<< 美味しさ倍増グラス むっちむちでしっとり。 >>

気にすることじゃないかもしれないけど。

某国でお仕事をしようとしている方の、橋渡し的なことをしているここ数カ月。
だーいぶ、というか、ようやく内容が詰まってきて、契約書を送ってくれればvisa申請します、まできた。
が、しかーし。
肝心の、金額に誤差が生じ、納得できない(当然といえば当然)となった。
雇用主さんは契約者さんに払う報酬以外にも諸々の経費を負担してくれるし、
契約者さん、もうちょっと歩み寄ればいいのに、と、単純に思ってしまうわたし。 
金額だってそう悪くないと思うけどなー。
雇用主さんへのご希望はありますか? と聞いたとき、契約金についてが主。
というか、それしか出てこなーい(苦笑)。
お金は大事だよ。 うん。 もちろん、わたしもそう思います。
それに固執すればするほど、自分のこれからの仕事のハードル上げちゃってるんじゃ・・・
と、余計なことが気になって仕方ありません。

そしてもひとつ。
雇用主さんへのメールはわたしが取りついでいるのだけど、
契約者さんは、パソコンではなく、携帯電話でメールを送ってくる。
きちんとした文章も、携帯からだって打てるかもしれません。
でもね、あのー あのー  これ、日本人が書いてるのでしょうか? っていう、
句読点メチャクチャ、文章構成も??だらけの、大変読みづらいのがくるんですけどー・・・・
↑ 自分もちゃんとしてるかといえば、自信がないけど。
それをそのまま先方へ転送なんて、わたしには恥ずかしくて出来ません。
というわけで、改行したり、文字を揃えて送るわけです。
ああもう。 ある年齢の方に、パソコン打てるようになってとか、
もちろんいじめたりする気持ちはないですが(親分、PCはクリック操作しかできない)、
「そのまま転送するので、それなりの文章で送ってください」
とは、最初に伝えたはずなのにー。
 
そして我が親分。ついに若干キレた(苦笑)。
「うりぴーちゃんが今週末から休暇になるから、直接先方とやり取りをしてください。」
えっとー、わたし、まだ休暇ではありませんけど(汗)
実はめんどくさいことに、なぜだか、
契約者さん→わたし→日本支社→某国本社
という経路で転送されていたのです。 
いちおう、日本支社さんには、「すみません、もしかしたら読みづらいメールかもしれないのですが・・・」
と言ったところ、
「あ、わたしはそのまま内容見ずに送るだけなので、問題ありませーん。」とのお答え。
上手くいってほしいけど。  どうかなー、この契約。
[PR]
by uriurip | 2012-04-06 18:22 | 日々の生活
<< 美味しさ倍増グラス むっちむちでしっとり。 >>