<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハッピバースデーお〜やぶ~ん♪

e0155475_113286.jpg
先日、子分たちによる、親分の古希お祝い会がありました@銀座
1時間に一回、生バンドの演奏があるこちらのお店。
なかなか雰囲気良いお店でしたが(ノリのいい80'Sが演奏されると踊ってたお客様も)、
親分を始め、50オーバーの方々の会話は、
「ここ、昔なんの店だったっけ?」
「たしか◯◯ってキャバレーだったような。」
「そうだ、そうだ! △△の社長が好きでねぇ。 よく連れてこられたよ~。」
キャバクラ、ではなく、キャバレーの時代ですか(汗)。
ちなみに出張帰りで参加のOKさん待ちの間に繰り広げられていたのは、
セクシー居酒屋とフーターズ話。 そして説明していたのはなぜかわたし(苦笑)。
ああっ。これから親分のお祝いをするというのに、何という会話をしてるのっ。
という感じではなく(笑)、これらは外食産業だし我々に近からず遠からず、ということで(笑)。

30分ほど遅れてようやくOKさん登場。 司会のNさんの開会の言葉で始まりです。
「今日はですね、実はOさんが古希を迎えられたということで、そのお祝いにみんなで集まりました。」
みんなの視線が親分に集まると、当人キョトンとしております。
「え? なに? 古希って? みんなで食事しましょうって聞いてたよ。」
「え? うりぴーさん、伝えてなかったの? サプライズだったの?」
す、すいません。 だってサプライズのほうが気を使わないし、楽しいと思ったんだもーん。
このサプライズはほんとにびっくりしたらしく、そして嬉しかったとか。
親分、動揺したままカンパイに突入。
お店のご好意でシャンパーニュを差し入れていただいたのですが、
やっぱり泡の質が違うとかなんとか、奪い合うように2本が空に(苦笑)。
気心の知れてるメンバーゆえ、あとは飲んだり食べたりの宴会へ突入。
ワインのオサレなピッチャーが、どんどこ空いてゆきました。
わたくしはこの日、カロリミットふぁんけるを飲んで参戦してます。 ←気合十分

みんなが出来上がる前にと、親分への記念品贈呈が。
ああ、すっかり忘れてましたよ、何の会だったか。 ←こらこら
と、このタイミングで「はっぴばーすでぇ~♪」のバンド演奏と共に、バースデーケーキの登場。
e0155475_11344218.jpg
この大きさには一同びっくり。 しばし写真撮影大会が繰り広げられて、ようやくロウソクの火が消されました(笑)。
e0155475_11183720.jpg
こちらは手作りの賞状。
最後の署名は「〇〇組一同」。 これじゃホントに親分と子分じゃないですか(苦笑)。
泣けることにこのハンコは、Kさんによる手作りイモ判です。このような作業が上手なKさんは
「業務命令だ」と言われて、2日間にわたりじゃがいもやら人参やらで作成し、
最終的には「さつまいもが一番!」ということでこれが出来上がったとか。
これは今後、額におさめられて事務所に飾られることになっております。

10年前もこのメンバーで親分の還暦お祝いをし、誰も欠けることなく過ぎました。
あっという間の10年。 お仕事ペースは落としてかまいませんから、
いつまでも続く限り、現役でいていただきたいとは、みんなの願いです。
e0155475_1232629.jpg
こちらはお持ち帰りさせていただいたバースデーケーキ。
元気な親分にあやかるべく、うり坊といただきました。
[PR]
by uriurip | 2012-03-23 17:06 | 日々の生活

ごちそうさまー♪

e0155475_15191760.jpg
今朝、夜勤で帰ってきたうり坊からいただきました。
えーなにー? おやつくれるのー? やったー! と言うと、
「今日ホワイトデーだからねー。」ですって。
帰りがけにコンビニで買ってきてくれたもよう^^
先ほどおやつにいただきましたが、Wクリームがおーいしーーい!!
母シズコ宛には、この10倍くらいの金額の品を用意していることには、この際目をつぶっておこう(笑)。
←夫婦円満の秘訣です

今日の昼休みにふらふらとお伊勢の地下に行ったのですが、
今まで見たことがないくらいの男性率の高さ。
お酒売り場の脇に老中若男性が列をなしており、
何かと思ったら、ピエール・エルメのお会計待ち。
お伊勢までの道すがら、エルメの紙袋を持った男性何人もとすれ違い、
なんだろうなーと思っていたのですがこれか・・・
いくつも袋を提げている方もいたし、おかえしも大変なんですねー。 ←女性も大変です
ちなみにわたしの回収(といっては失礼ですが)は、
父からは商品券が届き、親分おともだちのYさんからは毎年『彩花の宝石』が届きます。
そして今年の彩花の宝石、プレミアムがとても美味しくて、うり坊と取りあっております(苦笑)。
ワインのお供にぴったりなんだもーん。 むふふ。
e0155475_15482115.jpg
野望実現のため、買いました(笑)。 当たれーーーー!!
[PR]
by uriurip | 2012-03-14 17:17 | 日々の生活

こんな感じ

e0155475_1421745.jpg
(写真はお借りしました)
先週ちょっと春っぽいお天気になったとき、ふらふら~っと受注会品を取りに行ってしまいました。
このシリーズは2月にはすでに店頭にならんでいた商品なのですが、
太さの違うボーダーがツボでございました。
(mちゃん、わたしボーダーでびゅーですよー!)
わたしが買ったのはスカートで、ウエストはゴム(!)なのでらくちーん(笑)。 やったー! ←なにが?
黒タイツで履いてもよかったし、暖かくなったらレギンスでも◎とか。
これからの季節、重宝しそうな1枚です。
そしてわたし以外にも、このボーダーを重宝したがる人が我が家にもうひとり。
この歳にしてペアルック・・・・ というのも何とも痛々しいので(苦笑)、
着る時はかぶらないようにしようと思っております。
[PR]
by uriurip | 2012-03-12 12:20 | 日々の生活

食後のデザート

昨年パリで食したリ・オレ(お米のミルク煮)。
いつかまた食べたい~!! と思ってはいたものの、
日本でこれをデザートにしているところは知らず・・・
ところがですね、先日仕事から帰ってきたうり坊が、
「今日社食でリ・オレを食べたよー!」の衝撃発言。
な、なぬ!! 
社食でリ・オレが出るだなんて。 (それだけで)なんて良い職場なのーーー!!
リ・オレ初体験の同僚Nくんも、「これ、うまいっすねーー。」と喜んで食べていたらしい。
わたしに美味しさを伝えるうり坊に対し、だんだん腹が立ってきた(なんて子供・・・)ので、
『作り方を教えてもらってくるように』の指令を出しました。
リ・オレ食べたい脳になったいま、こうなったら自分で作るしかないのですよ。 ふがー。
そして数日。
レシピは思いがけないところからやってきました。
うり坊フットサルチーム仲間のNっちゃん。 彼女作だったそうです。
「レシピは簡単ですが、焦げやすいのでひたすら鍋を混ぜてください。」
との指示により、お米がやわらかくなるまで、ひたすら木べらで混ぜること30分。
(混ぜる時間は、某所で盛り上がった『るり色の地球』を歌って過ごしました)
e0155475_15501892.jpg
で、できた・・・
Nっちゃんのおススメは、ドライフルーツかリンゴのコンポート添え。
コンポートではないけれど、リンゴのごろっとジャムは作ってあるので、
それを添えてみました。(ハニーローストナッツは次回はいらないかも・・・)
うん、うん、これ。 これだわ。 この味だわ。
向こうで食べたイメージ的に、キャラメルクリームを添えようかと思ったのですが、
リンゴと合う合うーーー!!
できあがり写真をNっちゃんに送り、添削していただきました。
「うりぴーさん、よく出来てますよー。」
ありがと、Nっちゃん。 これ、焦がさなきゃ失敗はないと思うわ(苦笑)。

夕ごはんとして、お米を食したあとなのに、食後のデザートとしてお米を食べる我々。
次回は、お米以外のものを食べた後のデザートにしたいと思います。
[PR]
by uriurip | 2012-03-09 17:35 | 好きなもの 

世界を旅するワイン

e0155475_112384.jpg
2月下旬に伊勢丹で行われていた催事は、『せかいをたびするワイン展』。
去年も行きましたが、あまりにも空いていたし、1回で終わるかと思いきや。 ←わたしが心配するなって
最初はもちろん、イタリアワインマダムのところでまずは一杯。二杯。三杯、四杯・・・・
ああもう、いつもいつもすみませぬー! 
今回はろ過していないもの(たしか。飲む数日前に立てておいて、と言われた)が今のわたしの好みで、
あとはうり坊任せで何本か。
3月にはまた立川いせたんでお会いする予定だし、4月は大〇!!
マダム、またお会いできるのを楽しみにしております。
続いては日本ブース。
北海道ワインの『葡萄作りの匠』が気になっていたので、
出ているものを試飲させていただきました。
同じブドウで作っていても、それぞれ個性があり、これはもう好みで選ぶしかないかと。
これは次におじゃました中央葡萄酒でも同じ。
グレイスが誇る甲州シリーズも、畑によってお味はそれぞれ。
ワイン、奥深し、を実感です。
そして今回ハマったのはスペイン。
立川の催事や大〇でも何度かお会いしていた売り手さんなのですが、
今回はなんと、抜栓しているものをすべて飲む、という暴挙に(苦笑)。
「まだ飲めますか?」と聞かれ、わたしはニガテな香りだったシェリーまで。
そしてなんと買っちゃったのですよ、シェリーを!
食前酒で飲まれるのが一般的なのですが、これは食中で飲んでも違和感なさげなのです。
なぜニガテかというと、20代前半の若かりし頃、『食前酒といえばシェリー』、
というヘンな知識により、フランスのレストランできどって頼んで香りに撃沈して飲めなかった、
という苦い記憶が(苦笑)。  
失敗から人生はいろいろお勉強してゆくのであります。 たぶん、きっと。 ←願望
また大〇で! とお別れ(笑)したのですが、
こうやって買う先が決まっていくのっていいのやら悪いのやら。
ちなみにシェリーは空気に触れされるため、『ベネンシア』という独特の注ぎ方があるそうなのですが、
スペインせにょーるも試飲カップにて、それを披露してくださいました。
うり坊は「あのコンクールに出てみたいんだよねー」と一言。
あなた何を目指しているの? ツマとして疑問を持った瞬間です(苦笑)。
その後はカナダでアイスワインを飲ませていただき、
酔いに任せてろくせんえん(ハーフで)の品を買おうとしてふと我に帰ったものの、
最後に寄ったドイツブースにて、出会ってしまった6本セット。
e0155475_1326172.jpg
92年のベーレンアウスレーゼ。遅摘み、過完熟のブドウを使った甘口ワインです。
二ヶ月前に抜栓したものを飲ませていただいたのですが、へたりなし。
いつか美味しいチョコレートが手に入ったら。
もしくは、いつかのご褒美の日に開けたいと思います。
しかし今回伊勢丹では、恐るべし36本まで送料同料金!
飲み過ぎて買い過ぎちゃったじゃないの(苦笑)。
[PR]
by uriurip | 2012-03-02 17:21 | 日々の生活

ウズベキの夜

いま、職場で聞いているラジオでは、昨晩のウズベキスタン戦の話をしております。
くーーーーーー。  3次予選突破は決まっていたものの、
FIFAランキングが下がると、最終予選の組み合わせが厳しいものになるので、
ぜひとも勝ってもらいたかったけど。
W杯予選、やはり一筋縄ではいかないのね・・・ とほ。
出場してとうぜん、となっていたここ何回かの大会ですが、ブラジル大会もぜひ、ぜひ!!
6月の試合が今から楽しみでなりませぬ。
 
ウズベキ戦の夜は、地元フットサルチームの、ワカモノたちのお祝い会をしておりました。
私たちが彼らに初めて会ったのは、たしか高校生のとき。
その彼らが、今春大学を卒業して社会人となるのであります。
うーむ。 私たちもそれなりに歳を取ったわね、とほほ。
ちなみに彼らは、『ドーハの悲劇』も『ジョホールバルの歓喜』も記憶にないとか(苦笑)。
毎年この時期に幹事さんのお店で手作りごはん会をするのですが、
雪道をえっほえっほと歩いて少々遅れていくと、厨房にはすでにワカモノたちの姿が。
幹事のツカちゃん指示の元、タラのフライの衣をつけたり、
野菜を切ったり、イワシを三枚におろしたり、んもーワカモノたち、えらいっ!
お鮨やさんが準備したお魚で食べるタラ鍋。ものすごーく美味しかったです。
(ワカモノが準備してくれたせいもあるのか?)
〆は雑炊、と言っていたのに、アジのたたきと共に、なぜか丼飯を食らう我々(笑)。
そして合い間には、もちろんワンセグでウズベキ戦を観戦。
家でうり坊と観ているのももちろん楽しいのですが、
ワカモノたちの意見を聞きつつ、「この交代はアリ?」 「みやいちは出ないのかーーー!?」
「〇〇つかえん。」 「決めろよー!」 ←結構辛辣  
などなど、大勢で観るのも大変楽しゅうございました。
そしてあっという間に(苦笑)負けてしまった日本代表。
引き続き始まったなでしこの試合を見て出た言葉が、
「アメリカはビジンさんが多いよね。 日本てさー、(・・・以下自粛)」
サッカーは顔が勝負ではないでしょうに(汗)。
あれこれ、いろんなサッカー話ができて、とても楽しい夜でした。
負けちゃったのはくやしいけどーーーー!!
(マヤがグランドにあおむけになっていた姿、悲しかった・・・・)
e0155475_174234.jpg
参加者12人中、飲めない人が7人。
5人で4本空けました・・・・(1本写ってないけど)
人数+1本の法則は(笑)???
[PR]
by uriurip | 2012-03-01 17:06 | 日々の生活

かんたん、なんですけどねぇ

e0155475_1612778.jpg
先週末コストコに行ったとき、ふと目に着いた活ムール貝。
こんなの売ってたとは知らなかったーー!!
もちろんお買い上げですよ。 むふふ。
これね、料理方法はシンプルなのですが、お掃除が少々めんどくさい手間がかかります。
わたしが習ったのは、貝同士でごりごりと表面の汚れを落として、
出ているひげのようなものをひきぬく、というやり方です。
後ろでテレビを見ながら、「うひー うひー」 ←ウソです。 こんな笑いかたではないけど。
と楽しそうにしているうり坊を恨めしく思いながら、お掃除、お掃除です。
きれいになったムール貝は、にんにくみじん切り、アンチョビー、
唐辛子をオリーブオイルで炒めたお鍋に一気に投入。 そこへ白ワインも。
はい、あとは蓋をして、貝の口が開くのを待つだけです。
かんたーん。 でも、お掃除が。。。 ←シツコイ

そしてムール貝といえば、イモのフライが付きものです。
e0155475_1625163.jpg
揚げる気力はなかったので(苦笑)、帰宅途中にマクドナルドで購入いたしました。
(どのサイズでも150えん期間中だったし!)
鍋いっぱいのムール貝をほおばりつつ、時々イモのフライもほおばり。
e0155475_1628972.jpg
ぐびぐびと飲んでいたのは、イタリアの白、ラクリマ・クリスティ。
ああもう。 至福の週末でございました。 また見たら、お掃除忘れて買っちゃうと思うー。
e0155475_1631499.jpg
貝から出た美味しいダシは、パスタにしても良いのですが、今回は後日リゾットに変身。 
これはウデはいらず、ダシの美味しさだけでいけちゃいます。
コストコ通いの楽しみがひとつ増えました^^
[PR]
by uriurip | 2012-03-01 12:08 | 家ごはん