タグ:エペルネ ( 2 ) タグの人気記事

エペルネでちょこ買い

予定ではモエ・エ・シャンドン社を11時には出発し、エペルネの街で少々買い物をして、
お昼休憩を兼ねてトロワまで向かう予定でした。

が、しかーし!
モエ・エ・シャンドンへの到着が遅れた上に、思いがけず見学時間もたっぷりとなり、
予定はかーなーりオーバー・・・・
それでも、どうしても寄りたかったところには行きました。
e0155475_16122568.jpg
Vincent Dallet ヴァンサン・ダレ、と読んでよいのでしょうか。 
うり坊を駐車場に待たせ、(マサオはうろうろと、付近の撮影をしていたもよう(笑))
ばばば~っとお店に入ってしまったので、店舗のお写真等は一切なし。
目的はチョコレート!!
e0155475_16153845.jpg
右上のナッツがずれているのはスルーしてください(苦笑)。
こちらのチョコレート、とーーっても好みのお味でした!!
表現がおかしいかもですが、『きちんと甘い』のです。
チョコレートを詰めてもらっている間に、うり坊が好きなパート・ド・フリュイ(フルーツのピューレを固めたもの)
を見つけたので、そちらも購入。 フランス滞在中に食べられてしまったのでお写真はありませんが、
濃厚なフルーツのお味が、これまた美味しかったそうです。  た、食べたかった・・・

話は逸れますが、わたしが愛してやまない、ヨーロッパでしか見かけない『キンダーショコラ』、
我が家では「子供のチョコレート」(パッケージで白い歯を見せて子供が笑ってるから)と呼んでいるコレ。
e0155475_16293327.jpg
これなんかは一度にいくつも食べちゃう『大人食べ』方式ですが、
Vincent Dalletのチョコレートなどは、一粒でも十分満足なのです。 お値段の差、大か?(笑)。
すでに残り少ないのですが、昨晩赤ワインのお供にいただきました。 合う合う~♪
味と共に旅の思い出もよみがえる、良い夜でした。
[PR]
by uriurip | 2011-06-16 23:58 | 2011 フランス

人生初、の1本

4日目。 朝ごはんを食べに行ったホテルのレストランからはランスの大聖堂が見え、
「食事しながらこんな景色が見えるなんてね~♪」と、なんだか幸先良い感じ満載^^

だったのに・・・・
アポイントメント1時間前に出発の予定が少々ずれ込み、
今日もナビを間違えずに進めれば間に合うはず! で、ランスの街を後にした我々。
あっという間に迷いました(苦笑)。 ←やっぱりですよー、チキチキさん!
ストリートビューでは見なかった景色がわたしの目の前に広がり、
「で、どっち?」 道案内担当はわたしなので、こういう時のうり坊は、ただわたしに聞くのみ。
ムスメ夫婦の険悪な空気を感じ取ったシズコ、地名を一生懸命読んでくれたりして。 すまん、母(苦笑)。
とりあえず、街中まで戻ろうと走り出すと、事前学習で見た景色が復活!
「あ、ここ右だ!」
ううむ。 道案内をストリートビュー頼りにしているわたしが問題のようです(苦笑)。
エペルネまでの道は、しばし一本道。 目的の通りはその名も『シャンパーニュ通り』。
もう迷うこともないでしょう!

ところがね。  そう簡単にはいきませんでしたよ。
エペルネの街に入ってから、なぜかラウンドアバウトの迷宮にはまり、
シャンパーニュ通りが見つからないのであります。
ようやくたどり着いた時は、予約時間から15分は過ぎておりました。 とほほ。
とりあえずわたしだけダッシュで受付に向かい、謝りつつ「もう始まってますよね・・・・」と訊ねると、
「あななたちを待ってたからまだよ。」とほほ笑みながら答える受付嬢。
おおーーーーー! なんということ!!
「すぐ戻ります!」と駐車場に走り、うり坊に告げると安堵の表情が。
そうね、わたしもダメだと思った(苦笑)。

そんなこんなで受付を済ませると、どうやらダメ元でリクエストしていた、
「日本語ガイドでよろしくね。」が通っていたらしく、我々しかいなかったので待っていてくれたもよう。
申し遅れましたが、唯一日本からアポイントメントを入れていたシャンパーニュメゾンがこちら。
e0155475_111089.jpg
モエ・エ・シャンドン社なのでありました。
e0155475_1113857.jpg
写真では伝えきれませんが、建物もとても素敵なところなのです!
モエ・エ・シャンドンといえば、ドン・ペリニヨン。 こんな銅像もありました。
e0155475_112467.jpg
道を挟んだ反対側には、モエ・エ・シャンドン社の迎賓館があるという豪華さ。 
さすが世界有数のシャンパーニュメゾンです。
先日温室(オレンジ専用。それを「オランジェリー」というのを初めて知りました)から
出したばかりだというオレンジの木もありました。
e0155475_1181099.jpg
モエ・エ・シャンドン社への予約は、HPからできます。 
予約完了後、時間の確認や、料金の案内、予約番号などがメールで返信されてきます。

そしてカーブへ。  
[PR]
by uriurip | 2011-06-15 23:58 | 2011 フランス