<< 食べる前にケル!  恵比寿 『... 九段下でプチフランス気分 >>

日本橋 『長門』  ~とろぷるふるの和菓子

e0155475_14371984.jpg

ここ数年恒例となっている職場の暑気払い。
『夏場の暑さやストレスを発散する名目としての宴会』=暑気払い
とウィキペディアに書いてあるけど、諸事情により夏場前の今月開催。  なんとも気が早い(笑)。

その時に渡すおみやげは何がいいかな~と、本屋でパラパラ立ち読みをしていて見つけたのが『長門』。
なんでも徳川八代目将軍吉宗の頃、幕府へ菓子司として仕えたという歴史のお店だそうです。
先日のタイ焼き屋さんの近くにお店があるのですが、
「ながと~、ながと~。タイ焼きよりながと~。」
とぶつぶつ言っていたわたしの念が通じたのか、うり坊が買ってきてくれました。 うほっ。

「水ようかんが食べたい。」
だけ言ったのですが、おまけを添えてくれたうり坊。
e0155475_150516.jpg

おまけその1.
「清流」という名のお菓子に、
e0155475_151192.jpg

おまけその2.
見た目そのまま、涼しげな「あじさい」。  奥に潜む白あんの存在が◎
e0155475_1533918.jpg

おまけその3.
「久寿もち」。  長門の名物とも言えるこれをリクエストし忘れたのに、きっちり買ってくるだなんて・・・ 
でかした!! ぶらぼ~うり坊!
(ちなみに「おススメは何ですか?」 と尋ねたところ、こちらでも「ぜんぶ。」と言われたそうです)
e0155475_156886.jpg

この久寿もちは本わらび粉で作られているため、弾力があって、とろん、ぷるん、な食感。
きなこがたっぷりなので、のどごしが良い・・・ という訳にはいきませんが、わらび粉久寿もち、好みだわ~。

e0155475_15263190.jpg

そしてこちらがわたし的メインの「水ようかん」。
開けてびっくり、中には水分たっぷりで薄むらさき色にも見える、ふるふるの水ようかんが入っておりました。
e0155475_15324680.jpg

水っぽい、のとも違う、あんのお味も上品に感じられて、する~んと食べられちゃいます。 
切られていない水ようかん。 お好きなだけ切ってどうぞ♪ だなんて、なんて罪作りかしら。 
いいわ、これ・・・  もっと食べたかった(笑)。
結局おみやげは別のものにしたのですが、これも良かったな~とちょっぴり後悔。


長門(ながと)
中央区日本橋3-1-3
℡ 03-3271-8662
東京駅八重洲北口より徒歩2分
地下鉄銀座線・東西線:日本橋駅B3出口より徒歩1分
[PR]
by uriurip | 2009-06-18 15:45 |          *和菓子
<< 食べる前にケル!  恵比寿 『... 九段下でプチフランス気分 >>