<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

近ごろお気に入り。

姉から借りていたホームベーカリーの良さにハマり、去年の秋ごろコレを買いました。
購入して数ヶ月経つというのに、使った機能は『食パンコース』のみ。
(天然酵母に挑戦しようと思ってたのに、いまだ・・・)
「コス〇コのチーズたっぷりピザをしこたま食べ過ぎて、胃腸の具合が悪くなった。」
という話を姉にしたところ、「ホームベーカリーで簡単に生地が作れるし、美味しいよー。」と言われ、
さっそく作ってみました。
e0155475_15583941.jpg
初めて作るのに、勝手にレシピを変えるチャレンジャーなわたし(笑)。
バターをオリーブオイルに換え、強力粉のみのところ、全粒粉も入れてみる。 
パンっぽい膨らみは抑えられて、生地はさっくり。 うん、これはいいかもー。
1枚目は、『なんでものせ』。
ツナ、ほうれん草、チョリソー、赤・黄のピーマンに、アンチョビーとからすみ(なぜならそこにあったから(笑))。
唐辛子を入れたちょいピリ辛のピザソースと共に、
具だくさんのピザはあっという間に我々のお腹のなかへ~。
e0155475_16251899.jpg
そして2枚目。
モッツァレラとバジル、のシンプルマルゲリータを目指したのですが、
焼いたあとに、前日残りの生ハムをのせてみたところ、これはそのまま生ハムを食べたほうがよかった・・・

トーコさんが以前書いていましたが、わたしも『ネット(携帯)で注文』、時間指定もできる手軽さにひかれ、
どっぷりドミノピザユーザーなのだけど(クーポンにも惹かれちゃう)、
たまには手作りもいいなーと思ったりして。
というわけで、すっかりホームベーカリーピザにはまってしまった我が家。
今週末もピザディナー開催が決定しております(笑)。

これも簡単でお気に入り。
[PR]
by uriurip | 2010-02-25 17:09 | 家ごはん

うぬぬ。

よっしぃさんのところで見かけた『焼きアボカドスープ』、さっそく作ってみましたよー。
熟れていないのでもオッケー、とのことでしたが、でもやはり、アボカド選びは毎回慎重になります。
わたしの場合、アボカドって買うその日に使いたいことが多いのだけど、
いい具合に熟れていない場合が多々あるのであります。
(もしくは、見た目いい感じでも、切ってびっくりしま模様~、なんてのも(涙))
だからね、ひそかに『アボカドは育てるもの』と思っております。
人さまに触られても傷つかない、うっすら緑のころに買ってきて、自宅で食べごろにするの(笑)。
でも意外とこれも難しかったりするのよね・・・・・

と、こんな感じのわたしなので、毎回アボカド入刀後に、「おぉ~! 今日のは美しい・・・」
「うぉーーー! なによ、この模様は!!」と、叫ぶのを目にしているうり坊。
アボカドごときになにしてるのかと、たぶん、あきれてると思う(笑)。

そして、話は戻り。 よっしぃさんの焼きアボカドスープ。
焼いたアボカドは、ねっとり感がよい加減にほっこりへと変身し、みるからに美味しそう。
ウチの場合、フープロもあるけど、マジックブレッド活用(笑)。 
(あの通販番組、何回見ても楽しいのってわたしだけ?)
アボカドとスイートコーン、コンソメと牛乳で、はい、出来上がり。
e0155475_14461153.jpg
うぬぬ。 これ、ほんとにおいしーです!(写真が悪いのはお許しを)
うり坊という人は自分好みでないものは、さりげなーく私に譲る人なのですが(笑)、
わたしが仕事に行っている間に、これはすべて飲み干されました。 

しかしながら、よっしぃさんの『焼き』レシピは美味しそうなものばかり。
今後も期待しちゃいます。
e0155475_1453224.jpg
そしてまだ食べてるからすみ(笑)。
この日はクリーム仕立てで。 これも美味しかったー!
[PR]
by uriurip | 2010-02-19 14:54 | 家ごはん

冬の粉たび~

e0155475_13554774.jpg
こちらのお写真を見てから、『こ、これが食べたいー病』にかかったわたし。
この方のところへおじゃますると、たいていお腹が空いて、現実にもどってくるの(笑)。

というわけで出かけた日帰り粉ツアー。
日ごろ東名に乗ることなどない我が家、『海老名SA』の看板を目にしてちょっと寄り道。
e0155475_1495780.jpg
粉モノを買いこむ前だというのに、おもわず買ってしまったメロンパン(笑)。
「クリーム入りとノーマル、1個ずつしか買ってないからね。」 =半分ずつね。
と言ったのに、運転をしているわたしをよそに、自分好みのクリーム入りを完食してしまったうり坊。
午前9時から夫婦喧嘩勃発の巻(笑)。 ←以下省略

そんなこんなで最初に訪れたのはこちら
e0155475_14215163.jpg
開店間もない時間ですが、すでに駐車場は満車。 
e0155475_1422418.jpg
いくつか買いこんだなかで、特に美味しかったのが『抹茶とホワイトチョコのコラボ』。
もっちりとした生地に、思いがけず強めの抹茶の香り。 と、時々顔を出すホワイトチョコが◎!
e0155475_14294857.jpg
バナナとクルミ入りのこちらも良かった・・・
ブノワトン、3月29日で閉店だとか。  次回は麦師、へ行ってみようかな・・・

そして海沿いをびゅびゅ~んと湯河原へ。
[PR]
by uriurip | 2010-02-16 15:34 |          *パン

こんな旅もある

e0155475_14391533.jpg
ヨーロッパの芸術点高めのチョコレートも好きだけれど、
ちょっといびつで、ぽいぽい口に入れられちゃうアメリカの甘々も好きなのよねー。
(でもついつい食べ過ぎちゃうのが困る・・・)

つい先日のこと。親分の弟さんから事務所に電話がかかってきた。
何度か取り次いでいるけれど、この日は声のトーンも暗め。 話し終えた親分が
「母の具合が悪くなって入院したらしい。」と、ぽつり。
結婚以来、ずっと一緒に暮らしてきたという奥さまの母上も危篤状態である状況なのに、
親分の母上は外国で生活をしている。
「すぐに行かれますか?」と聞くと、「東京の母のこともあるし・・・ すぐにどうってことはないと思うしね。」

翌日。 いつものように、仕事をしながらあれこれ話をしているうちに、親分が母上の話を始めた。
「戦争で父を亡くしてから、母は僕を祖父母に預けて住み込みで働きに出てしまったし・・・
ほとんど思い出がないんだよねー。  
でも、夕方遊んで帰ってみると、突然帰ってきた母がいたときは嬉しかったなぁ。 あれは今でも覚えてるなぁ。」
その後再婚して外国へ渡ったそうで、一緒に暮らした記憶はほとんどないらしい。
この話は以前から何度か聞いているのだけど、この状況で聞くと涙が出そうになって困った・・・
差し出がましいとは思いつつ、思わず、
飛行機の手配はいたしますから、まだお元気なうちにお顔を見に行って来てください、
と言ってしまったわたし。

その2日後。 親分は奥様と二人で飛び立ちました。
ひょんなことから二人で行ったホーチミンで酒を酌み交わしてから、
『義母子』の契りを結んだ奥様とわたしなのですが、出発前のメールのやり取りには、
『夫にも、いつも支えてもらっているので私が支える番。
男性は気が弱いし、特に夫は格別弱い。その代わり優しい。

義母が私たちの到着まで元気で居てくれることを祈るのみ
です。すぐに義弟に、航空の予定を転送しました。

母はますます弱って、会話がまったく不可能になりました。
むくみが酷く、尿の出も少ない。93歳まで自宅で世話を出来て
本当に良かった。充分、幸せな時もあったから、もう自由に
させたあげたい。悔いはありません。

では元気に帰国しますので、留守番よろしく。

                       M母より』
と書かれておりました。
そして、あと1日半で帰国という日に、東京の母上が召されました。

間に合うようにと祈って旅立って、ほっとする間もなく。。。。
「チューブにつながれた母を見るのは辛かったけどね、行って良かった。うりぴーちゃん、ありがとうね。」
出社してきた親分から言われたのですが、この数日後にアメリカの母上までも。
1週間で二人も見送るだなんて。 久々に会う親分にかける言葉が見つかりません。
[PR]
by uriurip | 2010-02-12 16:08 | 日々の生活

いただきものナイト

e0155475_14554279.jpg
先日いただいたディジョンマスタードで作ったイモサラダ。
圧力鍋で蒸したジャガイモは、皮をむいて熱いうちにワインビネガーと軽く合わせておいて、
マヨネーズ(はキユーピーじゃないの(笑))に、ディジョンマスタード、アンチョビーにレリッシュまで
入れちゃったものをまーぜませ。
ついでに冷蔵庫に余ってた眠ってたいんげんも入れちゃう豪華版。 (どこが・・・)

ぴりり、と酸味と辛みが効いたイモサラダは、あっという間にうり坊の胃袋へと消えてゆきました。
あぁぁ。 イモ好きにはたまらんですわ~
そしてイモ好きなわたし。 今年は父の家庭菜園で『フランス産のイモ』を育ててもらうことにいたしました!
「(種イモが)普通の男爵の倍の値段だよ・・・」
と母からのメール(笑)。  ご、ごめんね。
東京で育つフランス産のイモのお味は果たしていかに!?
収穫がいまから楽しみであります。 うしし。 
e0155475_15131363.jpg
そしてもうひとつのいただきもの『からすみ』。
クリーム系のレシピもあったのですが、まずはシンプルにアーリオ・オーリオにすりすり。
いただきもののせいか、すりおろす手もゆるみます(笑)。
国産ものだとスライスしてお酒と楽しむのもいいのかなーなどとも思いつつ、
からすみパスタ、あと数回は楽しめそうです。 あぁゼイタク・・・
[PR]
by uriurip | 2010-02-08 15:24 | 家ごはん

これも嬉しかったりして

自分なりに反省点はあるのだけど、事務局のお手伝いをしてる会の新年会が終わりました。
(名札を作り忘れるのってものすごい失礼だよね・・・)
わたしなんかがお声をかけられる方ではないのだけれど、
万が一、近づくことができたらなら、
「チャレンジカップのスポンサー、ずっと続けてくださいっ。」
とお伝えしたかったのに(笑)。  お見えになったのは代理の方でした。 ざんねーん。
そんな帰りの電車内にて。
ふと座席を見ると、日本代表のユニフォーム(しかも22NAKAZAWA)を着用して、
携帯で試合を見ているオジサマを発見。 
しかも持っていた袋がサッカーショップ加茂のだったよー。(パッと見で判る自分も自分だわ)
と、帰宅したうり坊に伝えると、「きっと買ったばっかりで着たかったんだよ・・・」
同じ駅で降りたオジサマの行方が気になって仕方ありません。

オジサマとかオジーサマばかりだし、気苦労の多い会なのですが、楽しみもあるのです、
協賛してもらった品物の抽選会。 
会費を払っていないのに、ちゃっかり参加させてもらってます。うひひ。
わたしが狙ったのは、会からの(協賛品じゃないとこがミソ)賞品である、Wiiかデジカメ。
賞品を選んだのはわたしなんですけど、なにか(笑)?

まぁこんな下心なので、とうぜんのことながらハズレ、です。
しかしながら、飲み食いを一切せずに裏方に徹していたわたしを不憫に思ったのか(笑)、
幹事のオジサマたちからもらいものをしてしまいました。
e0155475_1431728.jpg
「ホレ。コレステロールの塊だけどな。ダンナに食わせてやんな。」
口は悪いのだけど(笑)、人柄はすっごく良いSさんから渡されたのはからすみ。  
あとは、自社製品が当たった人からの粉末スープに、神戸から来たオジサマのおみやげチョコ。
e0155475_14363039.jpg
「うりぴーさん! これ、これ良いから絶対持っていって!!」と手渡されたヒアルロン酸ジュレ。
えぇえぇ。 ずいぶんと瑞々しさが足りないお年頃ですしねー。 
ということで、家庭用に市販されていないドレッシング共々、ありたがくいただいちゃいました(笑)。
「このディジョンマスタードもね、フランスから機械を入れて作ってるし、美味しいから食べて!!」
と言われ、『そもそもディジョンマスタードってなんぞや?』と思ったわたし。
 ~ディジョンマスタードと呼ばれるためには、マスタードの種子、ビネガー、食塩、清水を主原料とし、
 辛み成分、でんぷん、増粘剤などは使用してはならない。
 アメリカ料理などでポピュラーなアメリカンマスタード(イエローマスタード)とは異なり、
 風味や辛みが強い。
 ちなみに世界で流通されるブラウンマスタードの種子の9割はカナダ産。
 現在のフランス産ディジョンマスタードも大半がカナダ産マスタードの種子を使っている。~

との記事を見つけました。 なるほどー。

Wiiとデジカメは当たらなかったけど、食べもの関係の方が嬉しかったりして。
今夜はからすみパスタにイモのサラダでも作ろうかしら。
[PR]
by uriurip | 2010-02-03 15:06 | いただきもの