<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カキ、カキ、カキーーー!!

e0155475_1646182.jpg
Uターン就職で地元に戻ってしまったmちゃんが、おいしそうな牡蠣のお写真をアップしていたのは2月ごろ。
牡蠣に目がないわたしゆえ、『いつか行くぞ、牡蠣食べツアー!!!』
と思っていたところに、「能登牡蠣は4月上旬がいっちばん美味しいらしいです」
とのmちゃんメールを着信。 4月上旬??? うり坊の休暇、どんぴしゃじゃないの~!!

というわけで(笑)
朝イチから大〇でワイン買い→速攻自宅に帰り昼寝→フットサルで汗を流しでお酒も抜く→仮眠後出発
少々無謀ともいえる、往復1000km旅に出発したのは深夜3時でありました。
前週末は降雪によるチェーン規制が出ていた高速道路。
妙高、黒姫あたりは道路わきに名残の雪がたんまりとありましたが、走行には問題ナシ。
2時間を目途にして休憩を取りながら、8時間かけてたどり着いたのは、
能登半島、石川県七尾市にある宮本水産です。
e0155475_1734011.jpg
直売所といい、食堂といい、ものすごーーく、シンプルなお店です(苦笑)
『焼き牡蠣6個、牡蠣フライ、牡蠣の炊き込みごはん、お味噌汁、小鉢付き』
のおススメコース2500円を注文し、待つことしばし。
e0155475_1765755.jpg
で、デカッ!! 殻付き牡蠣がオバサマにより、ごろごろと並べられてゆきます。
「食べ方知ってる?」と言われ、ぶんぶん首をふる我々。 焼き牡蠣、食べたことないもんね。 
「表面が白っぽくなるまで、7~8分待ってね。」
活のいい牡蠣は、火が通るのを嫌がるかのように、バッチバチ音を立てて、
汁を飛ばしまくるのですが、それが熱いのなんのって(苦笑)
オバサマにアルミホイルで蓋をしてもらって、食べごろになるのをいまかいまかと待ちます。
「そろそろよさそうよー。」と、良い具合に焼けてきたものを軍手でつかみ、
オバサマ指導のもと、上手な開け方を教えていただいて、あっつあつのとろっとろを口へ!!

んまーーーーい!!! 

すごい。 すごいよ、この牡蠣。  
「牡蠣は生がいちばん」と思っていたわたしですが、焼き牡蠣、あなどれません!!
焼いても身がちじむことは一切なく、ぷりっぷりの大ぶりのまま。
無言でほおばるうり坊とわたしでありました。
e0155475_171498.jpg
追加注文で頼んだ3個500円の生牡蠣。
ああもう・・・・  これとね、ワインをぐびっとね、したいところですが(笑)
お酒がなくったって、美味しい牡蠣は美味しいからいいの。 ←意味不明
殻いっぱいに身がついた、大ぶりの牡蠣は、一口で食べられないくらい。
ここで牡蠣スイッチがオンになってしまったわたしは、さらに豆牡蠣1kgを追加。
「だ、だいじょうぶ? 全部食べられる??」
オバサマたちは心配してくれましたが、
「大丈夫です!! 牡蠣を食べるために来たので思う存分食べて帰ります!!」
オバサマたち、失笑(笑)
全部で20個くらいは食べつくし、当然、これらはお持ち帰り。
e0155475_17213022.jpg

e0155475_17215046.jpg
なんとこのお店には、お持ち帰り用のパックが用意されていたのであります。
(夜、食事に出る元気もなかったので、ちょうどよい夕ごはんになりました)

私たちが行った平日は、地元の方たちがごはんを食べに来ている感じの、
のんび~りとした雰囲気でしたが、G.Wになるとお店の外には行列ができるとか。
わかる。 わかるわ。 あの牡蠣を食べるためなら、行列しちゃうと思う。
帰りに即売所によったのですが、一斗缶に入れられた牡蠣は、
銀座の某お店まで発送されているようです。
4日間は生食ができるとのことで、実家用に買い求めたのですが、
「こんな大きいの、食べたことない。」と大好評でありました。
牡蠣剥きの手間を考えるとあれなのですが(苦笑)、
お取り寄せしたい気分がふつふつと湧いてくる今日この頃であります。
8時間かけて行ったかいがありましたよー!

mちゃん、すっごくすっごく美味しかったです!!
教えてくれて、どうもありがとうございました♪
[PR]
by uriurip | 2012-04-27 17:33 | 2012 石川

ハレノヒゴハン

e0155475_14452990.jpg
反射して看板になっていませんがフロリレージュです、ここ。
ふとしたタイミングで、週末ランチの予約が取れて訪れたのは1月の終わりのこと。
供されるお料理に驚き、また、合わせるグラスワインの種類も豊富さにも驚き、
うり坊ともどもぜひまた再訪ノゾム!! ということで2回目の訪問となりました。
e0155475_14523724.jpg
お店のスペシャリテ、フォアグラの前菜。
とろとろのフォアグラを口にほおばって、さっくさくのメレンゲをひとくち。
そしてローストしてすりおろしたヘーゼルナッツで追い打ちをかけ、
さらなる余韻を楽しむかのように、喉に流し込むのはアルザスのゲヴェルツトラミネール。
んもーーー これが美味しくないわけないじゃないですか!!!
・・・・・わたし、食べてないけど(苦笑)
飲みたかったワインとフォアグラが合わないので、違うものを選んでいたのでした。 
うり坊、フォアグラとワインで目もとろとろでした。 いいなー。 

美味しすぎて、楽しすぎて、今回お写真まったく撮らず・・・
何が楽しいかというと、お料理に合わせるワイン選び。
我が家はお互いにあれこれ飲みたいので、各々グラスワインを選んだのですが、
そのラインナップがなかなか楽しいのであります。
甘口のセミヨンあたりでフォアグラを食べたいなーと思っていたのですが、
薦められたのがゲヴェルツトラミネール。
迷っていたわたしに、お店の方がさっと試飲用のグラスを用意してくださいました。
香り、色、余韻も含めて、今まで飲んだゲヴェルツと別クラス!!!
あああ。 あれでフォアグラを食べたらさぞや美味しかったことでしょう・・・

こちらのお店では、メイン食材は調理方法を変えて二皿供されます。
またしても、あれこれそれ、ワインをどれにしよう~?と迷っていたら、
4種類を半分づつ出してくださったのです。
グラスワインは赤白4種類ほど用意されているようですが、
「どんなものが飲みたいですか?」
と聞いてくださり、場合によっては新たなものも抜栓してくださいます。
このサービスにすっかりやられてしまう、我々なのでありました。 もちろんお食事にも!!
e0155475_15423796.jpg
この日、食事後にさる御方へ苺大福を届けるべく、先を急いでいた我々なのですが、
お会計を頼んだら出てきたのがこのプレート。
え?????
うり坊、お店の人に何か言った???
(ちなみにうり坊はこの手のサプライズはしません(苦笑))
ぶんぶん首を振るうり坊。
どうやら前回予約を受けてくださった際の「誕生日に来たいので」と言った一言を
聞き逃さなかったということなのでしょう。 
しかも、おそらく、うり坊が呼ぶわたしの名前を聞きとって、名前まで書いてくださったのです。
ひゃー もう、ほんとにいろいろありがとうございます!!
恐縮しつつ、お会計のサインをするわたし。 ←そう。自分の誕生日祝いを自分で支払うツマなのよ
そしてもちろん、次回の予約も忘れずに。
「飲んでみたいものがあればご用意いたしますから。」
のお言葉に恐縮しかりです。
さあ次回の為に、がんばってお仕事せねば~。
[PR]
by uriurip | 2012-04-19 22:45 | 外ごはん

シュウゾウ先生

e0155475_16213597.jpg
えんぴつ、筆圧しっかりだとそれなりに減るものなのね(苦笑) だいぶ短くなったような。
蛍光ペンも1本使い切りました。
まだまだ、まだまだえんぴつが短くなるまでやらなくては。
 
やらなきゃいけないときってありますよね。
それがいまなんです。
ねるまもおしんで、はやおきしても、ここすうじつはできるだけべんきょうしてください。
やるき、みせてください。
・・・・って、まつおかしゅうぞうみたいですけど。
 
と先生は笑っておっしゃいましたが、
夕べは前日の帰宅が遅くて早々に寝入っちゃったし、
いつもより早く起きても、支度がのんびりになっただけだし。
わたし、ダメダメだよ。(しかもブログ書いてるし(苦笑))

そういえば、学生のころとか、遠くは中学、高校のとき。
ぎりっぎりにならないと燃えないタイプだったことをふと思い出す。
勉強前に爪を切りたくなったりとか、整理整頓をしたくなったりとか。 ←現実逃避、ともいう
おべんきょうは半分過ぎたのですが、初回から数回分を見直すと、
今よりずいぶん簡単だったんだなーと思ったり。 ←こらこら
e0155475_1635045.jpg
毎回の小テストに押されるスタンプ。
一回だけ、「もうすこしがんばろう」的なのを押されました。
その時はもう、回答を書きながら頭の中の整理がつかない状態。
この言葉とあの言葉が結びつかない。
ニガテな個所というか、乗り気じゃなかった個所と言うか(苦笑)
ひゃー それを克服するにはさらなるおべんきょうしかないよー。

こんな出来でいいのか、まだまだ足りないのか、とっても不安になります。
さてさて。 来週中間テストがあります。
どっちのスタンプが押されるか。 がんばれ、わたし。
[PR]
by uriurip | 2012-04-19 16:44 | 日々の生活

私上(しじょう)初の大人買い@大〇

今月、びっくりするぐらい東京のデパートではワインフェアが開催されております。
まずは恒例の大〇世界の酒とチーズ祭り。 三越日本橋店ではイタリア展。 
池袋西武ではワイン&チーズフェア。 ←NYフェアも含めて興味あった・・・・
そして水曜日からはお伊勢でフランスフェアが。
春になるとただでさえおよふくだって買いたいというのに、ワインまで!!
 
・・・・・・およふくともども、スルーなんてできませんよ、もちろん。 うっしっし。
今回大〇へは初日の午前中から参戦となりました。
徐々に人が増えてゆく週末とは違い、お昼になっても会場内は余裕があり、
あれやこれやそれやと、ずんずん飲み進んでゆく我々。
ちなみに大〇では前回あたりから会場で水を売り始めたのですが、
なんでも救急車を呼び過ぎて、『水を置く、飲ませ過ぎない』という御達しがきたのだとか。
売り手さんは「試飲させてください」と言われたら飲ませないわけにはいかないだろうし・・・
飲み屋じゃないし、そんなに飲み過ぎないでー、と思うのはわたしだけでしょうか。
e0155475_1674264.jpg
近ごろ気になるシェリーのなかで、今回ツボだったのが左のボトル、ペドロ・ヒメネスという品種のもの。
濃厚な甘口ですが、これ、黒糖の味がするのですよー!
そのままちびちびでも美味しいし、アイスクリームにかけても◎
イタリアマダムに続き、スペインしにょーるのところでもたくさん飲むようになっちゃいました(汗)
右はモンバジャック、貴腐までいきませんが、ボルドー近くで作られる甘口のワインです。
パテとか合うらしいのですが、デザートに合わせもいいのかなーと、
今度持っていこうかと思っておりますが、いかが(笑)?  
e0155475_16182023.jpg
うり坊的にお気に入りはこの2本らしい。 作り手さんが来場していたのでサインをいただきました。
「どれが好きですか?」と質問したら、一番高いのを指差したのはさすがというか(笑) 
Pandoraは先日行った秀逸レストランで飲んだとうり坊が言ってましたが、
数日前だというのにすでに記憶がないわたし。 こんなんで大丈夫なのか(苦笑)?!
ゲヴェルツトラミネールも飲ませていただいたのですが、好みだったのがピノ・ブラン。
悲しいかな、上記のレストランでグランクリュのゲヴェルツを飲ませてもらったのですが、
それがもう素晴らしくて、ちょっと物足りなく感じちゃったのです。
うり坊は「だんだんぜいたくになっている」と言いますが、誰のせいなんだか(笑) 

もちろんイタリアマダムのところでも新作を飲ませていただき、
ラベルが垢ぬけてきたような高畠でストーブであっためながら作ったというワインを選び、
チリのワインやら、強烈キャラの売り手さんのところでマグナムクレマンを買ったり、
なんと今回、私上初の大人買いをしてしまいました。(2箱届いた・・・)
うり坊は我が子たちにうっとりしていますが、わたし、明細にドッキリよ(苦笑)
すっかり満足したので、フランス展には行かないわ行けないわ―と思っていますが、
飲んでみたい品種があるのよね・・・・  とほほ。
こわいこわいワイン道であります。 
[PR]
by uriurip | 2012-04-16 17:47 | 日々の生活

サクラの時期に

e0155475_14424666.jpg
高田馬場に通うこと20年近くになるわたしですが、神田川の桜を見たのは初めてです。
これは馬場というよりは西武線の下落合駅に近いほう。
川沿いに遊歩道があって、この日もたくさんの人たちがお花見をしておりました。
残念ながらもう桜は散り始めていて、吹雪といかないまでも、
桜の花びらを浴びてのお散歩。 気持ちよかったです^^

あまりにも桜がきれいで、おまけにお天気も良くて。
「良い季節に産んでくれてありがとう」
両親宛にメールをしてしまいました。
ここ数年、blogを通じての大事なお友だちが増えました。
いつかお会いしたい人からも、近々またお会いしたい人からも、
おめでとうの言葉をいただいて、とても嬉しい1日でした。 ありがとうございます!
e0155475_14522582.jpg
両親からは相変わらずの御赤飯が。 もっちもちで美味しいのです^^
e0155475_1457452.jpg
今週は某所でのワイン買いが控えているというのに、うり坊が買ってくれたこの2本。
思いっきり意訳かと思いますが、まあいっか(笑)
[PR]
by uriurip | 2012-04-10 17:41 | 日々の生活

♪ はーるはおわかれの~ きせつです ♪

↑ この歌がわかる方、まちがいなく昭和の同級生と見た(笑)!

先日、塩麹を作り足そうと、たちかわ駅ビル内のスーパーに行きました。
←そこにしか生麹が売っているのをみたことないため
そこのデパートにはあにえすのボヤージュというバック売り場が入っているのですが、
伊勢丹にいたはずの、あにえすショップの店員さんがおりました。

「えー! えー!! どうしてここに???」
「じつは4月から移動になったのです。」

なんだかものすっっっっごくショック。
わたしよりショックだったのは、うり坊にちがいありません。
その方、Oさんはあにえすではめずらしい男性店員さんで、
少々誤解されてしまうんではないかというキャラ(要するにオネエっぽい(苦笑))なのですが、
アドバイスも的確だし、我が家もとってもお世話になっていた方なのです。

「くわしくは店長から聞いてください。」  ←なんかわけでもあるのか???
 
そしてうなだれたまま(それくらいショック)、伊勢丹のあにえすショップへ向かう我々。
店長のNさん、我々の顔を見るなり「Oが移動になったんですよー。」と。
いまあっちのお店で会いました・・・・
まあなんてことない、人事異動だったのですが、
こちらの店舗には、平成生まれだという新卒くんが配属されておりました。
彼に落ち度はまったくないけれど、こちらの購買層的に新人くんの年齢はどうなんだろうかと、
老婆心ながら思ってしまったわたしでありました。 ←たんにOさんが良いだけなんだけど。

あにえすのおようふくが好きなのは一番なんですが、
ここのショップの店員さんたちが好き、というのも、
いくつかあるショップの中で、たちかわで買い物をする理由なのです。
あーあ。 なんだかさみしいなあ。
e0155475_168957.jpg
さみしいからと言って、お買いものの手を休めるわけではありません(苦笑)。
受注会で見たのは半袖ニットだったのですが、おそでの金ボタン羅列にひかれ、
長袖に変更してしまいました。
あにえすはフランス国内生産にこだわっているデザイナーさんだそうですが、
ブランド創設の1976年以降、フランス製の商品が作れる工場も減ってきているとか。
おととしの9月からは、「ファブリケ・アン・フランス」(フランス製)の商品には、
特別のタグが付けられています。このニットはどうやら南の方で作られているもよう。
そして春の転写シリーズスカート。
ピンクのインパクトもすごかったけど、これもすごいかもー(苦笑)
春のおしゃれ、楽しくなってきました^^
[PR]
by uriurip | 2012-04-09 17:07 | 日々の生活

春~♪

先週末、江戸川橋でウハウハのセールを楽しんだあと(日本代表ユニ買っちゃった・・・)
うり坊と向かったのは、西日暮里・鴬谷エリア。
イアナックでパンを買い求めたあと、ここまで来たら行くでしょー!と、
大好きなイナムラ・ショウゾウへ。
e0155475_15171269.jpg
桃香。 シャンパーニュが使われた、上品なお味のケーキ。
テレビで放映されたとかで、これを買い求める方が多かったような。
うり坊が喜んで食べていましたが、色もお味も『春~~♪』という感じ。

しかし相変わらずお店は行列必須で、この日も日曜お昼前で10分くらい待ちました。
平日のお昼休みにダッシュで行く時でも、お客様が途切れるのを見ないくらい。
この日もイナムラさん自らモンブランを製作中で、変わらず人気のお店なのですねぇ。
e0155475_15231022.jpg
サバラン。 ここのところ、あちこちでサバラン買いをしていますが、
なかなか気に入ったお味にたどり着きません。
理想は、パリで食べたHUGO&VICTOR。 
たっぷりシロップを吸いこんでいて、でも、むせるようなお酒の香りではなくて、ほどよく香るくらい。
たっぷりのクリームと合わせて、じゅわっと食べると悶絶ーーー!となるようなやつ。←難しい(苦笑)
理想のサバランを求める旅は、まだまだ続くのであります。
その前に、飽きるかも(笑)?
[PR]
by uriurip | 2012-04-07 15:15 |          *ケーキ

美味しさ倍増グラス

e0155475_14423123.jpg
先月の、とある雨降り金曜日。
ついったーにて、ガレージセールをつぶやいていたこぐまさんに誘発され、
わたしも行っちゃいましたよー、松徳硝子のガレージセールへ!!
我が家にはこのとき買ったうすはりがあるのですが、
他にも買い足したいなーと思っていたところに、こぐまさんによる、ためになる現地レポ(笑)。
その節はすっかりお世話になりました。 こぐまさん、ありがとうございました!
この日はしみじみ、ついったーありがと~!と思いましたよー。
そして買ってきたのが、上のお写真のワイングラスなのであります。
左がブルゴーニュタイプで、右がボルドータイプ。
両方ともびっくりするくらいのお値段で買うことができ、職人さんに申し訳ないくらい。
e0155475_1451674.jpg
ちょうどブルゴーニュの在庫があったので、まずはブルゴーニュのグラスを使ってみました。
いままではリーデルのオー シリーズでしたが、もちろんリーデルも良いけれど、
さすがの薄さで飲み口がやわらかく感じられて、

んもー 美味しさ倍倍増っ(笑)

が、しかーし!
リーデルに比べると驚きの薄さで、うり坊の洗いもの嫌がり度も、倍倍増(苦笑)

e0155475_15117100.jpg
グラスが一気に増えたのと、万が一の被害を最大限に抑えるべく、
棚の中段に適当に(苦笑)並べていたものをすべて下段に。
e0155475_1593145.jpg
上にはこんな風に旅の思い出が並んでいるのですが、
万が一、これが倒れた時を考えると・・・・  いや、考えないようにします(笑)。
[PR]
by uriurip | 2012-04-06 20:41 | 好きなもの 

気にすることじゃないかもしれないけど。

某国でお仕事をしようとしている方の、橋渡し的なことをしているここ数カ月。
だーいぶ、というか、ようやく内容が詰まってきて、契約書を送ってくれればvisa申請します、まできた。
が、しかーし。
肝心の、金額に誤差が生じ、納得できない(当然といえば当然)となった。
雇用主さんは契約者さんに払う報酬以外にも諸々の経費を負担してくれるし、
契約者さん、もうちょっと歩み寄ればいいのに、と、単純に思ってしまうわたし。 
金額だってそう悪くないと思うけどなー。
雇用主さんへのご希望はありますか? と聞いたとき、契約金についてが主。
というか、それしか出てこなーい(苦笑)。
お金は大事だよ。 うん。 もちろん、わたしもそう思います。
それに固執すればするほど、自分のこれからの仕事のハードル上げちゃってるんじゃ・・・
と、余計なことが気になって仕方ありません。

そしてもひとつ。
雇用主さんへのメールはわたしが取りついでいるのだけど、
契約者さんは、パソコンではなく、携帯電話でメールを送ってくる。
きちんとした文章も、携帯からだって打てるかもしれません。
でもね、あのー あのー  これ、日本人が書いてるのでしょうか? っていう、
句読点メチャクチャ、文章構成も??だらけの、大変読みづらいのがくるんですけどー・・・・
↑ 自分もちゃんとしてるかといえば、自信がないけど。
それをそのまま先方へ転送なんて、わたしには恥ずかしくて出来ません。
というわけで、改行したり、文字を揃えて送るわけです。
ああもう。 ある年齢の方に、パソコン打てるようになってとか、
もちろんいじめたりする気持ちはないですが(親分、PCはクリック操作しかできない)、
「そのまま転送するので、それなりの文章で送ってください」
とは、最初に伝えたはずなのにー。
 
そして我が親分。ついに若干キレた(苦笑)。
「うりぴーちゃんが今週末から休暇になるから、直接先方とやり取りをしてください。」
えっとー、わたし、まだ休暇ではありませんけど(汗)
実はめんどくさいことに、なぜだか、
契約者さん→わたし→日本支社→某国本社
という経路で転送されていたのです。 
いちおう、日本支社さんには、「すみません、もしかしたら読みづらいメールかもしれないのですが・・・」
と言ったところ、
「あ、わたしはそのまま内容見ずに送るだけなので、問題ありませーん。」とのお答え。
上手くいってほしいけど。  どうかなー、この契約。
[PR]
by uriurip | 2012-04-06 18:22 | 日々の生活

むっちむちでしっとり。

むっちむちで、しっとりーー!!

そんなお肌にあこがれるお年ごろのわたしですが(笑)、
むっちむちなのはこちら。
e0155475_14161428.jpg
どどーーーん!! カステラでございます。

『カステラといえば文明堂』だったわたしですが(なぜなら工場が近くにあったから)、
文明堂以外にもカステラ屋さんがあったと知ったのは、だーいぶ大人になってからです。
(そして文明堂といえど、東京内でも地域でビミョウに店舗が違うという大人の事情)
数年前、親分の友人である長崎出身のNさんと長崎へ出張したときのこと。
長崎といえばカステラでしょう!!と、Nさんおススメのカステラ屋さんを聞いたところ、
「松翁軒。 それ以外はナシ!!」との力強いお答え(笑)。
松翁軒は東京で買えないため、それ以後催事で見かけるたびに買い求めております。
 
で、話はもどり・・・・
じつは上のお写真、松翁軒のカステラではございませぬ。
何気に見ていた金麦奥さんのテレビ番組にて紹介されていた『琴海堂』のものなのです。
お父さんと息子さんが焼くそのカステラは、和三盆に水飴、ざらめ、厳選した素材に、
手間暇たっ~ぷりかけて作られており、んもー 見た瞬間、ipadに手が(笑)
この製造工程見たら、ポチッとしたくなりません?
e0155475_14331822.jpg
届いてすぐでも美味しいけれど、10日ほど置くとしっとり感が増して美味しい、
とお父さんが薦めていたので、きっちり寝かせて切りましたよー。
たしかに!!  しっとり、むちむちで、美味美味~♪
たっぷりめに入ったざらめのじゃりじゃり感も良い感じ。
いつも食べたいわけではないけれど、時々無性に食べたくなるカステラ。
お手軽とはいえませんが、またポチ買いしてしまいそうです^^

こちらのお店。 現在長崎在のAくん宅から近いと思われます。
次回おみやげを買ってきていただけるならば、ぜひともこれでお願いいたします(笑)。
[PR]
by uriurip | 2012-04-06 12:14 | 好きなもの