<< ランスで晩ごはん ペアルック?! >>

ぶらぶら歩き ランス

ランスの街中にいくつかあるシャンパーニュメゾンの中でMUMMを選んだのは、
こちらの目の前だった、ということもありました。
e0155475_21564597.jpg
ノートル=ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂。 フジタ礼拝堂です。
80歳の藤田嗣治が3ヶ月で完成させたというフレスコ画が内部にあります。
このフレスコ画には、パトロンだったMUMMの社長ルネ・ラルーと、ご本人のお顔も描かれていました。
建物内では撮影禁止。 小さな礼拝堂ですが、お好きな方はじっくり見ていたいのでは・・・^^
私たち家族と、受付の女性しかいない、とても静かな時間。
こじんまりしたお庭も雰囲気が良く、和まされたひと時でした。

結婚した翌年、義母義妹との旅行時、「フジタのアトリエに行きたい。」
という義母のリクエストがあり、(それも5分くらいのテレビ番組でチラッと放送された、という情報のみ)
当時パリに行くとお世話になっていた方にお願いして場所を探してもらい、
せっかくアポイントメントが取れたのに雪で行けなかった、ということがありました。
今回フジタ礼拝堂訪問で思い出し、いつか義母を連れて行けたらいいね、とうり坊と話したりなんかして。

礼拝堂を後にして、ホテルに戻る前に街をぶらぶら歩き。
ランスには世界遺産の大聖堂があるし、これは見ておかないとね^^
ふと後ろをついてくるはずのマサオとシズコを見ると、
街中を静かな音で走り抜けるとラムが珍しかったようで、
通り過ぎるトラムをバックに、記念写真を取り合う姿が。
あ、あんたたちは林家ペー・パー夫妻か?!
と、ツッコミたくなる光景は、この後何度も目にすることになりました(笑)。
その間に私たちはコチラに寄ったりして。
ランスの名物お菓子、というのか(パリのスーパー等でも売っているそうです)、
シャンパーニュに浸して食べるものだとか。
e0155475_2257692.jpg
きれいなピンク色をしているこのお菓子、そのまま食べると、わたしはどうも『そばぼうろ』
のような味がしてならず(笑)。
が、しかーし! シャンパンに浸して食べると、いい感じ、になるのであります。
(ワインに浸したけどダメでした・・・・)

そんなこんなでようやくたどり着いたノートルダム大聖堂。
e0155475_22473877.jpg
壁のお色直し中で、ほんの一部はすでに白く美しくなっていました。
時はすでに夕方でしたが、西日が強いので、避難するように聖堂内へ。
大戦で壊されたステンドグラスはそのままなので、若干さびしさはありますが、
奥のシャガールデザインによるステンドグラス、ブルーはさすがの美しさ。
e0155475_2318558.jpg
車旅の道中の安全を祈り、大聖堂を後にしました。
e0155475_23265294.jpg

外に出て、正面からパチリ。
e0155475_23315129.jpg
せっかくシャンパーニュの街に来たというのに、両親のペースに合わせてもらって、
シャンパーニュメゾンの見学はMUMMのみ。
うり坊は翌朝早起きして、門越しにあちこちのメゾンを眺めるだけで満足してくれました。
ありがとね^^  いつかまた来よう。
[PR]
by uriurip | 2011-06-10 23:38 | 2011 フランス
<< ランスで晩ごはん ペアルック?! >>