<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

のみのみの週末  ~その2

前日の風雨から一転、からりと晴れあがった日曜は代々木上原へ。
2週続けてフットサル、という可愛いイベントとはだーいぶ遠のいた週末を過ごしていたわたし。
(まるで動けなかったダメダメな1週目に比べ、2週目は思いのほか↑↑な動き。
うり坊職場チームのYさんから「ナイスディフェンスでした!」とのお声が!
Yさん、良いプレーをすると、ゲーム後にお褒めの言葉+握手求めてくるスポーツマンです)
こちらで見かけたフリマに、いそいそと出かけてみました。

開店から30分ほど過ぎたころに到着し、お目当てのものを物色しているわたしに向かって、
うり坊が一言。 「あ、あれってビレロイ&ボッホのじゃないの?」
おぉーーー! お会計がなされている食器、あれはまさにそう。
そして食器方面?をふと見ると、すでにめぼしいものは存在せず。 とほー。
(そして家に帰ってから、あの食器がアップされている記事を見ました・・・)
ま、まあいいのよ、いいの。 わたしのお目当てはこれだもーん。
e0155475_1131866.jpg
ハイ。 我が家にもパリの風が・・・←申し訳ありません、パクリです(笑)。
この方のお花は注文しないと買えないので、こんな機会がないと手に入らないのであります。
ふふ~ん♪ と、誠に良い気分でお花を愛でながら、かの地への思いが募ります。 むふふ。
お二人ともお会いできたし、ほっこり、楽しいイベントでした!!
e0155475_11432849.jpg
そして会場となったミレイネの『ほろほろクッキー』。 ほろほろ加減にやられました・・・
な、なにこれ? なにこれ? おいしーー!!  奪い合いでお腹のなかへ(笑)。

代々木上原の後は『Le Pommier』に行こうとしていたのですが、
気付いたときにはお店を通り越していたという結果に(苦笑)。
ここを通るときは閉店後だったり、我が家、このお店に縁がないなぁ・・・
気を取り直して向かったのは、『SALUMERIA69』。
イタリアで食肉加工品の専門店のことを、サルメリア、と呼ぶそうです。
練馬にあったお店には移転前に一度おじゃましたことがあったのですが、新店舗はお初。
「今日食べごろのもの」というリクエストをして選んでいただきました。
e0155475_1231639.jpg
3種類しか写っていませんが、購入したのはサラミ2種類と生ハム2種類。
ああもう、ああもう。 こちらの商品、どれもこれも本当に美味しいです!!!
うす~く、ふんわり(この薄さが美味しさの秘訣でもあるかと)カットされたハムたち。
ほおばった時、かみしめた時の、ふお~ん、と広がる香りも、
んもーたまらならくすばらしいのであります。  思い出してもうっとりー。
(買いすぎるとお値段もスバラシクなります・・・)
そして店主の方に「おねーさん、前のお店にも一度来たことがあるよね?」と聞かれ、
え? たしかに一度しか行ってないけど・・・ ひ~ なんかしたっけ??
とキョドっていたら、なんとおみやげにクリームチーズをいただいてしまいました・・・
遠くから電車で来たと思われたんじゃないの? とはうり坊談。
「お菓子作りにでも使ってねー」と言われましたが、
トマトソースにぽとぽとと落としてパスタソースに。  むむ。 この使い方も美味しい。  
e0155475_1214327.jpg
シュワッとしたものが飲みた~い! 
ホラ、2軍落ち(ワイン冷蔵庫から出されたものは2軍と呼んでいる)したのがあったじゃーん。
と、これを開けてもらったのですが、どうやら2軍落ちではなく、たまたま外に出してあっただけだったもよう(汗)。
えー えー そうなの~? と言いつつ、開けちゃうわたし。 ←こらこら。  
香りもよく、繊細な泡の立ち方、そして喉ごし。 やはりシャンパーニュならでは、です。ハイ。
あぁしかしよく飲んだ週末・・・・  今週はおとなしくせねば。 
[PR]
by uriurip | 2011-04-27 12:36 | 日々の生活

のみのみの週末  ~その1

土曜日。 朝から吹きすさぶ風と雨の合間をぬって、朝イチで到着した先は大〇。
そうです!恒例のワイン祭りが20日~26日まで催されているからであります。

まずはさておき、真っ先に向かうは、いつものイタリアワインマダムのところ。
抜栓されたワインのボトルの数は、まるでどこかのワインバーのよう(笑)。
注ぎっぷりもよいのでホントにどこかのワインバー状態で、
午前10時過ぎから、あれもこれもそれも試飲。  しあわせな週末時間の始まり(笑)。
ほぼすきっ腹なのと、空いている会場のせいで試飲のペースも上がるため、
なんだかもうここで満足しちゃいそう、なわたし(苦笑)。
いつもごちそうさまです、と、もちろんイタリアワインをお買い上げ。

お次は高畠。 酸化防止剤無添加の新しいワインが出たらしいのでお聞きしてみると、
「今回持ってきてないんですよ~。」
むむむ。 そのセリフ、前回minoriの件で聞いたような。
でも今回は穣minoriがある~! 嘉シリーズも好きだけれど、minori、いただきました。
生魚系と合います!!という『スパークリング シャルドネ』、ぜひとも飲んでみたいーー!

いつものパターンだと、ここらからボルドーをのぞく我が家なのですが、この日の目的はブルゴーニュ。
e0155475_141332100.jpg
実はわたし、前日にブルゴーニュワインデビューをいたしました。
うり坊により、ようやく、ようやく、解禁。(基本、相談はあるけど、買うものを決める人はうり坊)
1000円代でも満足感たっぷりのワインがあるボルドー、イタリアに比べると、
ブルゴーニュはその何倍か出さないとダメ、と話すうり坊。
「時期が来たら飲めばいいから。」と、今まで家飲みワインでブルゴーニュはなかったのであります。

シャトーごとに畑を持ち、ラベルも比較的わかりやすかったボルドーに比べ、
ブルゴーニュのラベルは、素人のわたしには???がいっぱい。
な、なんで同じ場所らしき表示のワインがいくつもあるのに、作り手が違うの???
ざっくり言うと、ブルゴーニュという地方名、〇〇という村名、△△という畑名、がラベルの中心にあり、
その下に作り手の名前が入っているのです。
(お値段は、地方名<村名<畑名、で上がる)
しかも1つの畑をいくつかの作り手で分けて持っているところも、ボルドーとはまったく異なり。
(ロマネ・コンティ、のように、所有者が1つのところもアリ)
家に転がっている本をぺらぺらとめくり、なんとかこの辺は理解できるようになりました。 ぜーぜー。
こんなこと知らなくても、おいしく、楽しく飲めればそれで十分!
なんですけどネ。  解かってくるのもまた、楽しいのであります。

この日、ブルゴーニュワインを扱うインポーターさんにいろいろとお話を聞くこともでき、
なるほど~~、と思うこと多々。  大〇、試飲も楽しいけど、売り手さんとのお話もこれまた楽しい!
e0155475_14364948.jpg
探し出せても手が出ないだろうなーと思っている作り手さんによる1本。
西のお伊勢でも買っていたのですが、大〇でも見つけたのでもう1本(笑)。
ブルゴーニュではなく、南仏のものですが、いちおう何か飲んでおかないとね、ということで。
(Yさんあたり、上下の繋がり、解かりそう・・・)
[PR]
by uriurip | 2011-04-26 15:01 | 日々の生活

究極~~!

e0155475_1451137.jpg
はるこさんが、「もんぜつー!」していたいちご大福。
見た瞬間から、『た、食べたい』願望がふつふつふつと、沸騰点。  
食べたい。 食べたい。 食べたい~~~
これはぜひとも食べてみたい!!!

というわけで、少ない情報からググってみたわたし(苦笑)。
たぶーんここだろうというお店を見つけ、さっそく注文。  ←いつになく素早い行動
(その後はるこさんは御親切にお店を教えてくださいました)
2日後に届いた、真っ白白すけのいちご大福。
袋から取り出す時の、生地のやわらかさといったら!!
e0155475_1515387.jpg
こちらのいちご大福は、しっかり、大きめのいちごが、
なんと黄味あんとマシュマロ生地に包まれてるのであります。
あぁこれ・・・・
ほんとにもんぜつー!

生地とあんといちごのバランスが絶妙。
大福のなかにいちごを入れた人もすごいけど、この組み合わせを生み出した店主、スバラシイ!
そして翌日のいちご大福(本当は到着日当日が賞味期限ですが自己責任で)、
なんだかちょっぴりふっくらしてるのです。
むむむ。 おそらくいちごの水分がマシュマロに吸収されてるのではないかと思われますが、
ふっくらしたのも、これまたおいしいのでありました。

いちご大福を注文してしまったあとで気付いたこちらの存在。
e0155475_15242725.jpg
電話でお願いして、同梱していただきました。 黒糖味が濃ゆ~~いかりんとうです。
個別包装されているし、旅のおやつにいいかなーと、その前にひとりこっそり味見よん。うしし・・・
と思っていたら、黒糖ラバーのうり坊に見つかりました(苦笑)。
わたし的には、味のインパクトはいちご大福の方が上回ったけれど、
しっかり、厚めにコーティングされた黒糖味、1つで満足感たっぷりです。

こちらのお店の商品、じつは新宿伊勢丹でも期間限定で売られていたもよう。
洋菓子のプロモーションはチェックするけど、和菓子はノーチェックでしたわ・・・
次回見かけたら、間違いなくリピートです!
はるこさん、こぐまさん、どうもありがとうございました!!
[PR]
by uriurip | 2011-04-22 15:34 |          *和菓子

天使か悪魔か

約1カ月ほど続いていたうり坊のお休みですが、
その間、彼がしていたのは『毎朝のお見送りとお出迎え』。
お出迎えについては、忠犬ハチ公のように駅まで来るという忠実さ(苦笑)。
「主夫、だったら、家事もやってね~。」
と、鬼ヨメのわたしは、洗濯干しやら食器洗いやら掃除も頼んだりして。
ああ楽!  誰かに家事をしてもらうのってなんて楽!!
こんな生活に慣れてはいけないわ・・・と思いつつ、しばしのんびり生活を満喫いたしました。
ただひとつ、彼がどうしてもしなかったのは、食事の支度。
まあこれは仕方がない。 今までのわたしの教育不足です。 とほほ。
あぁでもわたしのひそかな夢です。 ←公言しちゃってるけど 
仕事から帰ったら、お風呂とごはんの準備ができてるのって(笑)。

そんなうり坊も先週から仕事が始まったのですが、
始まったとたん、動きが悪くなった(笑)。
「ちょっとー、食器の片付けくらいしてかないの~?」
夜勤へ出かける前のうり坊に問いかけると、
「えへへ。」
ときたもんだ。  えへへ、って、えへへじゃないでしょう!!
期間限定だったのか、あれは。
(とはいえ、以前よりは協力的なので良しとしよう)

そして「好きなの買えばいいよ~。」と、
aニエスでわたしが買いものをするのも黙って見守っていたうり坊ですが、
おとなしくしていたのには理由がありました。
はい、例の祭典@大丸です。
「〇〇と☓☓に行って、△△も。」どこにおじゃまするか、すでに目星を付けているもよう。
こわいー、こわいー。  何に目を付けてるんだか(笑)。
おまけに今回、伊勢丹新宿店ではフランスフェアが同時期開催。
今週末は忙しくなりそうです。 むふふ。 
[PR]
by uriurip | 2011-04-21 16:01 | 日々の生活

ごちそうさまでした。

e0155475_17321145.jpg

うり坊の慰労を口実?に、親分夫妻とランチに。
昼からお腹もびっくり。前菜三皿、パスタ二皿、メインにデザートという
がっつりフルコースをいただいてきました。
「え?うりぴーちゃん飲まないの??」と親分に言われたけど(苦笑)、
わたしは夜の運転が控えているのでフレッシュオレンジジュース。
う〜ん。。。
『美味しい食事にフレッシュオレンジジュースは合わないのねー。』
と、知る結果に(笑)。(搾ったオレンジジュースは美味しいのだけど)
ランチが終わったのは、おやつの時間のころ。
「(事務所の電話)留守電にしてきたでしょ? 今日はこのままご主人と帰っていいからね。」
と親分。
なぬーー!!そんな特典日だったの今日って!!!
大変魅力溢れるお言葉でしたが、電話はわたしの携帯に転送設定がされてるし、
発送業務にメールも打たねばならず、ひと足先にうり坊だけ帰ってもらいました。

地震後、都内の外食産業は落ち込んでいるところが多いと聞きます。
店舗はもちろん、影響は食品メーカーにも。
食に携わる小さな小さな(親分申し訳ない)わたしの職場で、
いったい何ができるかといえば、まずは知り合いのところに足を運ぶことだと親分。
「たまにしか行けないところだけどさ、なくなったら困るんだよね。」
口実がないと(いつもは接待)昼から行くだなんてシェフにも気を使わせちゃうし、と、
うり坊が石巻に行ったことの慰労と称してのランチでした。
シェフは近々炊き出しに行かれるとか。うり坊がちょびっとだけど現地に行った話をしたら、
「じゃあ僕もがんばってこなきゃ。」とおっしゃっておられました。
[PR]
by uriurip | 2011-04-15 17:32

ロベルト、といえば

これまで、『ロベルト』、と聞くと、ロベルト本郷!←キャプテン翼ね 
もしくは、ロベルト・カルロス!←ブラジルのサッカー選手ね (ロベルト・バッジョ、もいたなー)
が、思い浮かんでいたわたしですが、この御方のところで目にしたロベルトは、
今までとはまったくもって方向性が違うの(笑)。

美味しそうな料理のお写真を見るたびに、『いつか行きたい~~』と思っていたロベルトは、
神保町にあるトラットリアなのであります。
わたしが普段足を踏み入れるエリアではないのですが、この日は森下フットサル帰り。
おじゃました20時半過ぎ、店内はほぼ満席!
この日は控えめに(苦笑)、わたしだけグラスワインをいただきつつ(うり坊は運転手)、
張り切ってオーダーをすると、「量が多いですけど大丈夫ですか?」とのこと。
運動後で腹ヘリマックスですから大丈夫です!! と答えて待つことしばし。 
前菜一皿目のホウボウのカルパッチョが登場するとあっという間に平らげる我々。
(あっという間ゆえ、お写真ナシ)
そして前菜二皿目は、花ズッキーニのフライ。
e0155475_15244027.jpg
ぱらっとふられたお塩と共に、熱々をほおばる美味しさっていったら!!
あぁぁ。 運動後のフライの美味しいこと!
e0155475_15275718.jpg
とびっこと岩海苔のパスタ。
唐辛子もピリッと効いていて、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ的ともいうのでしょうか、
食欲を掻き立てられるお味に大満足。
e0155475_153087.jpg
(たしか)ホタルイカのリゾット。
旬のグリーンピースも歯ごたえしっかり。 サフランの香りもしっかり。
と~っても美味しいリゾットでした^^
e0155475_15315627.jpg
そしてメインの豚さん。
グリーンのソースと、ほど良くピンクに火入れされた豚肉が、んもーたまりません!!
e0155475_15344359.jpg
はい、もちろんデザートも、です。
ティラミス、エスプレッソのプリン、ピスタチオにトマトのアイスクリームの4点盛り。
とろ~っとしたプリンを奪い合う私たちって何歳だ?(苦笑)。

フットサルの反省会(主にわたしの動けなさっぷりだけど)を織り交ぜつつ、
出された料理を黙々とあっという間に食べてゆく我々。 シェフは驚かれたのでは・・・・
なんと1時間半でお店を後にしておりました(汗)。 
シェフお一人でお料理を作られておりましたが、ひと段落していた時間のせいか、
腹ヘリだという我々のせいか、お料理を出してくださるテンポもとてもよく。
そして、もちろんお味も良くて。  大満足~!で帰路に着きました。
『森下帰りにはロベルト』、を定番にしたいです、ホントに。  
[PR]
by uriurip | 2011-04-14 15:45 | 外ごはん

食べたり飲んだり動いたり

e0155475_11171672.jpg
食べたり飲んだり動いたり、の先週末、始まりは金曜の夜から。
塩、コショウとにんにく、ローズマリーの味付けで、皮をパリッと焼いた鶏肉に、
レモンをぎゅーっと絞って、いただきます!
e0155475_11355649.jpg
お伊勢の地下、奥の方にある魚やさんをたまにのぞくと、お手頃価格で生本まぐろの切り落としがあったりします。
塩、コショウして火を入れて、お醤油とバルサミコで。 ふっくらでおいしー!
e0155475_11564868.jpg
和洋折衷のこの日は、父作による黒ゴマを散らした母作のお赤飯も。  いつもありがとうございます^^
e0155475_11451653.jpg
桜の時期に飲むから~!!と、うり坊の魔の手(笑)から守っていたココファームワイナリーのこころぜ。
e0155475_11483234.jpg
聞いたことがないブドウ品種に野生酵母発酵、などなど初めてづくし。
濃いめのピンク、というか、まさに薔薇色をした、ぎゅっと詰まった果実味あふれるワインで、
桜のきれいなこの時期に飲むのにぴったりでした。
 
土曜日は、ほぼ2カ月ぶりのフットサルへ。
久しぶり+体の重さで動けない~~~!  
おまけに終了直後から酷い筋肉痛が(苦笑)。
早くも我が年齢を感じたりしつつ、この夜は神保町の某所にて夜ごはん。 ←これは別記事に
e0155475_1420327.jpg
そして翌日、痛む足を引きずりつつ、うり坊の職場主催のチャリティーフットサルに参加。
(トラックに集められた物資は、翌日被災地に運ばれたそうです)
e0155475_14341141.jpg
フットサル参加者は15名ほどでしたが、2時間、チーム替えをしながら、
ひたすらボールを蹴る、蹴る、蹴る!
前日もしていたとはいえ、体は思ったようにはまったく動きませーん。
この2カ月のブランクをもどすには、いったいどれくらいかかるのだろうか・・・・ とほほ。
靴を新しくしてみようかしらん、などと、道具に頼ろうとするわたしって(苦笑)。
職場再開も決まり、みんなのお顔もどことなくほっとしていたようなこの日。
終了したのはめずらしく陽が残る夕方。  飲みに行くにはちと早いか、ということで、
コートに隣接しているおしゃれカフェにて運動後の1杯。 ←結局飲んだ(笑)。
1杯飲むだけのつもりが、誰からともなく「お腹減った!」となり、
サンドイッチやらハンバーガーやらステーキなどを注文しながら飲み続けたメンバーって(苦笑)。
e0155475_14512499.jpg
筋肉痛の足は数日経ったいまでも痛いけど、食べたり飲んだり動いたり、は、
まだまだ続けていきたいなーと思う、ひとつ歳を重ねた週末でした。
[PR]
by uriurip | 2011-04-13 17:58 | 日々の生活

これもそのひとつなのです。

先日親分が電子計りを使いつつ、事務所の台所(キッチン、って感じではないの)で、
なにやら制作作業をしておりました。
その日のわたしは腹ペコだった(苦笑)。「いいにお~い」と思いつつPCに向かっていたところに、
「うりぴーちゃん、ちょっとこれ食べみて。」のお声が。 
e0155475_16112725.jpg
  
e0155475_16122889.jpg
『試食』というのも、仕事のひとつなのであります。
事務所での試食はほんの一口二口程度なので、残りはお持ち帰り。
親分がきっちりとタッパーに入れてくれたので(そこまでしてくれる・・・)、
もちろんその夜のおつまみとなりました(笑)。  親分、ありがとーう!

そして本日某所からも試食品が届く。
「〇〇先生とうりぴーさんに試食していただきたいのですが・・・」
と、親分だけでなく、なぜかわたしの名前まで入ってた。 ←食いしん坊だとバレてるのか?
来週のランチは鍋かしらん。 むふふ。

More
[PR]
by uriurip | 2011-04-08 16:40 | 日々の生活

始まりの先に

e0155475_1053328.jpg
金曜夜から石巻に行っていたうり坊が帰宅したのは日曜の深夜1時過ぎでした。
東北道を北に進むうちに、徐々に道路の細かい隆起が始まり、
直に振動のくるトラックでは制限速度の80kmで走るのもきつかったらしい。
朝に到着してからはボランティアセンターで登録をすませ、(東京で保険登録はしておいてよかったとのこと)
吉村さんが取り組んでおられる『マッドバスターズ』隊として各戸を回ったそうですが、
5~6人で取り組んでも半日で終わるかどうか、の泥やヘドロの量。
始まったばかりだけれど、果てが見えない作業量に、この災害の大きさを感じたようです。
e0155475_1110202.jpg

e0155475_11103779.jpg

e0155475_11124727.jpg
これらの写真は、うり坊に同行してくれたユースケくんが撮ったものをお借りしました。
フットサル仲間の大学生メンバーの中でも一番細身で小柄の彼(わたしがぶつかったら間違いなく吹っ飛ぶくらい)、
心身ともに疲れてしまったのでは・・・・と心配したのですが、
『また声かけてください』とメールがあったとのこと。
「もう2度とうり坊さんの電話にはでないもんね。」などと思われていたらどうしよう???と
気をもんでいたうり坊、安心しておりました。
e0155475_1110066.jpg
2日の滞在では何もできなかった。 と、うり坊。
かといって、「好きなだけいればいいよ。」とも言えないわたしがいます。 あぁ。わたしは小さい人間だ。
誰もが吉村さん(この方は本当にある意味無二の存在)のようにできる訳ではないし、
できる範囲で携わってください、という気持ちです。
[PR]
by uriurip | 2011-04-06 11:45 | 日々の生活

いってらっしゃい

今週始めに話が決まったかと思ったら、それからバタバタと準備が進み、
うり坊、先ほど石巻市へと出かけていきました。

神戸の震災以後、日本のみならず国外まで、災害が起こった先で支援活動を行い、
今回も地震のその日に東北へ向かって、現在石巻市に拠点を置いて活動をされている、
吉村誠司さんという方がおられるのですが、うり坊の10代の頃からの知り合いでもあります。
現地で必要な品は日々変わるようで、当初チェーンソーやら泥掃き出し用のスコップや
水切りなどを持っていくつもりだったのが、
吉村さんからのリクエストは「(お供え用の)生花、ペットフード(今の犬猫は残飯は食べないため)、
トラック、自転車、子供の遊び道具」。
準備担当の『いいのんちゃん』(あだ名です)とうり坊、想定外のリクエストに唖然としつつも、
人脈をフル回転させ、また、吉村さんを取り巻くたくさんのたくさんのお仲間さんたちにより、
二日間で今回のリクエスト品が揃えられたそうです。
聞いた時は、ト、トラック??無理だよね〜、だったのですが、
どこかの大学のボランティア団体が快く貸し出してくれたらしく、
ペットフードは動物病院からの提供、生花は頼もしい看板屋さん(うり坊のワイン師匠)が調達してくれたりと、
こんなものまで!とびっくりするくらい、皆さんからの協力が得られたとか。
物品だけでなく人手も欲しいとのことで、思い浮かんだのが地元フットサル仲間の若者たち。
「初めてなんですが役に立てるんでしょうか..」と、就活真っ最中のユースケくんが同行してくれることになり、
うり坊は荷台に自転車を載せたトラックを運転して現地に向かいました。
(ちなみに今回、うり坊はボランティア保険という津波などにも対応されている保険に加入したらしい)
どうか無事に辿り着けますように。
[PR]
by uriurip | 2011-04-01 22:33