお魚、デザート』
のコースにいたしました。
海老と山羊チーズの生春巻きに、海老のポワレと共にワインを楽しむうり坊に対し、
テリーヌに田舎風パイ、鴨のコンフィと、肉食なわたし・・・ い、いいもん、飲めなくっても。

店内は外国人と日本人カップル率がとても高く、
英語と仏語、+カタコト日本語でサービス係の男性と話していると、
一瞬ここが九段下であることを忘れてしまいそう・・・
時期はまったくもって未定ですが、次回のフランス行きを話すにはもってこいのシチュエーションでありました(笑)。
帰り路にあるし、また寄ってしまうかも。


Le Petit Tonneau ル・プティ・トノー 九段下
千代田区九段北1-10-2 九段アークビル1F
℡ 03-3239-6440
HP

翌日リベンジ!
[PR]
by uriurip | 2009-06-17 15:35 | 外ごはん

うり坊のお夜食

始発で出勤か終電で帰宅かという、ものすごーく極端な勤務をしているうり坊なんですが、
終電帰宅の時は、家で簡単なごはんを食べることになっております。
ハラ減りMAX!! で帰宅なので、すぐに食べられて作る方も簡単、となると、麺類を選びがちなんですよねー。
e0155475_11355194.jpg

冷やしつけラーメン。 ちょい辛スープが美味しかったなー。 
(基本は自分の夕食と別なものを作っとります)
e0155475_11383949.jpg

肉うどん。  盛りつけが雑なのは置いといて(笑)、これとーーーっても簡単なんです!!
最近職場で親分が買ってきた「ほめられレシピ」という本に載っていたのですが、
水に玉ねぎを入れて火にかけて、沸騰したら酒と豚肉を入れアク取りをし、
ハチミツ、しょう油、塩で味を調えて、うどんを入れ適宜煮込んだら出来上がり。
ダシを取る必要もないので自分的にも楽だし、タマネギたっぷりで体に好さそう、と、うり坊お気に入りです。
e0155475_11511770.jpg

う~ん。 基本、わたし入れる具はトマトとキュウリとタマゴなんだと、いま自分で気づいた(笑)。
これはゴマだれで食べる冷やしうどんだったはず。
e0155475_11562895.jpg

前日下北のマッサージにて、「トマトと納豆、合うんですよ~。」と聞き、半信半疑で作ってみたトマト納豆うどん。 
オクラとネギ、卵黄のせで、讃岐うどん用のお醤油をたら~んとして食べました。
うほっ。  こういうねばねばごはんは夏場にいいわ~。 山芋プラス、も良さそう♪
トマトと納豆? 合いましたよ・・・
e0155475_11545941.jpg

この日は珍しくごはんもの。  
なぜなら自分がいなりずしが食べたかったから(笑)。
作るのは好きだけど、ごはんを詰めた後に手のにおいが取れないのはどうしたらいいのでしょうか・・・
(レモン水で洗え、など言われたけどしばらく取れない~)
手前の和えものは、Eサマから仕入れたコチラのレシピを自己流アレンジしたもの。
ないもの(アスパラ)は入れず、あるもの(ズッキーニ)を入れ、量も勝手にしたら、鍋いっぱい出来ちゃったわ(笑)。
ショウガ汁が良いアクセントだし、野菜もた~っぷり取れて美味しかった!

ワンパターンになりがちな夜食なんですが、教えていただいたり、本を見たり。
バリエーションを替えて(具も変化させないとね・・・)夏仕様にしていこうと思います!
[PR]
by uriurip | 2009-06-16 12:18 | 家ごはん

『天使と悪魔』

先月のことですが、

『映画「天使と悪魔」公開記念 啓示の道を探せ!
Marunouchi Path of Illuminaton  ミステリーツアー』

というイベントのパンフレットをうり坊が持ち帰りました。

丸の内エリアの4つのビルに、映画に出てくる5つの彫刻セットが展示され、
スタンプを集めるとなにやら商品がもらえる、というイベントだったようです。

e0155475_17103931.jpg

そしてある日届いたこちら。
アルファロメオは当たらなかったけど(笑)、
映画のチケットが当たったようです。

公開からしばらく経っていたせいか、バルト9の入りはまばら。
快適に観られたのはいいけれど、予告CMが長すぎるーーー!

とはいえ、
テンポよ~く進む展開(のように思えた)に、最後まで飽きることなく楽しめました。
原作を読んでいないわたしは、ある意味ナゾが残ったり(え、結局あれはどう処理するつもりだったの?)、
途中でウルッとしたのに、なんだあの終りは(笑)。

HISでこんなツアーも企画されているそうですが、
なんだかローマに行きたくなっちゃったわ(笑)。 ←影響されやすいタイプ。

しかーし相変わらず外国人の名前が覚えられないわたし。
最後まで「カメルレンゴ」を「カメレオン」「カメレンゴ」と覚えていた・・・
[PR]
by uriurip | 2009-06-11 17:24 | 日々の生活

今年も。

e0155475_16561286.jpg

流水でざっとあらって、ヘタを取って、水気を拭き取って、びんの中へどぼん。

今年で4年目の梅酒作りですが、
氷砂糖→黒砂糖→ハチミツ、ときて、今年は黒砂糖。
e0155475_1712648.jpg

なぜか歴代の梅酒を飲みほしてくれたのはバスケ仲間なんですが(笑)、
だ~れも実には興味はないみたいで、いっつも余るんですよね・・・
何か活用法を探さねば。
飲めるのは秋ごろかなー。
[PR]
by uriurip | 2009-06-11 17:05 | 日々の生活

アペリティフの日

e0155475_13281197.jpg

フランス農水省が2004年から世界各国で『毎年6月第一木曜日はアペリティフの日』と提唱して、
日本でイベントが行われるようになってから今年で6年目だそうです。

サイトによりますと、
~「アペリティフ」とは、食事の前にワインをはじめとするアルコール飲料やソフトドリンクと
 美味しいアミューズブーシュ〔一口ディッシュ〕と共に、友人たちとおしゃべりを楽しみながら
 ゆったり過ごすひと時。

今回は3年前からこのイベントに来たがっていたうり坊と参戦。
ちなみに昨年は、3000~4000円(時間帯によって値段が違う)のチケットで、
アミューズ10品、チーズ1品、ドリンク4杯、に交換でしたが、
今年はなんと!
飲み放題となっておりました!!
(チケット代は3800~4300円に変更)

e0155475_13285972.jpg

このようなチケットが送られてきて、当日は首から下げるのですが、
フードと交換ごとに首を突き出してはもぎってもらっていたわたし・・・

e0155475_13291920.jpg

開始直後はものすごーーーーーーーい人で、ちょっとしたラッシュ並み。
食べ物を求める人で殺気立っていた会場は、20~30分もすると楽に選べます。

e0155475_1329556.jpg

右下のまぐろの握り?みたいなものも、しっかりチケット1枚取られます。
こ、こんなCPの低そうなものを選んで・・・ と、食いしん坊ツマはぶつぶつ言ったりもしましたが(笑)、
その左どなりのアミューズが美味しかった!
e0155475_13312092.jpg

2種類あったのですが、どちらも◎。
人気の商品は早めになくなってしまいますが、あれこれ選んだりするのも楽しいし、
見た目とお味のギャップ(笑)も楽しい。
e0155475_13364824.jpg

ステージでは『クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ』のシェフによるイベントも行われ、
クイズの勝者にガレット・デ・ロワのプレゼントもしておりました。
e0155475_13505484.jpg

そんなイベントを横目に見つつ、ドリンクコーナー近くに陣取り、
あれやーこれやーと飲みほしておりました・・・
ワインを取りに入っただけなのに、カクテルも勧められちゃうから断れないの(笑)。
e0155475_13545396.jpg

ボルドーのデザートワインなどもあり、〆もバッチリ。
e0155475_13571321.jpg

ホテルエドモンドのマンゴープリン。 濃厚でうまうま、でございました♪
んもー これ以上飲めないし、お腹もいっぱい!
なのに、会場を去ろうとする前にシャンパンに手を出す我々・・・ (シャンパンは別途1杯500円)
e0155475_1401072.jpg

まだ陽があるうちにすでにほろ酔いって(笑)。
外で飲むのには気持ち良いお天気のせいもあってか、初アペリティフの日、大満喫です!

e0155475_1441475.jpg

徒歩圏内だったから思わず寄っちゃったフィオレンティーナ
コストコに比べると、なんて上品なお味なんでしょ(笑)。 甘さ控えめのカシスが美味しかった~♪

プロのお仕事人。
[PR]
by uriurip | 2009-06-08 14:44 | 催事めぐり

アペしてます!


明るいうちから飲めるしあわせ・・・
e0155475_13175681.jpg

[PR]
by uriurip | 2009-06-04 17:14