<< シュレッダーが欲しい。 メンタル弱かったのね >>

そして、再びパリへ

e0155475_16311486.jpg
のんびり過ごしたディジョンから、16:21発のTGVでパリへ向かいます。
早めにチケットは押さえていたのですが、代金は一人17ユーロ(二等)。 安い~!
変更は効かないタイプですが、万が一乗れ(ら)ない場合でも惜しくない価格と納得して購入しました。
しかもe-ticket発券可。 日本でパパッと買えてしまう時代です。すごいなー。

18時ちょっと前、パリ・リヨン駅に到着。
e0155475_16332894.jpg
この二人を足して2で割るとわたしになるはずです(笑)。
春先に肉離れをした足が、ディジョンでMAX痛かったというマサオ。←なのに街を歩いたりするから~
でもね、フランスで車の運転をしたり、国境越えたり、電車にも乗れて、本当に楽しかったそうです。
電車内でお疲れさまのビールを飲ませると、ご機嫌でパリ到着(笑)。

さてさて。ブルゴーニュの景色、フランスの緑の大地を思う存分満喫していた我々ですが、
やはりパリは違います。 この街に来た時の気持ちの上がりようは他ではないのです。
「都会だね~」「やっぱりパリはいいね~」と、タクシーから車窓を楽しみながら、最後のお宿に到着。
エムロードホテル マドレーヌ プラザ
最後もシタディーヌにしようかと迷ったのですが、前回居心地がよかったのでこちらにしました。
我が家が『お菓子広場』と呼ぶ(笑)、マドレーヌ寺院の北側、カフェの上にあり、
玄関を出ると右にエディアール、左にフォション、メゾン・デュ・ショコラ、ラデュレまでも近いのです。
e0155475_1645211.jpg
『マドレーヌ寺院が見える部屋をお願いします』とホテルにメールをしていたのですが、
アサインメントされたお部屋に思わず歓声を上げたわたしです。
e0155475_16402162.jpg
ほぼ東南の角部屋のそこは、明るくて開放感たっぷり。
e0155475_1641873.jpg
もちろん窓の向こうにはマドレーヌ寺院。
窓を開けるとカフェから聞こえる音や街の喧騒(あのサイレンとか)がうるさいくらい。
そうです、一歩間違えると、ただのうるさい部屋なのです(笑)。
でもねー、でもねー。 これもパリ。  目からだけでなく、耳からもパリを感じたいのです(笑)。
e0155475_16463343.jpg
トロンシェ通りに面しているバスルームには窓が2面あって、明るさは◎。
ちょっと窓を開けての朝風呂が、ものすごーく気持ちよかったです。
マサオとシズコの部屋はトロンシェ通りに面していましたが、窓から見える街路樹が目に優しく、
プランタンやギャラリー・ラファイエットにも近いし、立地も雰囲気も満足してくれました。
 
わたし達は4階でしたが、さらに上のフロアだと騒音も気にならないようですし、
お部屋からエッフェル塔が見えたりするそうです。 次はそこをリクエストしてみようかしら(笑)。
空港行きのロワシーバスの乗り場までも近いですし、地下鉄の入り口もホテルからすぐ。
マドレーヌ付近でホテルを選ぶとしたら、またここにしてしまうと思います。
e0155475_16552652.jpg
フランス旅日記もあとわずか。 もう少しお付き合いくださいませ。
[PR]
by uriurip | 2011-09-08 08:50 | 2011 フランス
<< シュレッダーが欲しい。 メンタル弱かったのね >>