タグ:和菓子 ( 15 ) タグの人気記事

わたしもシスターズ??

e0155475_1628085.jpg
はるこさんに教えていただいてから、お取り寄せまでして食べた甘音屋さんのお菓子。
伊勢丹で催事アリ! の情報が回ると(笑)、のぞきに行くようになりました。
そして今回は、朝8時から受けた人間ドックが終わり、
結果に落ち込みながらもお約束の韓国市場に寄ってキムチを買い(値段が上がってた・・・)、
夜だったら横切るのを躊躇してしまう歌舞伎町の怪しいエリアを歩き(テレビで見かける愛本店とか(笑))、
いそいそ向かった伊勢丹。

が、しかーし。
この前あったところにお店がない!
「甘音屋さんはどこに?!」 思わず受付嬢に確認しちゃいましたわ。

近ごろ黒糖かりんとうは催事以外でも見かけるので、まずはこちらを。
e0155475_16294684.jpg
しょうが味のかりんとう。 甘い!だけど、しょうが味!のこちら。はまります~。
個別包装だし、何かしながらおやつにできます。←お行儀悪い
黒糖もいいけど、『限定』に弱い(笑)ので、伊勢丹でしか買えないところもまた良いの。
e0155475_16304561.jpg
そして先発隊のはるこさんオススメだった『朔』も。
これはなに?? どこを食べても栗だー!!
なんとこちらは、栗の風味をしっかり残した栗あんを、羊羹でコーティングした逸品。
うり坊、「栗だねー」。  あっさり、さっくり一口ですよ! もうあげたくない(笑)。

今回もたっぷり甘音屋さんのお菓子を楽しみました。
シスターズの熱い絆(笑)による催事情報。  今後ともよろしくお願いいたしまーす!

あ、冷やしみたらしは母の手に渡り、わたし、お味見できませんでした・・・
やわやわのみたらし、わたしも食べたかった~!
[PR]
by uriurip | 2011-10-11 19:16 | 催事めぐり

究極~~!

e0155475_1451137.jpg
はるこさんが、「もんぜつー!」していたいちご大福。
見た瞬間から、『た、食べたい』願望がふつふつふつと、沸騰点。  
食べたい。 食べたい。 食べたい~~~
これはぜひとも食べてみたい!!!

というわけで、少ない情報からググってみたわたし(苦笑)。
たぶーんここだろうというお店を見つけ、さっそく注文。  ←いつになく素早い行動
(その後はるこさんは御親切にお店を教えてくださいました)
2日後に届いた、真っ白白すけのいちご大福。
袋から取り出す時の、生地のやわらかさといったら!!
e0155475_1515387.jpg
こちらのいちご大福は、しっかり、大きめのいちごが、
なんと黄味あんとマシュマロ生地に包まれてるのであります。
あぁこれ・・・・
ほんとにもんぜつー!

生地とあんといちごのバランスが絶妙。
大福のなかにいちごを入れた人もすごいけど、この組み合わせを生み出した店主、スバラシイ!
そして翌日のいちご大福(本当は到着日当日が賞味期限ですが自己責任で)、
なんだかちょっぴりふっくらしてるのです。
むむむ。 おそらくいちごの水分がマシュマロに吸収されてるのではないかと思われますが、
ふっくらしたのも、これまたおいしいのでありました。

いちご大福を注文してしまったあとで気付いたこちらの存在。
e0155475_15242725.jpg
電話でお願いして、同梱していただきました。 黒糖味が濃ゆ~~いかりんとうです。
個別包装されているし、旅のおやつにいいかなーと、その前にひとりこっそり味見よん。うしし・・・
と思っていたら、黒糖ラバーのうり坊に見つかりました(苦笑)。
わたし的には、味のインパクトはいちご大福の方が上回ったけれど、
しっかり、厚めにコーティングされた黒糖味、1つで満足感たっぷりです。

こちらのお店の商品、じつは新宿伊勢丹でも期間限定で売られていたもよう。
洋菓子のプロモーションはチェックするけど、和菓子はノーチェックでしたわ・・・
次回見かけたら、間違いなくリピートです!
はるこさん、こぐまさん、どうもありがとうございました!!
[PR]
by uriurip | 2011-04-22 15:34 |          *和菓子

求ム! 

e0155475_13194291.jpg
三連休の初日、Eサマとの茗荷谷ランチの前に、護国寺にて群林堂の列(20分待ち)に。
久しぶりに食べた豆大福は、塩味の効きもよく、おいしゅうございました♪ (でもわたしの好みは松島屋かなー)

そしてえっちらと坂を上って、お待たせしたEサマと向かったのは、播磨坂にあるタンタローバ
気軽に楽しめるイタリアン、トラットリアという感じで、ご近所さんと思われる小さなお子連れご家族や
ご夫婦などがひっきりなしに来店し、店内は満席でございました。
会うのは1カ月振りだし久しぶりではないのだけれど、この間にEサマはイタリアに行き、
わたしたちが知り合うきっかけとなった某お鮨屋さんの大将が天に旅立たれたり・・・と、
相変わらず話は尽きず。  
だいぶ前から一人で切り盛りをしていたツカちゃんの顔を見に、近々お店に行かねば・・・

ランチ後に丸の内へ向かうEサマと別れたのちに、
姉から聞いていた播磨坂下にあるバッグ屋さんをのぞいたわたし。
・・・・・ちょっとだけよー、ではなく、もちろん買っちまいましたわ。 うほー。
買ったことについては特に言わなかったうり坊から「こういう、普通のバッグが欲しかったの?」
と言われ、市松模様のハラコと迷ったことを思い出してテンションだだ下がりましたが、
いいの。 いいのよ、通勤用だしー! ←自分に言い聞かせてるわけではない。
その後に行った池袋西武の人混み、アウェイの洗礼を受けて副都心線で三丁目へ(笑)。
ちまちま用事を済ませて帰宅した頃には夜になっておりました。 

どこで買えるの?
[PR]
by uriurip | 2010-09-27 14:22 | 日々の生活

おかしくない?

昨日の予告?通り、お昼休みに伊勢丹へ行ってきました。
『DMを持参するとトートバックをもらえる』期限が今日までだったので、
某石鹸を買いに行ったのであります。

石鹸売り場は2階。 
ちゃっちゃと買いものを済ませ、地下に降りようとエスカレーター乗り場へ。
下り側に回り込むと、某bというここのところわたしが愛してやまないショップがあるのですが、
先日お会いした歩くマネキンさまのスカートが気になり、ちょ~っとチラ見。

やっぱりかわいいーーー!
もう1着気になるアイテムがあったのですが、本日のわたし、黒チェックのパンツに黒ワンピ、
という試着には不適切な服装だったため、試着→購入には至らず(笑)。
た、たすかった・・・ というべきかしらん。

そして地下へ。 グレープフルーツのプリン(どんだけ影響受けてるんだか・・・)を求めて売り場に行くと、
「今日はないんですよー。」
と、ひざがっくしのお答えを売り場嬢が。
入荷をチェックできるHPを教えてもらって、野菜をちょびっと買いこんで帰ろうとしたのですが、
ふと思い立ってこれを購入。
e0155475_16475763.jpg
来るべき暑気払いに向けて、おみやげ選びに余念がないわたしであります(笑)。
これは親分とお茶の時間にいただきました。
そしてさらに。
e0155475_1650510.jpg
浦和のアカシエのケーキまでも(汗)。

洋服買わずとも、余計なものを買わずに伊勢丹を後に出来ないのかしらわたしってば。
おかしくない? じゃなくて、おかしい。  うぅぅ。伊勢丹め。
[PR]
by uriurip | 2010-05-28 16:54 | 好きなもの 

モーガン夫妻とぼたもち

噂のモーガン夫妻』を観に行ってきました。
わたしが行くシネコンは、金曜日だと「ふたりデイ」ということで2名で2000円で観られる上に、
しかも元々駐車場代はかからない、というありがたいところなのであります。
「『噂のモーガン夫妻』を観た。」と言うと、たいていの人は「????」という反応。
今回も、またしても、いつもと同じような、役柄だったけど。 
いーのいーの。 どんな内容であっても、ヒューさまが見られれば(笑)。 ←ファンなのよ・・・
ジーンズにワイシャツ(しかもボタンは2~3つ外してる)姿があんなに似合うのは英国人だからだろうか。
(ふと気付いたけど、例の5人のボーカルグループでが好きなあの人も、
ワイシャツのボタンは常に外してる。 自分の好みにいま気付いた(笑))
ところで行ったシネコンでバイトをしているフットサル仲間のKくんによると、
『2か月に1回、ポップコーンを作る検定』
というものがあるらしい。 これを受けないと、ポップコーンを作れないんだとか・・・
「あれ、顔に跳ねるし、熱いんっすよー。」
たかがポップコーンとはいえ、ありがたく食べたいと思います(笑)。
ところがいつもはポップコーン派の我が家が今回買ったのはコレ。
e0155475_16213212.jpg
止まらないのですよ、これ! プレッツェルの塩気とキャラメルの甘さが混じり合った甘塩っぱさが◎。 
成城石井で似たようなのが売っていたので思わず買ってしまいました。

そして映画のあとは、車で数分の実家へ。
e0155475_1627588.jpg
母作のぼたもち。
3月と9月のお彼岸時の楽しみであります。 うしし。
家に帰ったうり坊が、「小腹が減った。」と食べていたのは知っていましたが、
翌昼ごろ、いざ食べようとふたを開けてみたところ、すでに残りは3つ。 
「おいしかったからー。(つい食べすぎちゃった)」
おそらく母は偶数個入れていたはず。 ぐずぐずしていたわたしがいけないのであります。 とほほ。
「食べられちゃったよ・・・・」
と、母に泣きつくと(笑)、材料が残っているからと再度作ってくれました。
この春、我々はどんだけぼたもちを食べたのでしょうか。 美味しかったけどー。

伝統?
[PR]
by uriurip | 2010-04-01 16:43 | 日々の生活

甘党の老舗に行ってみました。

e0155475_16471050.jpg

和菓子モードだった9月、この方の記事を見て行ってまいりました。
(お写真は向こうの方が素晴らしいのでご参考に・・・)
いまのカーナビってすごい! と、いまさらながらに実感。
住所入力しただけでお店の前まで行けました。
(え? 普段のわたしは、カーナビ=地図、くらいにしか思っておらず、無視しまくり(笑))
到着時間は19時過ぎ。 
恐る恐る店内に入ると、ちょうどお客様はおらず、人気のない店内に向かって
「すみませーん。」
と声をかけること数回。
あ・・・ カウンターに置かれているよび鈴を振るべきでした。
ちりりりん、で、すぐに出てきてくださいました。

この日買ったのは『わらび餅』。
これが食べたくて天のやさんに来たんですから~!!
e0155475_1648267.jpg

わらび餅と、きなこ&白みつのセットが、美しく立派な箱に入れられて渡されます。

「今日だと冷蔵庫に入れないで召し上がってくださいね。」
と言われ、もちろん『本日中にお召し上がりください』は鉄則。
自宅に帰りついたのが23時過ぎだというのにいただいちゃいましたよー。
e0155475_16563427.jpg

食い気先行ゆえ(笑)いつにもましてお写真がよろしくありませんが、
とろろん、ふるるん、の食感、あ~っと言う間に胃袋へ消えてゆきました・・・・・

もう少しふるるん具合がしまってもよいかなーと、
冷蔵庫に入れたものも食べてみましたが、
ちょっと時間が長かったもよう。  
とろ、ふる、くらいになってしまいました。  あぁざんねん・・・・
食べ応えのあるがっしり和菓子も良いですが(わたし内で代表格は豆大福)、
たまにはお上品なのど越しも良いわ♪  と思ったのでありました。 おほほ。

More
[PR]
by uriurip | 2009-10-15 17:20 |          *和菓子

ぷりぷりにハマります。

e0155475_1518836.jpg

2週間ほど前のこと。 帰宅途中に珍しく母から電話があり、
「今ね、テレビで高田馬場の寒天屋さんのことやってるんだけど近く?
すごーく美味しそうなんだけど。」  ←行けってことだ(笑)。

お店の名前を聞いたので調べてみると、たしかに職場から徒歩圏内。
お天気も良かったので、さっそく翌日散歩がてらに行ってみることに。
目指すお店『寒天工房 讃岐屋』さんは、神田川の遊歩道沿いにありました。
e0155475_15303522.jpg

店内のショーケースには、餡と蜜がセットになっているあんみつやところてんの他に、
単品でえんどう豆やら求肥、黒みつ、もちろん寒天なども販売しています。
家には蜜やあんこもあるので、この日は寒天とえんどう豆のみ購入。
e0155475_15371763.jpg

「昨日テレビを見た母から電話があって、さっそく買いに来てしまいました。」
とお店の方に話すと喜んでくださり、「よかったら使ってくださいね。」と黒蜜をおまけでいただいちゃいました。

「寒天買ったどー。」
母に報告の電話をすると、
「へ?」
と驚いたのち、「さすがだわ・・・・」とのお言葉。  そーよ。食べたいものは即行動がモットーなのよ。
そして肝心の寒天。
e0155475_15473383.jpg

歯ごたえ、香りもしっかり。 食べ応えのある寒天はぷりぷりです!!
この寒天にあんこは不要かも・・・  ちょっぴりの黒蜜と塩気のあるえんどう豆とで十分な美味しさです。
「うまー、うまー。 寒天ってこんなに美味しいものなのねー。」
うり坊とふたり、あっという間に食べ終わってしまいました。

で、翌日。
母用にもえんどう豆を購入しようと再びお店へ。
昨日応対してくださった方と再度顔を合わせたので、とても美味しかったと伝えると、
お時間があればお茶でもいかがですか? とのこと。
e0155475_1555616.jpg
 
お茶受けに求肥と寒天までいただいちゃいました。 
寒天、楊子で切るのが困難なくらいなぷりぷり具合です。 あー美味しかった♪
高田馬場からは15分ほど。  昼休みの散歩&おやつ調達にちょうど良いかも。

寒天工房 讃岐屋 高田馬場工場直売店
新宿区高田馬場3-46-11
定休日 水曜日   *新宿高島屋にも店舗があるようです。


しかし高田馬場ってラーメン屋さんが多い!
駅の西側にもあんなにあるとは思わなかった・・・  たまには食べてみようかしら。
[PR]
by uriurip | 2009-09-29 16:08 |          *和菓子

スポーツの秋 > 食欲の秋

e0155475_15435380.jpg

朝起きるとすでにどんよ~りとした空模様。 
このまま降らねばいいけど・・・と思いつつ、東陽町までドライブ。

と、その前に、食材購入のためIデパート(えぇ・・・また行きました・・・)へチラ寄りし、
さらにおやつ購入のため人形町をうろうろ。
e0155475_15545414.jpg

開店の5分ほど前には到着しましたが、店内にはわたしの予想に反して、
男性比率の高い行列が12~3人出来ておりました。
うり坊に与えられた待ち時間リミットギリギリでしたが、『高級鯛焼』無事ゲットいたしましたよ~。
e0155475_15592420.jpg

『鯛焼』と漢字で書かれると、庶民派なおやつが高級に見えてくる(笑)。
e0155475_1634919.jpg

まずは運転手さんにあげましょうかね・・・ 
と、動く車内にてこの写真を撮っている膝の上がヤケドしそうなくらい鯛焼はあっつ~~い!!
薄めのパリッとした皮に、甘さ控えめのあんこ。
あぁもうこれは焼き立てをはふはふと食べるにかぎります! 美味しかったわぁ。
e0155475_16213178.jpg

そしてこちらが本日のメインイベント。 
うり坊の職場チームがエントリーしたフットサルのMIX大会に、わたしもちょびっとだけ参加してきました。
『女性プレイヤーが常時1名以上ピッチ上でプレーすること』
が条件なのですが、女性の得点はサイコロの目で決める、というローカルルールもありました。
女性の得点は2点とか3点はよくありますが、サイコロの目ってどうなんだろうか・・・
(実際2ゴールで10点獲得したチームもあり、こうなるともう戦意をなくす気もしないでもない)
4試合して3勝1分け。 商品争いのPK戦で負けてしまいましたが(うり坊痛恨の2本外し(笑))、
久々の大会、楽しかったです!!

東陽町のあとは森下でのいつもの月1フットサルへ。
最初は気分良く動けていたのですが、だんだん体が動かなくなってきた30代半ば過ぎ(笑)。
試合に出た時間はたいしたことなくても、体へのダメージは徐々にでるんであります。
『5人ひと組になり、パスを出しつつ、ポジションを変える人の名前を呼び、そこへ移動する』という練習。
ボールを扱うことで精いっぱいだというのに、更に頭まで使うとは・・・ とほほ。
わたしのチームでは「えりっく」というカタカナ名前の男の子が呼びやすく、大人気でした(笑)。

練習が終わりゲームが始まるころ、ぽつぽつと降り出した雨。
いったんやんだ後、一気にどしゃぶりとなりました。
ところがね、当然ながら『やめる』ことはいたしませぬ。
あんなに全身ずぶぬれになることはめったにない経験です(笑)。
ボールは飛ばないわ、予想外に転がるか、止まるか。
雨の中で試合をやるプロの人たちに向かって、「もっと走らんかい!」
ナドの野次は二度と言うまい、と思いました。 ハイ。

そして。
[PR]
by uriurip | 2009-09-14 17:08 | 日々の生活

水無月は終わったけど。

e0155475_16153940.jpg

高校生の時に茶道部のユーレイ部員だったわたし。
お手前の作法なんて、す~~~っかり忘却の彼方だけど、
体験入部をしたその日に食べたお菓子が『水無月』だったのは今でも覚えてる(笑)。

数年前に知ったのですが、京都では『夏越しの祓(なごしのはらえ)』である6月30日に
水無月を食べる習慣があるそうです。

今回は伊勢丹の地下にある「仙太郎」のもの。
ダイエットをしようとジョーバに乗って腰を痛めたという叔母の元へも
お見舞いがてらに届けました。
「ジョーバで病院通い」だなんて冗談かと思ったら、ホントだった・・・

邪気払いの力がある小豆に、氷に見立てた白のういろうで暑気払い。
もっちりで甘さ控えめは、じめっとした昨日の天気に◎
食べものでの厄祓いだなんて、我が家にぴったりね~。
[PR]
by uriurip | 2009-07-01 16:45 | 日々の生活

日本橋 『長門』  ~とろぷるふるの和菓子

e0155475_14371984.jpg

ここ数年恒例となっている職場の暑気払い。
『夏場の暑さやストレスを発散する名目としての宴会』=暑気払い
とウィキペディアに書いてあるけど、諸事情により夏場前の今月開催。  なんとも気が早い(笑)。

その時に渡すおみやげは何がいいかな~と、本屋でパラパラ立ち読みをしていて見つけたのが『長門』。
なんでも徳川八代目将軍吉宗の頃、幕府へ菓子司として仕えたという歴史のお店だそうです。
先日のタイ焼き屋さんの近くにお店があるのですが、
「ながと~、ながと~。タイ焼きよりながと~。」
とぶつぶつ言っていたわたしの念が通じたのか、うり坊が買ってきてくれました。 うほっ。

「水ようかんが食べたい。」
だけ言ったのですが、おまけを添えてくれたうり坊。
e0155475_150516.jpg

おまけその1.
「清流」という名のお菓子に、
e0155475_151192.jpg

おまけその2.
見た目そのまま、涼しげな「あじさい」。  奥に潜む白あんの存在が◎
e0155475_1533918.jpg

おまけその3.
「久寿もち」。  長門の名物とも言えるこれをリクエストし忘れたのに、きっちり買ってくるだなんて・・・ 
でかした!! ぶらぼ~うり坊!
(ちなみに「おススメは何ですか?」 と尋ねたところ、こちらでも「ぜんぶ。」と言われたそうです)
e0155475_156886.jpg

この久寿もちは本わらび粉で作られているため、弾力があって、とろん、ぷるん、な食感。
きなこがたっぷりなので、のどごしが良い・・・ という訳にはいきませんが、わらび粉久寿もち、好みだわ~。

e0155475_15263190.jpg

そしてこちらがわたし的メインの「水ようかん」。
開けてびっくり、中には水分たっぷりで薄むらさき色にも見える、ふるふるの水ようかんが入っておりました。
e0155475_15324680.jpg

水っぽい、のとも違う、あんのお味も上品に感じられて、する~んと食べられちゃいます。 
切られていない水ようかん。 お好きなだけ切ってどうぞ♪ だなんて、なんて罪作りかしら。 
いいわ、これ・・・  もっと食べたかった(笑)。
結局おみやげは別のものにしたのですが、これも良かったな~とちょっぴり後悔。


長門(ながと)
中央区日本橋3-1-3
℡ 03-3271-8662
東京駅八重洲北口より徒歩2分
地下鉄銀座線・東西線:日本橋駅B3出口より徒歩1分
[PR]
by uriurip | 2009-06-18 15:45 |          *和菓子